【生産、新車、販売に大打撃!】 新型コロナウイルス 自動車メーカーへの影響は?

 2020年4月7日、新型コロナウイルス感染拡大に関する「緊急事態宣言」が安倍晋三首相から発令された。

 すでに自動車業界では、国内および海外の生産工場において、自動車生産の調整または縮小の動きが出ており、コロナウイルスへの影響も出始めている。

 また販売の現場となるディーラーでもモビリティ東京(4/9~4/27、11時~16時。4/28~5/6GW休業)をはじめ、東京日産、ホンダカーズ東京などで時短営業の動きが広がっている。

 そこで、緊急事態宣言が発令された4月7日現在、自動車業界の影響はどうなのか? 今後、自動車業界はどうなっていくのか? 未曾有の危機を脱するのはいつなのか? 元日刊自動車新聞社主筆、現佃モビリティ総研代表、佃義夫氏が解説する。

文/佃モビリティ総研代表・NEXT MOBILITY主筆 佃 義夫
写真/ベストカー編集部 トヨタ スバル マツダ 

【画像ギャラリー】コロナウイルスの影響で生産休止&調整が行われる車種


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ