【汚れやすい? 交換時期が早い??】HV車&アイドリングストップ車のオイルは要注意!!


ディーゼル車や軽自動車のHV車は?

軽油が燃料のディーゼル車の場合、ガソリン車に比べるとエンジンオイルが汚れやすいのか?

 ガソリン車とディーゼル車のどちらが、エンジンオイルが汚れやすいかに関してはディーゼルの方がススも出るので汚れやすい。

 軽油にはガソリンより多くの「硫黄分」が含まれているからで、燃焼時に「硫黄酸化物」を生成。水分と反応することでエンジン内部を腐食させる「硫酸」へと変化する。

 内燃機関は燃焼時、燃焼行程で高圧となった排ガスや未燃焼の混合気がピストンとシリンダー間の隙から、エンジンオイルが溜られているクランクケース内へと漏れ出す現象が発生する。

 これを「ブローバイガス(未燃焼ガス)」と呼び、有害な物質を多く含むため現代のエンジンは吸気マニホールドに戻すことで再燃焼させているが、エンジンオイルにも混ざり込む。このため、ディーゼルエンジンの場合、ガソリンより生成されやすい「酸」が問題となってくる。

 そこで、ディーゼル専用オイルには「酸」を化学的に中和させる「アルカリ成分」が添加剤として多めに加えられている。この点がガソリンエンジン向けに開発されたオイルと主に異なる部分で、ディーゼルエンジンにはディーゼル専用オイルの使用が原則となる。

 なお、APIサービス分類でガソリンエンジン用は「SJ、SL」といった具合に「S」から、ディーゼルエンジン用は「CE、CF」といった具合に「C」から始まる記号でグレードが表記されている。

 また、軽自動車のハイブリッド車やアイドリングストップ機構付きの軽自動車の場合、オイルタンクが小さいため、オイル量が少ないぶん、働く時間が多いので、オイル自体を冷却させるのが難しくなるために条件は厳しくなるのだ。

【画像ギャラリー】HV車&アイドリングストップ車専用エンジンオイルほか