【2020年4月法改正の落とし穴】信号待ちの「思いやり消灯」が違反になるのか!??

【2020年4月法改正の落とし穴】信号待ちの「思いやり消灯」が違反になるのか!??

 日増しに寒さが厳しくなってきましたが、ドライバーにとって注意しなければならないのが、冬に多くなる、西日で前が見づらくなる薄暮れ時の運転。

 こうした薄暮れの時間帯に交通事故が多い実態を踏まえて、2020年4月以降に発売される新車から、周囲の明るさが一定以下になるとロービーム(すれ違い用前照灯)を自動で点灯するオートライトの装備が義務化されます。

 約3年前の2016年10月に、国土交通省の保安基準の改正によって、オートライトシステム(以下オートライト)装着の義務化が発表されました。

 これにより、新型車は2020年4月以降、継続生産車では2021年10月からオートライト(ロービームの自動点灯)機能の設定が義務化されることになりました。

 都内では信号待ちで対向車や前のクルマが眩しくないように、ライトを消す、「思いやり消灯」をしているクルマをよく見かけますが、オートライト義務化になると、この行為は法律違反になるのでしょうか?

 そこで、改めてオートライト義務化により、何が変わるのか? 各自動車メーカーのオートライト採用事情も含めて解説します。

文/岩尾信哉
写真/ベストカーWEB編集部 

【画像ギャラリー】オートライトを装備しているクルマ一覧


ようやくというべきオートライト義務化

新型車は2020年4月以降、継続生産車では2021年10月からオートライト義務化となっている
新型車は2020年4月以降、継続生産車では2021年10月からオートライト義務化となっている

 2011年に欧州において、デイタイム・ランニング・ランプ(昼間走行灯、以下デイライト)およびオートライトが義務化されたことをきっかけに、欧州の自動車メーカーが、基本的には昼間ではデイライト機能を利用したうえで、夜間はロービームに切り替えてオートライト機能を得られるよう設定するようになった。

 その後、米国でも法律上で厳密に義務化されてはいなくても、1995年イヤーモデル以降のモデルでは装備の上では標準装備化が進んだ。

 その後、2016年10月に日本の国土交通省は「道路運送車両の保安基準」を一部改定して、オートライトの義務化を決定。

 デイライトの装着も認可されることになった。従来から日本では独自の立場で、夕暮れから夜間にかけての安全性向上のためにオートライトの義務化が検討されてきた経緯があり、合わせてデイライトは昼間の他車や歩行者などからの視認性向上を理由に解禁された。

次ページは : どのくらい暗くなるとライトが点灯?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!