日産はなぜe-POWERを他車種に展開しないのか!? かつてのヒット車が続々と置き去りに…

 2020年1月の販売台数で、大人気のトヨタ「ライズ」、「カローラ」(セダン、スポーツ、ツーリングなど合算)に次ぐ3位につけたのが日産「ノート」だ。2019年における日本国内の新車販売台数でも、首位トヨタ「プリウス」と僅差の2位につけた。

 この躍進を支えているのは、2016年11月に発売された電動化技術「e-POWER」だ。ノーマルエンジン搭載車の発売は2012年と古く一時は苦戦をしていたが、e-POWER投入で返り咲いた。この傾向は、2018年2月にe-POWERを追加した「セレナ」にもみられる。

 これほどまで消費者に受け入れられたe-POWERだが、現在販売されている車種でラインナップがあるのは、ノートとセレナだけと寂しい状態だ。

 コンパクトカークラスならノートだけでなく「マーチ」、ミドルサイズのセレナなら「エクストレイル」「シルフィ」だってある。販売現場では売るクルマがないと悲鳴が上がっている日産なので、トヨタのハイブリッドのように、全車種にラインナップするべきでは? と思う人も多いことだろう。

 なぜ日産は他車種に展開していないのか? 何をもったいぶる必要があるのだろうか? e-POWERを横展開していない日産の事情を、渡辺陽一郎氏が考察する。

文/渡辺陽一郎
写真/編集部、NISSAN

【画像ギャラリー】日産の切り札となったe-POWERを搭載しているモデル、搭載予定の次期型モデル


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ