ヴェルファイアがまさかの月販500台以下…大ブレーキの理由と現場の声


 トヨタの最上級ラグジュアリーミニバン「ヴェルファイア」の販売が大ブレーキ状態にある。今年1~9月の登録累計は5953台、月平均661台で、前年同期に比べて58.9%もの大幅なマイナス。2021年8月はまさかの298台で前年同月比24.3%、9月は若干上向くも405台、前年同月比68.2%減と、マイナス傾向が加速。

 登録乗用車ブランド通称名別順位ではベスト50位から姿を消している。ほんの2~3年前までは月販7000台以上をコンスタントに売り、同クラスミニバンのトップセラーに君臨していたヴェルファイアが、いまや全ミニバンでも屈指の低空飛行である。

 ヴェルファイアに何が起きているのか。流通ジャーナリストの遠藤徹氏に現場の声を集めていただいた。

 文/遠藤徹

【画像ギャラリー】トヨタの最上級ミニバン「ヴェルファイア」と「アルファード」を画像でチェック(16枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ