どこが違う? 性能差は? 知ってるようで知らないガソリンの真実


■各社のハイオクガソリンを詳細解説

 それでは、石油元売り各社のガソリンラインアップを紹介しよう。

 各社が性能面で独自に主張するのは清浄性の高さだ。エンジンに優しいことで燃費やフィーリングに好影響を与える「説明」を加えているので、いくつか例を挙げてみる(順不同)。なお、「清浄性能」はエンジン内の吸排気バルブ周りなどの汚れの従来製品からの低減率などを示す。

■Shell V-Power(昭和シェル石油)

 清浄性能/燃費:非公表。ハイオクガソリンとしてピューラがあるうえに用意されたプレミアムハイオク製品。エンジンの洗浄/保護性能を謳うセリフとして「かのスクーデリア・フェラーリもその性能の改善効果を評価し、Shell V-Powerを選択しているのです」とは、インパクト強し!

 昭和シェル石油が他社のようにオクタン価の具体的な数値を公表しないのは「(他社との)情報開示の考え方の違いでしょう」(同社広報)という回答が帰ってきた。ちなみに出光興産と昭和シェル石油は経営統合されるので、数値が昭和シェル製品でも明らかになるかもしれない……。

■エネオス・ヴィーゴ(JXTGエナジー)
 清浄性能:吸気バルブの汚れを86%減(2004年調べとデータが旧い)、燃費:最大3%向上(摩擦調整剤未添加のハイオクとの比較)、加速性能:最大5%向上、出力:最大15%向上。具体的な数値を列記していることが特徴。

『環境ハイオク「ENEOSヴィーゴ」は、「国内最先端の清浄性能」、「日本でいち早くサルファー・フリー(註:ガソリンや軽油に含まれている硫黄分を取り除き、10ppm以下にまで低減)の保証」を実現した環境対応ハイオクガソリンです』と技術的な自信が覗く。

「社内試験では排出ガス中の規制排出ガス成分(一酸化炭素、炭化水素、窒素酸化物)が最大10~30%低減しました」と排ガスのクリーンさを主張する。

■出光スーパーゼアス(出光興産)
 
清浄性能:吸気バルブの汚れをレギュラーガソリンに比べ64%減、燃費:レギュラーガソリン対比:最大2.7%向上。

■スーパーマグナム(コスモ石油)
 清浄性能:レギュラーガソリンに比べて最大約5倍、エンジン内の不純物付着率を80%もダウン。燃費:レギュラーガソリンに比べて最大2.8%も向上。

■正確なデータを一般消費者に公表しないなんて……

 ……と、各社の性能向上の主張が入り乱れているが、オクタン価については「未公表」「程度」「以上」と曖昧さが溢れていて、具体的な数値で性能を比較できないのはもどかしい。

 清浄性能の効果を比較割合で示すのは使われ方で違いが出るので致し方ないとはいえ、継続的に使用して効果を確認する方法はあるはずだ。

 自動車メーカーが得ている“はず”の正確なデータが公表されることには無理があるにしても、せめて加速性能ぐらいは同一車種でなんとかテストできないかと考えてしまう。

 テスト結果の公表によって市場に競争原理が働くことはよいことだと思うが、「消費者に混乱を招きかねない」「安定供給第一」と監督官庁の経済産業省はのたまうだろう。

次ページは : ■ハイオク仕様のエンジンにレギュラーガソリンを入れてもOK?

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ