【生産、新車、販売に大打撃!】 新型コロナウイルス 自動車メーカーへの影響は?

 2020年4月7日、新型コロナウイルス感染拡大に関する「緊急事態宣言」が安倍晋三首相から発令された。

 すでに自動車業界では、国内および海外の生産工場において、自動車生産の調整または縮小の動きが出ており、コロナウイルスへの影響も出始めている。

 また販売の現場となるディーラーでもモビリティ東京(4/9~4/27、11時~16時。4/28~5/6GW休業)をはじめ、東京日産、ホンダカーズ東京などで時短営業の動きが広がっている。

 そこで、緊急事態宣言が発令された4月7日現在、自動車業界の影響はどうなのか? 今後、自動車業界はどうなっていくのか? 未曾有の危機を脱するのはいつなのか? 元日刊自動車新聞社主筆、現佃モビリティ総研代表、佃義夫氏が解説する。

文/佃モビリティ総研代表・NEXT MOBILITY主筆 佃 義夫
写真/ベストカー編集部 トヨタ スバル マツダ 

【画像ギャラリー】コロナウイルスの影響で生産休止&調整が行われる車種


自動車業界にリーマン以上のショックとなりそうなコロナ禍

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令を受けて豊田章男日本自動車工業会会長が4月7日、会見を行った

 安倍晋三首相は、2020年4月7日の閣議決定によりコロナウイルス感染拡大に対する「緊急事態宣言」を発令した。

 これにより7都府県で4月8日午前0時から5月6日までの1ヵ月間、緊急事態宣言が効力を持つことになる。

 中国・武漢で発生したこの新型コロナウイルスによる肺炎の感染は、今や世界に拡大し、人々の生活や実体経済に大きな打撃を与えている。

 日本の緊急事態宣言も遅きに失したとの声もあるが、安倍首相は「人と人との接触を極力減らし、医療提供体制を整えるためだ」とし、「可能な限りの外出自粛に協力をいただく」と呼びかけた。

 ただ、海外では罰金や罰則などを科す外出禁止令などを出しているケースもあるが、日本の対応は「ロックダウン(都市封鎖)することはないし、する必要もないというのが専門家の意見だ」(安倍首相)とする。

 また、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令を受けて豊田章男日本自動車工業会会長が4月7日、会見を行った。

 「今はまだ出口が見えない状況ですが、人類が新型コロナウイルスの脅威に打ち克(か)つ日は必ずやってきます。その時に日本の基幹産業である自動車業界が復興のけん引役を担っていきたい、そして日本のものづくり、雇用を守り抜いていきたい。その想いで、各社必死の努力を続けてまいります(一部抜粋)」と発言している。

 また、日産自動車も政府の緊急事態宣言発令を受けて、以下のリリースを発表している(一部抜粋)。

 「当社は4月7日に日本政府が発表した宣言にあわせ、可及的速やかに以下の取り組みを行います。
・事業継続のために出社がやむを得ない業務を特定し、出社する従業員を最小限に絞り込みます。それ以外の業務に従事する従業員は、在宅勤務とします。出社がやむを得ない従業員は、公共交通機関の利用を可能な限り避け、会社が設定した予防ガイドラインに従い、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を維持して業務を遂行します。
・生産に関しては、これまで通り従業員の安全健康管理を徹底し、市場動向を踏まえ、工場毎に操業を継続していきます。
・日産の販売会社は、お客さまの安全を守り、安心を提供し続けるため、活動規模を一部縮小するものの、店舗でのサービスや車両・部品物流業務、問い合わせ窓口などの各種お客さま対応業務は継続します」。

 この新型コロナウイルスの世界拡大で、自動車の生産・販売にも大きな影響が及んできている。世界各国経済をけん引する自動車産業・業界にとってかつてのリーマンショックを上回る激震にもなりそうだ。

 世界的な生産・販売減は自動車メーカー、部品メーカー、ディーラーの業績悪化は赤字転落という事態も避けられない見通しとなっている。そうなると、自動車は基幹産業であるだけに景気への悪影響を及ぼす危機感が強まっている。

 すでに自動車メーカー各社の工場生産停止は、当初の中国工場から欧米に移り日本国内工場にも波及してきた。

 3月末時点で、中国工場が生産再開する一方で米欧工場の半数が停止となり、4月に入り日本でも各社が相次いで生産休止に追い込まれた(本企画後半参照)。

 自動車産業は、日本国内総生産の3.3%(18.1兆円)を占め製造業最大であり、雇用面でも全就業人口の8.2%(約546万人)を雇用し、貿易でも輸出総額の20.5%(16.7兆円)を占めるように存在感は大きい。

 2008年秋の米リーマンショックは、世界実体経済の悪化に波及し世界の自動車メーカーが需要の大幅減退に苦しんだ。当時の世界ビッグ3であった米GM・フォード、クライスラーが経営を悪化させてGMとクライスラーは米政府救済により経営破綻を免れた事実がある。

 このリーマンショックでは、日本自動車メーカーも軒並み赤字転落となり、トヨタも戦後初の赤字に転落してここから立ち直るのに苦慮した苦い経験があるのだ。

 「新型コロナで生産・販売に大きな影響が及び、顧客への納車が遅れている。販売状況は中国や日本で大幅減となっており、生産もそれに准じて需給調整が始まった段階だ。リーマンショックと比べると今回は回復へのけん引役が不在だ。リーマン以上に先が読めない」と豊田章男トヨタ自動車社長は、日本自動車工業会会長も務めており、先の自工会会長会見で新型コロナ禍のクルマ界に与えている状況の危機感を強調した。

 自動車国内生産は、過去20年間1000万台前後を維持してきた。2005年に900万台を超えたものの、2008年秋のリーマンショック後の2009年には約793万台にまで落ち込んだ。それ以降は900万台強を推移してきたが、2019年は832万台だった。

 自動車各社は、国内雇用を維持するために国内生産を確保してきた。トヨタは「国内生産300万台維持」を表明し、日産とホンダも「国内生産100万台維持」だったが、日産の2019年の国内生産台数は80万台弱に留まり、ホンダも主力の狭山工場閉鎖を発表するなど100万台維持が難しい状況となっている。

自動車各社3月決算発表遅れに、2020年度見通し不透明で厳しく

2020年3月の新車販売台数1位になったカローラは4/3~7に生産休止された高岡工場で作られている
トヨタ自動車は5工場の生産休止を発表したが、トヨタ自動車東日本の宮城大衝工場(シエンタ)、岩手工場(C-HR、ヤリス、アクア)は休止しなかった

 自動車各社の上場企業は、例年4月末から5月の連休明けに前期(2020年3月期)決算を発表するスケジュールとなっているが、この4月からの2021年3月期業績予想がコロナ禍の影響がどの程度になるか、見通せない状況に苦慮している。

 この本決算発表には、各社ともに社長が出席して前期業績と今期予想を説明するが、今期がコロナ禍の収束が見えないだけに難しい情勢なのだ。第3四半期(10〜12月)決算発表した2020年1月時点では、トヨタの増収増益だけが目立った。

 ちょうど、中国・武漢の新型コロナが表面化した時期だっただけに中国事業依存度が高い日産とホンダが「中国が見極められない」としていたが、それでも業績見通しは厳しいものだった。

 また、インドで圧倒的な販売シェアと収益力を持つスズキもインドの金融不安にともなう新車市場の低迷から減収減益となるなど、マツダ、スバル、三菱自などもおしなべて厳しい業績見通しを発表していたのだ。

 これにコロナ禍の世界拡大が追い打ちをかける恰好となり、1〜3月の第4四半期を加えた前期(2019年度)よりも今期(2020年度)の4月以降のコロナ禍終息が長引けば長引くほど生産・販売減の業績低下に影響を与えることになる。

 1強のトヨタといえども今期業績はコロナ禍による生産・販売減少が続くと大幅な悪化は避けられなくなりそうだ。

3月の国内新車販売のコロナ禍影響はまだ軽微だが4月以降に懸念

4月9日から19日間の稼働を停止するスバルの群馬製作所本工場

 日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽協)が発表した2020年3月の新車登録・新車届出及び2019年度実績を見ていきたい。

 まず、2020年3月の新車販売(軽自動車含む)は、前年同月比9.3%減の58万1438台となった。これは6ヵ月連続の減少だが新型コロナの影響で多少、客足が鈍ったものの大幅減少には至らなかった。

 このうち、登録車は10.2%減の37万4955台。トヨタ新型ヤリス、ホンダ新型フィットと量販車の投入効果もあり、前年の3月に比べ1割減にとどめた。

 軽自動車は、7.6%減の20万6438台となり、軽もハスラーやN-BOXの新型車が押し上げて20万台ラインをキープした。

 一方、2019年度(2019年4月〜2020年3月)の新車販売総数は、503万8727台、4.2%減と年度500万台を確保した。

 このうち、登録車は318万2760台、4.6%減。軽自動車は185万5967台、3.5%減となった。

 2019年度の新車販売ランキングは1位ホンダN-BOX、2位ダイハツタント、3位スズキスペーシア、4位日産デイズ、5位ダイハツムーヴ、6位トヨタカローラ、7位トヨタプリウス、8位トヨタシエンタ、9位日産ノート、10位トヨタルーミーとトップ5は軽自動車が独占した。

 例年3月は販社も決算月であり、年度末商戦で追い込みをかけるのだが、国内でもコロナ感染拡大が日を追うごとに強まり、週末の客足が鈍って盛り上がりに欠けたのが実態だ。

100年の大変革と危機に立ち向かうには「新車購入補助金」を投入すべき

 問題は、4月以降の新年度であり、自動車各社の生産休止が納車遅れにも繋がり、まず4月の新車市場が9割減という大幅な減少の懸念も生じている。

 「緊急事態宣言」の発令で、東京など対象都府県の販社はとくに苦慮することになる。また、今期の新型車投入も計画からずれ込む動きも予想される。すでに日産は米国での新型車投入を遅らすことを表明している。

 日本の緊急事態宣言が5月連休明け以降どうなるかだが、少なくとも4〜6月のいわゆる第1四半期は、国内販売のみならず世界市場での大幅な落ち込みは、避けられないだろう。

 自動車業界は、おりしも「100年に一度の大変革期」を迎えており、CASE・MaaS対応へ次世代技術での世界競争にさらされている。このコロナ禍をクリアして日本の自動車産業・業界の生きる道が求められているのだ。

 すでに中国が生産再開の中で政府・自治体による新車購入補助金の政策を展開してきたように、日本も改めて、こうした緊急対策をするなど、クルマ市場の活性化への方策が求められる。

※   ※   ※   

 最後に2020年4月7日現在、各メーカーから発表されている国内自動車生産の調整計画を紹介しておこう。

 各社の生産調整計画を見ると、人気車のなかで生産調整が行われないのはヤリス、アクア、シエンタ、フィット、N-BOX、逆に生産調整が行われるのは、カローラ、プリウス、ノート、セレナ、ロッキー&ライズ、ハスラー、ジムニー、タントとなっている。

 こうした生産調整によって納期が延びることにはならないのか、また、これから出る新型車のデビュースケジュールが変更されないのか、今後も注視していきたい。

自動車各社の国内自動車生産の調整計画
※各社のプレスリリースから抜粋

■トヨタ
●高岡工場 第1ライン 4/3~7の3稼働日。生産車種:ハリアー、カローラ
●堤工場 第1・2ライン 4/3~7の3稼働日。生産車種:プリウス、プリウスPHV、カムリ、プレミオ、アリオン、カローラスポーツ
●田原工場 第1ライン 4/3~10の6稼働日。生産車種:LS、IS、GS、RC、NX、ランドクルーザー、4ランナー、各種エンジン
●田原工場 第3ライン 4/3~14の8稼働日。生産車種:第一ラインと同じ
●トヨタ自動車九州 第1ライン 4/3~15の9稼働日。生産車種:ES、CT、RX、NX、UX、エンジン、ハイブリッド用部品
●日野自動車羽村工場 第1ライン 4/3~6の2稼働日。生産車種:ランドクルーザープラド、ダイナ/トヨエース

※トヨタ自動車およびトヨタグループをあげて医療現場と医療物資の支援を発表(4/7)

■日産
●追浜工場 4/3、4/13、4/24、5/1の車両生産停止。生産車種:リーフ、シルフィ、ノート
●栃木工場 4/6~10、4/13~17、4/20~22、5/1の車両生産停止。生産車種:シーマハイブリッド、フーガハイブリッド、フーガ、スカイライン、GT-R、フェアレディZ。海外向けはインフィニティ各車種、370Z
●日産自動車九州 4/2~3、4/6~10、4/13~17、4/20~24、4/27~30の夜勤での車両生産停止(昼勤のみ稼働)、5/1の車両生産停止。生産車種はセレナ、エクストレイル、海外向けローグ、ローグスポーツ

■ホンダ
●埼玉製作所狭山工場完成車ライン 4/16~17(2稼働日)。生産車種:ステップワゴン、オデッセイ、ジェイド、レジェンド、クラリティPHEV、クラリティフューエルセル
●熊本製作所二輪完成車ライン 4/13~14(2稼働日)

■マツダ
●本社工場および防府工場 3/28~4/30までの間、13日間の操業を休止。8日間は昼勤のみ稼働
本社工場生産車種:ガソリンレシプロエンジン、自動車用手動変速機
宇品工場第一生産車種:CX-3、CX-30、CX-5、CX-8、CX-9、ロードスター、ボンゴ、フィアットクライスラー向けスポーツカー
宇品工場第二生産車種:CX-5、レシプロガソリンエンジン、ディーゼルエンジン
防府工場第一生産車種:マツダ2、マツダ3、CX-3
防府工場第二生産車種:マツダ6、CX-5

■スバル
●群馬製作所本工場および矢島工場(完成車工場)、大泉工場(エンジン・トランスミッション工場)
停止期間 :4 /9~5/1(4/9 ~11、4/13~18、4/20~24、4/27~5/1) ※ 記載のない日は、土曜日曜など元々休業日。停止日数 :19 日間 (稼働日ベース)。操業再開予定 :5/11(5/2~10は長期連休期間)
群馬製作所・本工場生産車種:レヴォーグ、インプレッサ、XV、WRX、BRZ
矢島工場生産車種:レガシィ、インプレッサ、XV、フォレスター

■三菱
●水島製作所第1組立ライン(軽自動車) 3/27~4/14
●水島製作所第2組立ライン(登録車) 4/6~4/23
水島製作所生産車種:RVR、i-MIEV、ekワゴン、eKクロス、ekスペース、ekクロススペース
●岡崎製作所組立ライン 4/9~4/17
岡崎製作所生産車種:アウトランダーPHEV、アウトランダー、エクリプスクロス
●パジェロ製造(株)組立ライン 4/13~4/30
パジェロ製造(株)生産車種:デリカD:5、海外向けパジェロ
※4月8日、水島(岡山)、岡崎(愛知)両製作所と子会社のパジェロ製造(岐阜)の完成車3工場で働く最大6500人を対象に一時帰休を始めた

■スズキ
●全工場(湖西工場、磐田工場、相良工場、大須賀工場、浜松工場)および国内製造子会社 4/1~3の3稼働日。4/6以降も操業を一部停止。
●主力の湖西工場(四輪) 4/9、4/10、4/17の操業停止。生産車種:アルト、スペーシア、ワゴンR、ハスラー、ジムニー
●磐田工場 4/9、4/10、4/17、4/18の操業停止。生産車種:エブリイワゴン、エブリイ、キャリイなど
●相良工場 4/6~17まで交代勤務から1勤へ変更。生産車種はイグニス、スイフト、ソリオ、クロスビーおよびエンジン組み立てなどを行う
●浜松工場(二輪車生産)および湖西工場(船外機) 4/10の操業を停止、それ以外も交代勤務から1勤へ変更
●鋳造部品の製造などを行う大須賀工場 4/10の操業を停止、4/9および4/17は一部操業。4/20以降の工場操業については、状況などを見極めた上であらためて判断

ダイハツ
●滋賀(竜王)第二工場 4/13~21(7稼働日)。他工場は稼働予定。生産車種:ロッキー&ライズ、タント、ムーヴキャンバス

【画像ギャラリー】コロナウイルスの影響で生産休止&調整が行われる車種

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ