マツダ伝家の宝刀「CX-30」は超激戦区で勝てるのか??


■クルマ好きの心をくすぐるCX-30だが、実用性ならヴェゼルに軍配

 結論をいえば、コンパクトSUVにファミリーカーの実用性を求めるなら、後席と荷室の広いヴェゼルを推奨する。2名以内の乗車で上質な走りを求めるなら、少々パワー不足だが、CX-30の2Lノーマルガソリンエンジン搭載車の4WDがいい。選ぶユーザーは限られるが、6速MTで性能をフルに引き出す走り方をすると楽しい。

 一方、2名以内の乗車で長距離を移動する機会が多いなら、CX-30のディーゼルを選ぶ。実用回転域の駆動力が高いから高速道路の巡航が得意で、走行距離が伸びる使い方でも燃料代の高騰を抑えられる。

 CX-30の価格は売れ筋グレードが260~330万円と高いが、安全面を中心に装備も充実させた。ヴェゼルやC-HRと比較して、CX-30だけが割高なわけではない。運転感覚も優れているが、一長一短が散見されるために損をしている。CX-30はこのあたりを汲み取って許容できる、クルマ好きのユーザーに適している。

販売戦略、価格面でライバルを一気に追い抜くという勢いは見せられていないCX-30。SKYACTIV-X搭載車も価格が高く、クルマ好きのためのモデルという一般の声も多い。高級路線に舵を切るマツダだが、消費者のニーズとの乖離が進まないか気になるところだ

【画像ギャラリー】2019年の本命といわれて登場したニューモデル、CX-30を詳しくチェック!