『MFゴースト』しげの秀一先生×『トップウGP』藤島康介先生対談


自動車&バイクマンガの金字塔を打ち立てたしげの秀一先生と、今まさに驚異的な画力でバイクレースマンガを連載中の藤島康介先生が「バイク描くって超大変……」と対談を実施!!

しげの先生といえば、現在『ヤングマガジン』に『MFゴースト』を連載中、いっぽう『アフタヌーン』に『トップウGP』を連載中の藤島康介先生が、都内某所でお会いするという。なななんと! 当サイト編集部員がそこに同席させていただき、この自動車&バイクマンガの二大巨頭といっていい先生方のお話を聞いてまいりました!

『MFゴースト』最新刊(3巻)は2018年9月6日発売、『トップウGP』最新刊(4巻)は2018年9月21日発売です!!!

まとめ/ベストカーWeb編集部 写真/講談社


■キャラをバイクに乗せるのが大変

しげの秀一先生(以下、しげの) 今日はよろしくお願いします。いきなりですが、藤島先生はカメラにもお詳しいんですか?

藤島康介先生(以下、藤島) こちらこそお願いします。詳しいわけではないんですが、よく撮ってますね。やっぱり自分でサーキットに行って撮らないとわからないところがあるじゃないですか。

しげの すごくよくわかります。いまは(『トップウGP』の作中では)筑波(サーキット)が中心ですよね。コース目線の写真も撮るんですか。

藤島 撮ります。クルマで走ってもらって、それに乗って。

しげの ですよね。全部(写真が)いりますもんね…。こればっかりは人には任せられない。

藤島 任せられないんですよねぇ……。それに、時代が変わると(サーキットも)変わっていきますしね。看板も観客席も、セーフティカーも変わりますし。できるだけ最新のものに更新したいので。

しげの 大変ですよね。まあ一番大変なのは(登場キャラたちが乗る)バイクでしょうけども。

藤島 大変です(苦笑)。

しげの ぼくが『トップウGP』を読んでいてよくわからないのは、バイクの描き方なんですよ。あの「画面」はどうやって描いているんだろうって。あれはパソコンに詳しいかなり優秀なアシスタントがいらっしゃるんですか? それとも全部ご自身でやっているんですか?

『トップウGP』1巻(藤島康介著)より。緻密なメカ描写と激しいバトルが両立するということが、作家からみると「とんでもない技術」に映るそう。な、なるほど…

藤島 あれはパソコンに詳しいアシスタントが3Dモデルを作ってくれて、それを(ソフトの中で)ぐるぐる回して、それを見て描いています。それでだいぶ楽になりました。

しげの あー3Dかあ。それでサスペンションの角度とかはかなりわかるようになりますよね。ただバイクはそれができても、そこにライダーを乗っけるのってしんどくないですか?

藤島 めちゃくちゃしんどいです。さすがによくおわかりになってらっしゃる(編集部注/しげの先生といえば『バリバリ伝説』の作者ですし!)。ヘルメットとか全員違うじゃないですか……。

しげの ヘルメット大変ですよねぇ……。あとマシンのカラーリングも大変でしょう。

藤島 そうなんです。(まだ『トップウGP』では主人公が下のクラスで走っているのでスポンサーが少ないが)これからが大変で。

しげの どんどん増えますよね。しかも台数も増えますし、バリエーションも増えるでしょうし。

藤島 いまはNSF(100/ホンダのレース用バイク)だけでやってるからいいんですけど、Moto GPまでいっちゃうとメーカーが6社ありますし……。

しげの ですよね。しかも、「そこまで描き続ける」と背負っているのがすごい。

藤島 最初に描いちゃいましたからね!(『トップウGP』第1話で主人公がMoto GPの舞台で走る姿が描かれている)

『トップウGP』1巻(藤島康介著)より。物語の冒頭で主人公トップウがMoto GPのグリッドに並ぶシーンが藤島先生の美しいタッチで描かれた

しげの 始まったときからぼくはもうそこにビビっていました(苦笑)。

藤島 ぼくもめちゃくちゃ心配です。

しげの それを聞いてちょっと安心しました。「この人、これ描く気なのか。もしかして超人なのかな…」と思っていましたから(笑)。実は一時期、『バリバリ伝説』の続編をやってみないかという話をいただいて、ぼくも少しだけその気になってプロットとか考えていた時期があるんですけど……ぼくには少なくとも藤島先生みたいにはできません。あれ(『トップウGP』)を見て、自信をなくしていたところなんです。

藤島 いやいやそんなそんな! 光栄すぎてそんな……。

しげの もし、もし自分がやるんなら連載はとても無理で、趣味でやります。講談社とか通しません。締め切りがあったらやってられませんよ。でも藤島先生は、全っ然逃げてないじゃないですか。真正面から取り組んでいる。そこがすごいなぁと。ぼくだったら逃げるよなぁと思います。

藤島 今日は来てよかったです(笑)。やんなきゃいけないからやってるんですけども、このままだと世界中のサーキットに行かなきゃいけなくなりそうで……。

しげの 藤島先生のスタイルだと、行かなきゃいけないですよね……。ぼくの場合は、実際に行ったサーキットは3つくらいでした。あとはコースレイアウトを見ながら専門のカメラマンからたくさん資料をもらって、それでなんとか描いていました。全部実際に回るのは、おそらく不可能だと思います。

藤島 不可能……ですよね。とはいえヨーロッパのコースは3〜4つは回ろうと思っています。サーキットによって雰囲気がまったく違うので。最低でもスペイン、イタリア、ドイツ……あとイギリスはあんまり盛り上がらないと聞いて、それはそれで見ておかなきゃいけないかなとも思っちゃって。

美人を描かせたら現役作家ナンバーワンの呼び声高い藤島康介先生。しげの秀一先生によると「真音ちゃん(『トップウGP』のヒロイン)はキャラクターとしてすばらしい」とのこと。同感です!!

■装備もライディングスタイルも日々変わる

しげの 最近はライダーの装備類もあっという間に変わりますよね。

藤島 変わります。首周りにエアバッグが付いたり。あとはブーツが強化されてますね。やっぱり転倒すると足首が折れるケースが多いようで。ただ対策が進んだら今度が脛が折れるようになっちゃったようです。それでも足首が折れるよりは脛が折れたほうが回復が早いぞ、という話になっていて……。

しげの 二輪のライダーはちょっとすごすぎる人が多いですよね。

藤島 おかしい人ばかりです。足が動かなくなってからは指でリアブレーキを操作するようになって、それでも速かった(マイケル・)ドゥーハンとか。

しげの そんないきさつがあったんですか。ドゥーハン、引退直前まで速かったですよね。指で……ですか。

藤島 リアブレーキはほぼ姿勢制御でしか使っていないからできるんでしょうね。ただその指ブレーキ、最近は足が悪くないのに使っているライダーもいるそうなんです。

しげの そのほうが使い勝手がいいのかなぁ……それで思い出したんですが、最近コーナーに進入する前に、ブレーキングで(右の)足を出すライダーが増えましたよね。あれなんなんでしょう。

藤島 まさに、あの進入前に足を出す動きをすると、マシンの余計な動きが制御できるそうなんです。でも足を出すと従来のリアブレーキが使えないから、そこでリアブレーキは指で操作するライダーが出てきていると。

しげの ライディングのスタイルが変わっていくのは、書きづらいですよね。

『バリバリ伝説』38巻(しげの秀一著)より。確かにいま見るとスピードの描写が違う。しかし、しげの先生の画風は今もスピード感があって読むとハラハラドキドキ感がすごい

藤島 この作品を描くために熱心に(Moto GP等を)見るんですけど、あれ、これまた変わった? ということもあって、面白いけど大変です……。

しげの 最近は車載カメラも増えてきて、いろんな角度からマシンの挙動が見えるんですよね。描かなきゃと思うと集中して見ることになるし、一度描くと忘れないし。勉強したくないのに覚えちゃいますよね。

藤島 いやぼくは勉強したくないわけでは……。

しげの あ、ぼくは勉強したくなかったなあ(笑)。

編集 しげのさんは、(作品のための)勉強は嫌いなんですか? そういうイメージはありませんけれど……。

しげの いやー、細部にこだわるのは(作品にとって)大事なんですけどね。雑誌に数行書いてあるマニアックな情報だったり、解説者がチラッと言ったことだったり、そういうの「あ、これ使える!」と思って見ているのってなんだか……忘れちゃうこともありませんか?

藤島 ぼくはそういうのは忘れないですね。

しげの あー天才型だなあ。ぼくは「覚えておこう」と思って、で、翌朝になって思い出せなくてイライラしちゃって、そういうのが嫌なので最近はスマホにすぐメモするようにしています。いまそのメモにプロットとかも書くようになってて、膨大な量になってます。あのスマホを落としたらぼくは翌週休載です(笑)。

編集 それは困ります(苦笑)。

藤島 クラウドにデータが残ってるんじゃないですかね。

しげの 使ってないんですよ。危険でしょ。

藤島 え、いやクラウドから流出したっていう話は聞かないので大丈夫じゃないですかね。

しげの いやいや、クラウドとかをよくわかってないぼくが危険なんです(苦笑)。

次ページは : ■「ハラハラ」を楽しみたくてスポーツカーに

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ