玄人にはたまらない!? マニアックすぎない”プチマニアック”なイロモノたち

玄人にはたまらない!? マニアックすぎない”プチマニアック”なイロモノたち

 日本の自動車史を振り返ると「こんなクルマがあったんだ」と唸らずにはいられないモデルは数知れず。枚挙に暇がないほどバラエティに富んでいたことは言うに及ばないが、ここではマニアックすぎず普通じゃない、まだ記憶に新しい1990年以降に発売されたプチマニアックなモデルを紹介。プチマニアックといえども没個性が叫ばれる今、これらのモデルが発売されたらヒットすること間違いナシなんだろうけれど……果たして、皆さんの記憶に残る一台はどれ?

文/FK、写真/スズキ、ダイハツ、トヨタ、三菱、FavCars.com

【画像ギャラリー】”そこそこ”のマニアックさが魅力! プチマニアックなクルマをチェック(15枚)画像ギャラリー

空飛ぶ子犬ことパジェロ ジュニア フライング パグのレトロな見た目にぞっこん!?

玄人にはたまらない!? マニアックすぎない”プチマニアック”なイロモノたち
ほっこり犬顔がマニア心をくすぐる! 言われてみればたしかにパジェロ ジュニアっぽい。バブル期に一世を風靡したパイクカーを彷彿とさせる。個性的でなかなかのお買い得車だったものの、セールス的にはイマイチだった

 三菱自動車の販売チャンネルのひとつであったカープラザの20周年を記念した特別限定特装車として、1997年9月に発売されたパジェロ ジュニア フライング パグ。

 その特徴はパジェロ ジュニアをクラシカルにドレスアップしたネオレトロなエクステリアでフロントグリル、フロントフード、前後バンパー、前後オーバーフェンダー、サイドステップ、サイドモール、ドアガーニッシュ、リアコンビネーションランプ、デカール、サンバイザー、テールランプベゼルなどをすべて新作とする力の入れようだった。

 ボディカラーはアーマーチャコールグレー、サンチャゴレッド、フェアリーホワイトの3色展開で、内装も木目調インストルメントパネル、ブラック内装、プロテインレザーシートが標準で装備されていた。発売当時の車両本体価格は5MT車が175万円、3AT車が185万円に設定されていたが、現在の中古車市場では100万円もあれば購入でき、拍子抜けするほどリーズナブル!? 1000台限定の希少なモデルであること考えれば、お買い得が高いかもしれない。

小型SUVのX-90はアウトドアブームに沸く今こそ復活希望!

玄人にはたまらない!? マニアックすぎない”プチマニアック”なイロモノたち
小型クロスオーバーSUVというカテゴリーがまだメジャーではなかった時代に登場したX-90。カプチーノとほぼ同時期に発売されていた。ベースは初代エスクードの3ドアモデル

 1993年に開催された第30回東京モーターショーに参考出品したコンセプトカーをベースに量産化した小型SUVモデルとして1995年10月に登場。

 3BOXボディとオープン2シーターレイアウト、脱着可能なガラスルーフをもつTバールーフ構造などによって見る楽しさ、乗る楽しさ、運転する楽しさを追求したX-90はイマドキのクルマにはない個性を存分に発揮した。エンジンはオンロードでは伸びやかに、オフロードでは粘り強くといったように多彩なシーンでバランスよく使いこなせる1.6リッター直列4気筒SOHC 16バルブエンジンを採用。オールアルミ製とすることで軽量化も実現している。

 また、スポーティな操縦感覚が楽しめるFRをベースとしながらも、悪路走破性に有利なトランスファー機構(副変速機)付きの4輪駆動を採用したことで乗り手の自由を妨げることなく、さまざまなシーンで走りを味わい尽くす歓びも提供。マニア受けしそうな個性際立ちまくりの異端児的なSUVは、その個性が逆に仇となってセールスが伸び悩み、1998年12月をもって生産が終了となった。

次ページは : ビークロスの近未来的なフォルムは模型としての素質も抜群だった!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ