【現役トラックドライバーが斬る!】トラックの迷惑行為はなぜ起こるのか?

 一般ドライバーから見ると、何のためにするのか理解できないトラックの行動がある。しかも、迷惑と感じる行為だ。たとえば、次の2点。

[1]高速道路SA・PAの減速レーン、加速レーンでの仮眠
[2]駐車場や幹線道路・中央分離帯へのゴミのポイ捨て

 すべてのトラックドライバーではない、もちろん優良ドライバーもいる。だが、業界全体の評判を落とすような行為をするドライバーが一定数いるのは事実だ。

 現役トラックドライバーとして、なぜそのような迷惑行為が起きるのかを分析してみたい。

 文末では、トラック同士が追い越し車線まで広がって並走している迷惑運転や、あおり運転に関しても取り上げているので、最後まで読んでいただきたい。

文/長野潤一
写真/長野潤一、Adobe Stock

●長野潤一とは
トラック歴27年のベテランドライバー。物流の将来を考えながらハンドルを握る社会派ドライバー兼ライター。ベストカーで連載『トラックドライバー三番星』を執筆中

【画像ギャラリー】人の振り見て我が振り直せ! 他車から迷惑と思われる行為


■深夜の高速道路SA・PAの実態

 深夜の高速道路を走ると、長距離トラックの違法駐車が目立つ。SA・PA(サービスエリアとパーキングエリア)の減速レーン、加速レーン、果ては高速バスのバス停にも駐車、仮眠している。眠りから覚めて、いざ出発しようとした際に、もし後ろから高速の車両が来たら……。重大な接触事故が起こりかねない危険な行為だ。対策や取り締まりはされているのだろうか?

 各高速道路会社は、加減速レーンに駐車できないようにラバーポールを設置し、パトロールも随時行っている。しかし、ラバーポールを踏み倒してでも、無理やり駐車禁止区域に乗り入れ駐車するトラックがあとを絶たない。

 カーブの途中に停めて、ほかの交通の妨げになることもしばしば。だが、警察が駐車違反で取り締まるというのは聞いたことがない。枠外駐車のトラックのあまりの多さに、取り締まりが不可能なのだろう。

加速レーンへの駐車防止のために設置されたラバーポールが踏み倒され折れている(新東名上り駿河湾沼津SA)

 なぜ、本来駐車すべきでない場合に駐車するのか? それは、SA・PAの駐車枠が圧倒的に足りないからだ。特に足りなくなるのは夜中の時間帯。東京~大阪を結ぶ新東名・新名神など幹線のSA・PAの夜中の実態は、駐車枠以外まで停められるスペースというスペースはほとんど大型トラックで埋め尽くされている。

 新人のドライバーを指導する際には、「長距離は、走るより停まるほうが難しいからな」と言う。車体の長いトレーラーを停めるのはさらに至難の業。トレーラー専用枠もあるが、ほとんど埋まっている。

 通常の大型枠に車体を「く」の字に折って停めるためには、2枠連続で空いている場所を見つけなければならないが、不可能に近い。もし駐車場が見つからなかったら、どんなに眠たかろうと、我慢して次のSA・PAまで走るしかない。2~3軒たらい回しにされることもある。SA・PAからあぶれたトラックが、仕方なく加減速レーンに停まっているのだ。

深夜のSA・PAは駐車枠以外にもトラックがビッシリ停められており、駐車場所を探すのは至難の業(伊勢湾岸道下り刈谷PA、23時ごろ)

■なぜSA・PAのトラック枠が足りなくなるのか?

 では、なぜSA・PAのトラック枠自体が足りなくなるのか? この問題は一見単純そうに見えるが、連立方程式を解くように、複雑な社会的背景がかかわりあっている。それを解読するのにしばらくお付き合いいただきたい。

[1]長時間駐車の問題
 高速道路各社も、ごく一部のトラックが駐車スペースを長時間占有することで、多数のトラックが停められなくなっていると分析する。

 長距離トラックの業態を大別すると、宅配便などを夜通し運ぶ「路線」と、工場~倉庫間の荷物などを運ぶ「一般」がある。「一般」は目的地の近くのSA・PAに早めに到着し、そこで翌朝まで寝るので長時間駐車になる。

 駐車場の側からしてみれば回転率が悪い。すべてのトラックに寝場所を提供するというのであれば、SA・PAは際限なく大きくしなければならない。ひとつの解決策として考えられるのは、SA・PAでの長時間駐車に対して課金することだ。

 混み合う幹線区間に関しては、一定以上(例えば2時間以上)の駐車には料金を徴収するというふうに方針転換するべきではないだろうか。徴収は技術的に難しいが、事業用車に普及しているETC2.0を利用すればよいだろう。

 SA・PA駐車枠不足解消への取り組みに関する最近の動きは、

・ETC2.0を利用した「一時退出」外部駐車場活用(新東名=道の駅もっくる新城など)
・東名(下り)駒門PA移転拡大(2017年)
・新東名(上り)静岡SAと浜松SA拡大(大型枠8~9割増)、25mダブル連結車専用枠新設

などがある。

[2]「430休憩」の実施強化
「430休憩」とは、連続運転4時間以内につき30分以上休憩しなければならないという、労働基準法の条項の通称である。

 2時間で15分の休憩を2回など、分割休憩も認められる。この条項は以前からあったが、数年前から企業のコンプライアンス遵守が重視されはじめ、時を同じくしてデジタルタコグラフ(デジタコ、運行記録計)が普及し、休憩時間が可視化されたことから確実に実施されるようになった。

 以前は、8時間でもぶっ通しで運転するドライバーもいたため、「430休憩」は重大事故の削減に一定の成果をあげている。しかし、ほとんどのドライバーがキッチリ30分休憩を取るようになったことが、SA・PA混雑の一因にもなっている。

デジタルタコグラフの普及で休憩時間が可視化され、4時間毎に30分の法定休憩をほとんどのドライバーが取るようになった。安全が確保されるようになった反面、SAPAが混雑する一因にも

[3]ETC深夜割引のための時間調整
 深夜割引は、深夜0時(24時)~4時の間に高速道路上にいれば3割引になるというもので、長距離になればなるほど割引額も大きくなる。

 例えば、13トン積トラックで大阪~東京間(約470km=大型車1万7000円)の場合、東名・東京料金所を24時過ぎに通過すると5000円以上の割引になる(トレーラー=特大車なら約9000円の割引)。この制度には、多くのトラックを24時までせき止めてしまう欠陥がある。

 解決案としては「事業用自動車は全時間帯同一の15%割引」というのはどうだろうか? これなら時間帯を気にすることなく、24時間シームレスな物流を実現できる。

「割引率が低い」という声も出そうだが、もともと事業用車というのは深夜割引を受けたのち、さらに「ETCコーポレートカードの大口・多頻度割引」(最大46%程度割引 ※令和2年3月まで暫定)を受けており、大型トラックの料金のほうが一般の普通乗用車よりもはるかに安い。また、ITを駆使して、時間帯と割引率をもっと細分化するのも一案だ。

[4]高速道路外の駐車場不足の問題
 これが最も根源的な問題だと感じる。“下”に降りると適切に停められる場所がないのだ。

 トラックの駐車場というのは、本来運送会社自身や積み降ろし地(荷主)、または公共で用意すべきものである。しかし、全国に多数ある工業団地には公共のトラック専用駐車場がなく、ほとんどが路上駐車。最近インターチェンジの近くに増えている巨大倉庫にも、充分な待機場を備えているものは少ない。道の駅やトラックステーションも、大都市圏では充分にはない。

 しかし、「ジャストインタイム」といって、定時に来いという。早過ぎてもダメなのだ。全国からトラックが集まるメッカともいえる東京港(大井埠頭など)にすらトラック待機場はない(あるのは、コンテナ待機レーンだ)。

 そのため、オリンピック会場のすぐそばの江東区新木場や若洲には、路上駐車のトラックが常時数百台は居る。大型車への駐禁取締りはほとんどなく、警察も“お目こぼし”をしている。

 トラックステーションを設置するのが本筋なのだが、新設するには相当な費用がかかる(東京都港湾局は混雑緩和のため12月から一般トラック待機場のトライアル運用を開始した)。税金で造った道路の1車線をやんわり使っている分には、誰もあまり文句を言わない。そうした面倒なものを日本中で、無料の高速道路のSA・PAに押し付けてしまっているのだ。

 トラック物流がうまく回るには、トラックの集まる所に待機場を設置しなければならないという、社会のコンセンサスが必要だ。

東京港にはトラック待機場が無く、新木場・若洲の路上には長時間駐車するトラックが並ぶ

■ゴミのポイ捨てはなぜ?

 ベストカーWeb編集部から、「トラックドライバーはなぜごみをポイ捨てするするのか?」という質問を受けて、答えに詰まった。

「やっているのはごく一部のドライバーで、大半の善良なドライバーはやっていないんですよ」と言ってしまえば、通り一遍な答えになってしまう。禅問答のようでもあり、道徳、倫理学、経済学の問題でもある。その答えが簡単に出るようならば、すでにポイ捨てはなくなっているはずだ。

 だが、中央分離帯やSA・PA、コンビニのトラック駐車スペースにも、今日もゴミがたくさん落ちている。では、トラック運転手だけが特別なのかといえば、そうではないと考える。乗用車のドライバーもゴミを散らかすし、キャンプ場や海水浴場にゴミを放置する人はいる。トラックドライバーがコンビニ袋を捨てるのが目立つのは、コンビニ弁当で食事を済ますことが多く、ゴミがたくさん出るからではないか。

日本の玄関、羽田空港付近の中央分離帯にあるゴミの山。あと半年余りで東京五輪パラ開催なのに訪日外国人に恥ずかしい(2019年12月撮影)

 ではどうして捨てるのか? ゴミは自分に不要だからである。人間、モラルがなくなってしまえば、自分さえよければ他人はどうでもよいという考えになる。他人に迷惑をかけて楽しいという人すらいる。だが、日本の道路シーンではポイ捨てよりもっと迷惑なこともある。

 工事車線規制で追越禁止になっても、最後の最後まで無理に追い越そうとする行為である。人間は「我先に」という行動をしてしまうものだ。皆、知らず知らずのうちにやっている。事故や命の危険性があるだけに、ポイ捨てより悪質だ。

 話を戻そう。トラックのゴミのポイ捨て問題は、もう何十年も前から言われ続けているが、少しずつ“手口”が変わってきているように思う。

 昔は交差点の信号で停車した時に道路脇にゴミ袋を捨てたり、灰皿を道路上に開ける、手の届くフェンスの金網に空き缶をねじ込むなど、イタズラめいたものが多かった。最近は、駐車場を立ち去る際にコンビニ袋を置き去る、SA・PAの出入り口のカーブの途中など回収しにくい場所にわざわざゴミを投げ捨てるなど、より陰湿になっていると感じる。

 SA・PAのゴミ箱設置場所がトラック駐車場から遠かったり、いつもゴミが満タンであるなどの問題点もあるが、どうもそれだけが原因ではないらしい。泥棒が何千年経ってもなくならないのと同じで、人間はそうしたおぞましい一面を持つ。

SAの出口付近にコンビニ袋が散らばる.明らかに走行しながら投げ捨てている(新東名下り浜松SA)

 SA・PAでのポイ捨てをなくすには効果的な方法がある。嫌な社会だが、監視カメラである。SA・PAでポイ捨てをしたトラックの運送会社、ナンバーが確認されれば、ETCコーポレートカードの利用を停止するのである。すると会社にとっては(ETCの大口・多頻度割引を受けられず)月に数百万円の損失になるから、会社は絶対にゴミを捨てないようにとドライバーにクギを刺すようになるだろう。


 私たちはスーパーやネット通販の安い商品によって便利な生活を享受しているが、安い物価の一因には安い物流費があり、その背景には、社会インフラや物流事業者、メーカー、流通事業者などが本来支払うべきトラックの駐車コストや廃棄物の処理コストを払っていないという要因がある。

 遠大な社会矛盾を持ち出して、個人のモラルの問題をすり替えていると思われるかも知れないが、これが加減速レーンへの駐車、ゴミのポイ捨てなどの迷惑行為の本質なのではないだろうか。

         ◆         ◆         ◆

 大型トラックが1km/hぐらいの速度差で延々と横並びで走り、後ろに長蛇の列ができる迷惑運転。そして、一般ドライバーとトラックドライバーの間で起きる、あおり運転の問題については関連記事『【現役トラックドライバーが斬る!】トラックの追い越し車線で起きる問題とその深層』で斬りこんでいる。ぜひご覧いただきたい。

【画像ギャラリー】人の振り見て我が振り直せ! 他車から迷惑と思われる行為

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ