クラスを超えた乗り心地!! VIPカー顔負けの快適性を持つ意外な実力車 4選


車名の変更とともに乗り心地も大きく進化したMAZDA2

VIPなクルマだけじゃない! 「チョ~気持ちイイ」と叫びたくなる快適な国産車4選
マイナーチェンジというかたちで2019年7月に登場したMAZDA2。マイチェンとはいえ、中身は改良され、快適性、走りともにグレードアップした

 MAZDA2もコンパクトカーの水準を超える静粛性が際立つ1台。

 デミオから進化したサスペンションには路面変化の少ないダンパー低速領域では減衰力を高めて動きの滑らかさを、荒れた路面走行時などのダンパー高速領域では減衰力を低くしてスムーズさと安定感を向上した飽和特性ダンパーを採用し、大きな入力に対する突き上げを抑制。これに組み合わせるタイヤも路面からのロードノイズ低減する新開発品が採用されている。

 また、内部構造を新設計したフロントシートもバネ定数の変更をはじめ、身体のロールが起きにくくなるようなトーションバネの追加、サポート材の追加、高減衰ウレタンの採用などで快適かつ上質な座り心地を実現。

 さらに、リアホイールハウスインナーへの制振剤追加によって吸音性能・遮音性能も大きく向上。これらの対策を講じることで音の侵入を抑えたのはもちろん、音の残響や反射を適切にコントロールして静かで快適な室内空間を確保している。

ハスラーは軽自動車であることを忘れさせてくる静粛性と快適性を両立

VIPなクルマだけじゃない! 「チョ~気持ちイイ」と叫びたくなる快適な国産車4選
ユーザーの声を反映させて開発されたクルマというだけに、痒いところに手が届く装備が満載。最高グレードでも174万6800円は天晴の価格設定

 軽自動車の乗り心地が悪かったのは遠い昔のこと。最近の軽自動車の静粛性や快適性は、もはや軽自動車にあらず! 

 なかでも、ワゴンとSUVを融合した新ジャンルを切り拓いたハスラーは軽量・高剛性を両立した新世代プラットフォームのHEARTECT(ハーテクト)や環状骨格構造を採用することでボディ全体の剛性を高め、優れた操縦安定性と乗り心地を両立した1台として人気を博す軽クロスオーバー。

 軽自動車で初採用したこもり音や雨音を低減する高減衰マスチックシーラーや最適配置した防音材&遮音材によって、室内空間の静粛性はピカイチ! 

 また、ボディのスポット溶接部に構造用接着剤をスズキとして初採用し、部品間のわずかな隙間も埋めて接合を強化。先述のHEARTECTとともにボディ全体の剛性を向上させたことも優れた乗り心地をもたらしている一因になっている。広い室内空間と相まって、その乗り心地は軽自動車に乗っていることを忘れさせてくれるはずだ。

 今回紹介したような居住快適性を得るためのさまざまな工夫や対策は、ここで取り上げた4台に限らず、多かれ少なかれイマドキのクルマだったら必ず行われている。その考え方やアプローチ、導入されている技術や手法はメーカーや車種によって異なるが、それも個性のひとつとして捉え、クルマを購入する際の参考にしてみてはいかがだろうか?

乗り心地優先で選ぶならこの4台!! ……な実力車を画像でじっくりチェック!!