「やっちゃえ日産」が本当にやっちゃった名車と迷車 5選

「やっちゃえ日産」が本当にやっちゃった名(迷)車クルマ5選

 クルマ好きなら誰もが知っている「やっちゃえ日産」というブランドメッセージ。でも、ここ最近発表された日産のクルマはどれも優等生然としていて、日産が言うほどやっちゃっていないような気もするが……。

 そこで! ここでは良い意味でも悪い意味でも“日産が本当にやっちゃったクルマ”を5台ピックアップ。この中に皆さんの記憶に残る“やっちゃった日産車”はありますか?

文/FK、写真/日産、FavCars.com

【画像ギャラリー】日産のチャレンジ精神が吉と出たクルマ、凶と出たクルマはこちらで!(22枚)画像ギャラリー

良い意味でやっちゃった感が満点だったY34型のセドリック/グロリア

「やっちゃえ日産」が本当にやっちゃった名(迷)車クルマ5選
世界で初めて実用化に成功した、新開発の大排気量FR車用無段変速機「エクストロイドCVT」は日産の良い意味での”やっちぇやぶり”を見せつけた技術のひとつ。第1弾として搭載されたセドリックの走りには注目が集まった

 日本を代表する高級サルーンとして愛されたセドリック/グロリアの最終モデルであるY34型は1999年6月に登場。

 “デザインの革新”がキーワードとなったエクステリアは美しい面構成と存在感のあるカタマリ感によってポテンシャルの高さを感じさせつつ、威風堂々たる風格を演出。エンジンも環境に配慮したLEV平成12年規制適合のV6エンジン3タイプに加え、4WD車には直6ターボエンジンのRB25DETも採用する充実のラインナップを誇った。

 また、高級サルーン用に新設計した新世代LLクラスプラットフォームによって操縦安定性、乗り心地、静粛性、安全性などの基本性能は大幅に向上。

 さらに、1999年11月には従来のベルト式とは異なる、ディスクとパワーローラーによって動力を伝達するエクストロイドCVTを世界で初めて搭載したモデルを発売された。もはや“死角なし”と言っても過言ではないほどのスペックが与えられたY34型セドリック/グロリアだったが、その存在感は意外と薄く……もっと高い評価が与えられてもいい一台ではないだろうか。

エクサのコンセプトは時代を先取りしすぎたがゆえに受け入れられなかった?

「やっちゃえ日産」が本当にやっちゃった名(迷)車クルマ5選
1986年のモデルチェンジで登場した2代目モデル。ボディタイプはクーペとキャノピーを用意。1990年のパルサーのフルモデルチェンジに伴い生産終了となった。写真はクーペ Type B

 パルサー・エクサの後を継ぎ、新車種としてパルサーから独立したエクサがデビューしたのは1986年10月。

 初代テラノやNXクーペなどを手がけたアメリカのニッサン・デザイン・インターナショナルがデザインを担当したエクサにおいて大きな注目を集めたのは、クーペとキャノピーのふたつのスタイルを設定した“モジュール”という設計思想によって実現した脱着可能なリアハッチだろう。

 当時の日本においては着せ替えがご法度だったが、、アメリカではクーペスタイルとキャノピースタイルを1台で楽しむことができた。

 そんな突飛したエクステリアばかりが取り沙汰されるエクサだが、10.0の高圧縮比を実現した120psを発生するCA16DEエンジンや、フロントにL字型トランスバースリンク式ストラット、リアにパラレルリンク式ストラットを採用した4輪独立サスペンションによって絶妙な乗り心地も提供。見た目も走りも楽しめる一台は今なら人気を集めそうだが、時代を先取りしすぎたがゆえの功罪なのか販売台数は伸び悩み、1990年8月に販売終了となった。

次ページは : オシャレなTVコマーシャルも不発に終わったふたりのBABYミストラル

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ