【都会派よりワイルド系!?】なぜ武骨なSUVに脚光?? 世界とは「真逆」な事情とは

 トヨタ「RAV4」、トヨタ「ライズ」/ダイハツ「ロッキー」、スズキ「ジムニー」「新型ハスラー」、ダイハツ「新型タフト」と続々と発表されるSUV、またはSUVテイストの軽自動車。

 それらに共通しているのは、悪路走破性の高さを感じさせる、ハード系のデザインであることだ。

 ほんの少し前までは、トヨタ「C-HR」「ハリアー」やマツダ「CX-5」、日産「エクストレイル」のような、泥のにおいを感じさせない、都会派のスタイリッシュ系SUVが人気だった。それがなぜ急に、ハード系の花盛りになったのだろう?

 本稿では、自動車評論家・清水草一氏の視点からその理由を考察する。

文/清水草一
写真/TOYOTA、SUZUKI、DAIHATSU、CADILLAC、編集部

【画像ギャラリー】大人気のハード系デザインを採用したSUV&軽自動車をもう一度!!


■日本だけでハード系人気!? 世界はいまだスタイリッシュ系が全盛

 まず再確認したいのは、それらハード系のスタイルをまとったSUVたちが、どの市場に向けて開発されたのかということだ。RAV4とジムニー(シエラ)を除くと、国内向けモデルである。

 なにせ軽自動車は日本国内専用。ライズ/ロッキーも、軽のプラットフォームをベースに、ダイハツが開発した国内向けの小型SUVだ。いまや日本を除くと、小さいクルマの需要は非常に小さくなっていて、軽はもちろんのこと、ライズ/ロッキーサイズでも、海外需要はあまり見込めない。

 ジムニーは超本格派のクロカン4WDで、かなり特殊な存在だ。その特殊なクルマが、いまだに納車待ち約1年というのだから異常だが……。

悪路走破性の高さを感じさせる、ハード系のデザインを採用したSUVと軽自動車(タフトはコンセプトモデル)。どのクルマも人気、もしくは注目度が高い

 一方、海外に目を向けると、SUVは都会派のスタイリッシュ系デザインがほとんどを占めている。

 北米や中国では、もはや乗用車販売の7割がSUV系というほど普遍化していて、SUVは最もポピュラーな乗用車のスタイル。ごく普通の乗用車としてのマーケティングが行われ、その結果、そのほとんどが都会派のスタイリッシュ系デザインになっている。

 実際、輸入SUVのデザインをざっと見渡すと、ハード系はメルセデス「Gクラス」とジープ「ラングラー」だけ。どちらもジムニー同様、超本格派クロカン4WDで、一般的なSUVとは一線を画す存在だ。そして、そのどちらも日本では異常なほど人気がある。

 国産メーカーも、海外で生産あるいは輸出するSUVは、大部分がスタイリッシュ系だ。よって日本車も、輸出を前提として開発している中・大型SUVは、ほとんどがスタイリッシュ系。それが前述のC-HRやCX-5、エクストレイルなどに当たる。

 ところが、RAV4も間違いなく全世界向け。なにせSUV世界販売ナンバー1の座を争うモデルだけに、発表されたのも北米が最初で、今年から中国での販売も始まる。実は、SUVの世界戦略車がハード系デザインをまとっている例は、RAV4をおいてほかにない。つまりRAV4のデザインはかなり冒険的かつ、例外的な存在なのである。

 RAV4がなぜこういうデザインになったかは不明だが、背景には、北米におけるピックアップトラックの絶大な人気があると推測される。

RAV4は見た目だけでなく、走りのほうもハード系。トヨタの商品戦略のうまさを感じさせる
北米で人気ピックアップトラックのトヨタ「タンドラ」。いかにも悪路に強そう雰囲気と派手さを併せ持っている

 ピックアップトラックは、どれも極めて強そうなデザインを採用している。RAV4のデザインは、トヨタの誇るランクルと、ピックアップトラックの中間的なデザインイメージで、トヨタとしては、そのニッチに狙いをつけたのではないだろうか。そして狙いは当たった。

 加えて、こういうハード系デザインは日本で人気があることを見越し、思い切って導入したところ、それも当たった……という流れだ。

 これらの状況から判断すると、ハード系デザインのSUVがブームになっているのは、日本だけの特殊な現象と言える。では、いったいなぜ、日本でだけハード系デザインのSUVが人気なのか?

■派手なクルマは恥ずかしい? ハード系人気は日本人独自の感性が関係

 日本人の心性の基盤には、武士道がある。これを抜きにして、この現象は語れない。武士道は華美を嫌い、質素を旨とする。華美は悪であり、質素は善なのだ。

 人間の本能は華美に走りたいわけで、それは日本人とて同じだが、たとえ成功してお金持ちになっても、その欲望をぐっと抑えて質素を守っている人が最も尊敬され、むやみに華美に走ることは「恥」とされる。

 海外では決してそうではない。武士道的な道徳観がないので、ダイレクトに華美に走ってしまう。あまりに華美だと「クールじゃない」という反応は出るが、華美は決して悪ではない。

 アメリカはまさに華美の合衆国。大統領からしてあんな感じだから推して知るべし。オラオラデザインの本家本元はアメリカだ。

 ヨーロッパはアメリカほどギラギラではないが、ヴェルサイユ宮殿やバッキンガム宮殿を見れば、華美でエレガントなデザインが至上という志向があるのは間違いなく、それが自動車デザインにも表れている。

アメ車のプレミアムSUVの代表ともいえるキャデラック「エスカレード」。力強さと高級感をこれでもかと前面に押し出している

 中国は、それこそ見栄の帝国。流行の移り変わりは激しく、今はちょっと落ち着いたエレガント系デザインがはやっているが、それとて見栄を張るためだ。

 一方日本では、いまだに「カッコいいクルマに乗るのは恥ずかしい」という感覚がある。カッコいいこと=派手で中身が薄っぺら。つまり悪であり恥なのだ。逆に、機能に徹した質素なデザインは、非の打ちどころのない完璧な存在と称揚される。もちろんサイズも小さい方がいい。縮み志向というヤツですね。

■日本人にとっての至高のデザインとは!? 現代日本人が求める志向

 そこから導き出されるのは、「現行ジムニーこそ至高の自動車デザイン」という結論だ。

 新型ジムニーが登場した時、多くの日本人は、理想の自動車デザインを目の前に突き付けられた思いだったのではないか? もちろん、ジムニーのような悪路走破性は、一般ユーザーには必要ないが、東日本大震災や巨大台風の襲来など自然災害が相次いでいるなか、「あれば安心」と肯定される。

見た目だけではなく、どこへでも行ける走破性の高さを持つジムニー。無駄をそぎ落としたそのデザインが大人気で、現在納期は10カ月待ちにもなる

 バブル期までは、豊かになる欲望が上回っていたため、スポーツカー的な速そうなデザインが装飾としてもモテモテだったが、20年続いたデフレがひと段落した今、日本人はハード系のデザインを「装飾的に」望んでいると見てもいい。ハード系は頑丈そうに見え、身を守ってくれる感覚もある。伸びではなく守り重視のデザイン志向だ。

 スズキが新型ハスラーをハード系に振ったのは「世の中の本物志向が強まっている」というトレンドを読んだから。新型タフトを開発しているダイハツはネイキッドを出した実績もあり、ハスラーの大成功とキャストの失敗という教訓からも、「次は本物志向」という思いは持っていただろう。

 ただ、今後この流れが拡大するかと言えば、小型車や軽自動車に限られるだろう。なにしろ、海外ではハード系デザインの需要が限られている。世界戦略車として開発する限り、ハード系デザインを採用するのは難しい。

【画像ギャラリー】大人気のハード系デザインを採用したSUV&軽自動車をもう一度!!

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ