ペダルの踏み間違えは他人ごとじゃない! 運転脳を鍛える超簡単な3つの対策法


脳の衰えを防ぐ、3つの対策法

アクセルとブレーキの踏み間違えは他人ごとじゃない! 運転脳を鍛える超簡単な3つの対策法
歯の機能低下は脳の機能低下に直結する。そのため、歯のメンテナンスはしっかり行おう。しっかり噛むことができなくなると、認知症のリスクが高まることがわかっている

 では、運転脳の衰えを防ぐためにはどうすればいいのだろうか? 

 もっとも効果的なのは運動と言われている。運動というと敬遠する人も多いと思うが、筋トレやランニングのようなハードな運動をする必要はない。脳を使いながら軽く体を動かす程度でもいいのだ。脳を使う運動とは、運動と同時に別のことを行う(=デュアルタスク)運動だ。

 例えば、歩きながらしりとりをする、お手玉をしながら足踏みをするなど。デュアルタスクを行うことで、脳は一気に活性化されるのだ。

 ここからは、誰でも簡単に実践できる3つの対策法を紹介しよう。習慣づけることで脳の働きが良くなり、安全な運転ができる脳を長く維持できるようになるはずだ。

対策1 脳を使いながら歩く

 歩くことが脳の活性化に高い効果があるということは医学的に明らかになっている。ボーッと歩くのではなく、周囲の風景を眺めたり、すれ違う人の表情や服装を見たりなど、脳を使いながら歩くことでよりいっそう活性化効果を高めることができる。

 通勤で歩く機会が多いという人はあえて歩く時間をとる必要はない。以下で紹介しているような歩き方に変えてみればいいだけだ。目標の歩数に達してなくても問題はない。まずは脳を使いながら歩く習慣づけをしよう。万歩計をつけると歩くモチベーションが高まるはずだ!

□歩幅はできるだけ大きく
□歩くスピードに変化をつける
□1日6000~7000歩を目標に

対策2 利き手ではない手を使う

 脳は右脳と左脳に分かれているが、両方をまんべんなく使うことが理想だ。しかし、通常は右利きは左脳、左利きは右脳を多用することになる。その偏りをなくすため、利き手ではない手を使う機会を増やす習慣づけを。すると、左脳も右脳もバランスよく刺激できる。

 具体的には、歯磨きを利き手ではない手で行う、利き手ではないほうの手を使って食事をするなど。これを続けるだけでも効果は絶大だ。

対策3 歯ごたえのあるものを食べる

 歯ごたえのある食品を噛むことで脳に強めの刺激を与えられる。特に、朝食に歯ごたえのある食品を食べて脳を刺激して覚醒させると脳内時計が整い、脳がしっかり働くようになる。

 パンより白米、白米より玄米や雑穀米、野菜は大きめに切ったものなど、できるだけ噛みごたえのある食品を食べるようにしよう。

 一押しはナッツ類。噛みごたえがあるうえ、脳に良いとされる良質の油、記憶力を高めるビタミンやミネラルも含まれているからだ。

 また、食事の時は左右の歯を使って噛むと、左脳と右脳の両方をバランス良く刺激できる。

【画像ギャラリー】長く運転できる脳を維持する方法をもっと知ろう!(15枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ