【実はマツダ? やっぱりスバル?? それとも…】最新国産4WD 悪天候で最も頼れるSUVはどれ!?


トヨタ RAV4の4WDは「雪道でも狙ったラインで自然に曲がる」

ハイブリッドのE-four含めて計3つの4WDシステムをモデルに応じて用意するRAV4

 さて次はトヨタ RAV4だ。こちらは標準装備の「ダイナミックコントロール4WD」、新開発の「ダイナミックトルクベクタリングAWD」、ハイブリッド車用の「E-Four」と3種類の4WDがある。

 ハイブリッド用のE-Fourは後輪駆動用のモータートルクを約30%アップさせたことで、従来のものよりも大幅にリアの応答性と駆動感が上がりプロペラシャフトで繋がる4WDのようなダイレクト感が増した。

 北海道士別テストコースでの雪上試乗ではトラコンをOFFにするとドリフトが楽しめたほどだ。標準の4WDはこれまであったセンターデフにビスカスカップリングを採用したもので信頼性は高い。

 ただし、注目は「アドベンチャー」グレードに採用される「ダイナミックトルクベクタリングAWD」(ガソリン車専用)。リアデフを廃し、左右にカップリングを採用することで、後輪の左右駆動配分を100~0までコントロールできるという、いわば“Eデフ”のような作動を行える。

トルクベクタリング機構のイメージ図。前後だけでなく後輪では「左右」の駆動力も状況に応じて制御できる点が特長

 気温上昇により雪質がかなり緩んだ状態だと各輪の空転率も高くなるが、空転するとトラコン介入によって加速が鈍るもの。しかし、4輪がしっかりと雪を掻いているのでトラコン介入も少なく加速する。

 さらに、コーナーではE-Four同様に操舵角も少なく、緩んだ雪質とはいえかなり狙ったライン取りができたのだ。機械的に作り上げたベクタリング効果を実感する、と言いたいところだが、実はとても自然なフィーリングでコーナリングできる。

 また、走行路面に合わせてモードを設定する「マルチテレインセレクト」を“MUD&SAND”に設定するとトラコンがOFFになり、より曲がることにダイレクトなハンドリングになる。

 このマルチテレインセレクトは、ダイナミックトルクベクタリングAWDに装備されていて、オフロードを走る楽しみを提案してくれる。ちょっとレンジローバーのようだ。

 さらに、ダイナミックトルクベクタリングAWDには負荷の小さいFFモードの場合、フロントもリアもプロペラシャフトと完全に切り離し回転抵抗を低減させて燃費を節約する。

【総合評価】悪天候時も威力を発揮する4WDは?

 さて結論といこう。

 最近の異常気象を鑑みた悪天候時に威力を発揮するのはおそらくRAV4のそれもダイナミックトルクベクタリングAWDを採用した「アドベンチャー」だろう。コストパフォーマンスも含めてこのシステムはかなり有効だ。

 ただし、一般道メインであるならばスバルとマツダで充分。そこそこの悪路もこなす。

 ではスバルとマツダでどっちが優れているか? ここに挙げたシステムでいうと性能的にはほぼ互角だ。

 差があるとすれば縦置きエンジンで前後荷重配分に優れ、理想的なシンメトリカルAWDのシステムを持つスバルに少しだけ分があるかな? と考える。

RAV4「アドベンチャー」。ダイナミックトルクベクタリングAWDの搭載はこのグレードのみで価格も319万5500円と他のSUVと比較しても高くない

【画像ギャラリー】スバル! マツダ! トヨタ! 注目の4WD車を写真でチェック