ミラージュ、マツダ2…タイモーターエキスポで輝く日本未発売の日本車6選


 微笑みの国「タイ」の道路は、多くの日本車メーカーが現地生産を行っていることもあり、日本車天国となっている。日本と同じ車種が販売されているケースもあるが、販売の主力となっているのは、新興国向けに開発された地域限定モデルもしくはタイ独自仕様が施されたモデルたちだ。

 今年も多くの新型車が、タイでデビューを果たしている。2019年12月10日までタイで開催されたモーターショー「タイ国際モーターエキスポ2019」の会場で発見した日本では会えない日本車の情報に加え、その導入の可能性を予測してみた。

【すげえカッコいいタイ製新SUV&スポーツ発表】新型カローラアルティス GR&ヤリスクロス 日本導入を熱望!!』で紹介した新型カローラアルティスのGRモデルや、ヤリスクロスと同じくらい魅力的なモデルが目白押しとなっている!!

文/大音安弘
写真/Thailand International Motor Expo、MITSUBISHI

【画像ギャラリー】記事中に登場した5台の別角度からのカッコいい姿をチェックしよう!


■日産 アルメーラ

5つのグレードを設定し、ボディカラーは6色。販売価格は現地価格で49万9000~63万9000バーツ(約179万~229万円)となっている

 日産の小型セダン「アルメーラ」は、タイの日産車のなかでは、販売の約25%を占める主力車種だ。今年、フルモデルチェンジを果たした新型は、先代同様に、日産ノートとも共用するVプラットフォームを採用。Vモーショングリルを採用したシャープなフロントマスクと、クーペライクなルーフラインが生む伸びやかなスタイリングが特徴的だ。

 キャビンの広さは、競合他社のなかで最高クラスというから、小さくとも実用的かつ快適なセダンに仕立てられているようだ。4台のカメラを用いた先進の安全運転機能も自慢のひとつ。前方衝突予測警報、衝突被害軽減ブレーキ、後側方車両検知警報、アラウンドビューモニターなど多彩な機能を備える。

 パワートレーンには、燃費と性能の両立を狙った100ps/152Nm(15.5kgm)を発揮する1.0Lの3気筒ターボエンジンを初採用。これにCVTを組み合わせる。タイのエコカープログラムには、従来の1.2Lエンジンでも対応可能だが、顧客の望む動力性能が期待できないと判断。贅沢にも全車搭載となった。

 日本でのエントリーセダン「シルフィ」のモデルライフが長いだけに、次の展開が気になるところだが、上海モーターショーで発表された新型シルフィが新世代プラットフォーム「CMF」を採用しているのに対して、タイ仕様のアルメーラは、旧世代プラットフォームを採用している。この点からも、アルメーラの導入の可能性はほぼ無いと予測される。

導入の可能性:★ 1

■三菱 ミラージュ

ダイナミックシールドを採用したフロントフェイスを採用。全長のみ若干伸び、全長3845×全幅1665×全高1505mm(タイ仕様)となった

 今回、ピックアップしたモデルで唯一日本導入を果たしているのが、ミラージュだ。セールスマン扮する唐沢寿明が登場していたことが、謎のミラージュポーズとともに思い出されるのは、グリルレスのスマートなマスクの初期型。2015年のマイナーチェンジで、グリルとメッキパーツを追加することで落ち着いたデザインに……。

 ところが、今年11月に実施されたフェイスリフトでは、若々しさを取り戻した。フロントマスクには、「ダイナミックシールド」デザインを初採用した力強いものに。前後ランプデザインも一新された。

 機能面では、全車にApple CarPlayとAndroid Auto対応のディスプレイオーディオを標準搭載に。さらに上級グレードでは、レッドアクセントのフロントグリル、新デザインの15インチアルミホイール、チェック柄のファブリックと合皮のコンビシートなどを採用している。

 パワートレーンは、従来同様に、1.2L自然吸気エンジンとなる。デリカD:5やRVRがフェイスリフトを受けてダイナミックシールドマスクとなったこともあり、来年早々には、日本のミラージュもフェイスリフトを受けたマイナーチェンジモデルとなる可能性大。これは期待してよいだろう。

導入の可能性:★★★★★ 5

次ページは : ■三菱 アトラージュ

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ