【違反すると罰金5万円!!】自転車の逆走をこのまま放置していいのか?


逆走自転車とクルマが事故を起こした場合はどうなる?

 気になるのは逆走自転車とクルマが事故を起こした場合には、自転車側の過失も認められるのかということ。

 知り合いの自動車保険屋さんに聞いてみたが、逆走自転車とクルマとの対向車同士の事故の場合、自転車はクルマと比べて交通上弱い立場にはあるものの、逆走自転車側に2程度(事故状況によっては自転車側に重過失ありとして、4割程度)の過失割合が認められるケースが多いという。

 クルマのドライバーは納得いかないかもしれない。しかし、それはドライバーが免許を取得していることで交通法規を熟知しており、さらにクルマという機械を操ることで周囲に危険を及ぼす可能性を予見できていると見なされるからだ。

 つまり、よほど自転車側に明確な責任がない限り、クルマのドライバーの方が事故の責任が重くなる。

 だから、道路を走る自転車を邪魔だと思うのは、ドライバーの「傲慢」だと思った方がいい。

 それくらい、クルマを運転するという行為には責任が課せられているのを我々ドライバーは常に忘れないようにしなければいけないのだ。

相互通行路でも逆走が危険な理由

 「後方からクルマが迫ってくるより、対向車として向かってくる方が見えるので安心する」という理由で、クルマの進行方向と逆に走行してくる(右側通行)自転車運転者もいるようだ。

 しかし、これは交通ルールに反しているだけでなく、危険な行為なので、絶対に止めていただきたい。

 もし読者諸兄の回りで「自転車は車道ならどちら側を走ってもいい」あるいは前述のように「右側通行の方が安心する」と右側通行している人がいたら、その危険性を説明して、改めるように勧めてほしい。

 自転車で走行していて、左端に停車中のクルマがいた場合、それを避けるために右方向に進路を変えて車線の中央付近を走ることになるだろう。

 この場合、自転車が左側通行していれば後方を走るドライバーは、右側に進路を変更してくる自転車の動きは見える。

 しかしドライバーから見て左側を逆走してくる「右側走行」している自転車は、停車中のクルマの影から突然、自転車が出現することになる。これがどれだけ危険であるかは、説明するまでもないだろう。

 そのほか、道路を横切ったり、駐車場などから道路へ出ようとするクルマは、左右から来るクルマに注意しながら発進させるが、手前側の左車線は当然、右方向からくるクルマやバイク、自転車に注意してクルマを発進させる。

 特に左折して走行車線に合流する場合、左側の対抗車線はクルマなどが来ていないか一瞬確認するだけのドライバーも多いだろう。そこに手前の車線に左から自転車が進んでくるとは想定していないハズだ。

 先が左にカーブしていたりして見通せなければ、直前まで自転車の存在には気付かない場合もある。そんな状態で衝突事故を起こしてしまったら、右側通行してきた自転車運転者も当然、事故の責任は問われることになるのだ。

警察庁ホームページ:自転車は車のなかま~自転車はルールを守って安全運転~

【画像ギャラリー】警視庁「自転車の正しい乗り方」

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

1年、 2年。時間が経てばクルマの評価も変わる!?  新モデルが登場した直後の試乗。自動車評論家のみなさんの評価はさまざまでしょうが、それから1年、あるいは2年経った今、再びそのクルマに向き合ってみると「違う印象」になり、評価が変わることも…

カタログ