新型フィットは売れるのか!?? 2020年上半期最注目車は 王座奪還を目指す


 第46回東京モーターショー2019のホンダブースには、次期フィットのプロトタイプが出展された。本来なら現時点で受注していていいハズだが、実際はそうなっていない。

 発端はN-WGNの電動パーキングブレーキに不具合が生じて、生産が滞ったことだ。同じユニットを次期フィットも使うから、発売スケジュールが2020年2月に先送りとなった。不具合はどうにか解消されたので、顧客を待たせているN-WGNの生産を優先させ、その後に次期フィットへ移る。

 従って現時点で公表されている情報は限られるが、モーターショー会場で実車は確認できた。「新型フィットは売れるのか」を考えたい。

文/渡辺陽一郎
写真/編集部、HONDA

【画像ギャラリー】【画像ギャラリー】新型フィットで気になる5つのシリーズの姿を写真でチェック!


■絶好調だった2代目フィット。打って変わって伸びない現行型

東京モーターショー2019で発表された新型フィット。八郷隆弘社長が登壇し、次期主力車を紹介した

 新型フィットの話に入る前に、まず現行フィットの1カ月平均の国内登録台数が、どのように推移したかを振り返る。現行フィットの登場は2013年だから、2014年以降のデータだ。

●現行型フィットの1カ月平均登録台数
・2014年:1万6903台
・2015年:9987台
・2016年:8806台
・2017年:8161台
・2018年:7560台

 歴代フィットは人気が高く乗り替え需要も多い。そのために現行型が登場した翌年の2014年には1万6903台が売れた。この年の小型/普通車の販売ランキングも、アクアに次ぐ2位であった。

 しかし、2015年には売れ行きが急落した。この時期のフィットは、ハイブリッドが搭載する7速DCTのリコールに悩まされている。2015年の登録台数は、2014年の59%にとどまった。

 2015年以降はあまり減っていない。2018年の売れ行きは、2014年の45%だが、2015年との比較なら76%だ。フィットは運転がしやすく、全高は1550mm以下だから立体駐車場も利用しやすい。燃料タンクを前席の下に搭載するため、後席と荷室も広い。価格は割安だから、実用性に支えられて手堅く売れている。

 しかし現行型のこの売れ行きは、ホンダには不満だった。2013年の発売時点で、現行フィットの1カ月の販売計画を1万5000台に設定していたからだ。月販平均で目標を達成できたのは2014年だけで、その後は未達に終わった。

 現行フィットは、先代型と比べても売れていない。先代型は2007年に発売されて2008年の月販平均は1万4576台、2009年もリーマンショックの打撃を受けながら1万3110台を保ち、2010年には1万5453台に盛り返した。

 東日本大震災を経て、2012年にも1カ月平均で1万7440台を登録した。先代型は2010年10月にハイブリッドを加えるなど、テコ入れも入念だったが、本質的に人気が高かった。

快調な売り上げを記録していた初代と2代目。3代目(現行型)はそれに比べると劣る結果となっている

■一体なぜ? 現行型フィットの売れ行きを鈍らせた要因

 好調に売れた先代型と対称的に現行フィットの売れ行きが下がった背景には、複数の理由がある。まず現行型は、フロントマスクなど外観の個性が強すぎたことだ。2つ目は先に述べたハイブリッドのリコール。この時には販売現場のフィットに対する熱意も下がった。

3代目(現行型)は出だしでコケた影響も大きいが、それ以外にも複数の減速要因があった

 3つ目は先代(初代)N-BOXの人気上昇だ。先代N-BOXは2011年12月に発売され、2012年には好調に売れて、1カ月平均の届け出台数は1万7596台であった。

 通常は翌年から下がり始めるが(現行フィットは前述のように急落した)、先代N-BOXは2013年に1万9583台で売れ行きを伸ばしている。2014年は1万4994台だが、2015年は1万5410台という具合で、多少の増減を繰り返しながら好調に売れてきた。

 このN-BOX人気の影響を受けたのがフィットだ。もともとフィットは新規需要の多い車種だったが、この購買層が空間効率の抜群に高いN-BOXに流れた。

 さらに2015年には、販売の好調な軽自動車が話題になり、小さなクルマに乗り替えるダウンサイジング需要がさらに増えた。N-BOXはその中心に居たから、フィットからの乗り替えも多かった。

 ライバル車では、アクアもフィットの売れ行きに影響を与えている。先代N-BOXと同じ2011年12月に登場して、2012年には2万2214台を登録してフィットを上まわった。一新された現行フィットが2014年に好調に売れた時も、アクアは1万9434台でさらに多く売れていた。

 このようにフィットは、同じホンダのN-BOX、ライバル車のアクア、2016年以降はe-POWERを加えたノートにも悩まされてきた。次期型はどうなるのか。

次ページは : ■強力ライバルだけじゃない、新型フィットで気になるグレード構成

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ