三菱謹製良質コンパクト! コルトが一代限りとなった理由 【偉大な生産終了車】

 毎年、さまざまな新車が華々しくデビューを飾るその影で、ひっそりと姿を消す車もある。

 時代の先を行き過ぎた車、当初は好調だったものの、市場の変化でユーザーの支持を失った車など、消えゆく車の事情はさまざま。

 しかし、こうした生産終了車の果敢なチャレンジのうえに、現在の成功したモデルの数々があるといっても過言ではありません。

 訳あって生産終了したモデルの数々を振り返る本企画、今回は三菱 コルト(2002-2012)をご紹介します。

【画像ギャラリー】初登場からマイナーチェンジ、そしてラリーアートまで、コルトの変遷をギャラリーでチェック!!!

文:伊達軍曹/写真:MITSUBISHI


■ダイムラー・クライスラーと共同で開発された「まじめ」コンパクトカー

 当時、三菱自動車の筆頭株主だったダイムラー・クライスラーとプラットフォームを共有し、「まじめまじめまじめコルト」というキャッチフレーズで2002年11月に登場。

 だが三菱自動車のリコール隠し問題によるイメージ悪化の影響を受け、ヒット作には至らないまま1代限りで消滅した良質なコンパクトカー。それが、三菱 コルトです。

 デザインは、ダイムラー・クライスラー(当時)のオリビエ・ブーレイが監修した「ワンモーションフォルム」と呼ばれるシンプルな造形。

 同時期のホンダ フィットと似たフォルムでしたが、ボディサイズはフィットより少しだけ大きめです。

2002年登場時のコルト。後に出てくる「ブーレイ顔」とは、三菱のダイムラー・クライスラー傘下入りと同時に三菱のデザイン部門のトップとして赴任したオリビエ・ブーレイによるフロントグリルのことを指す

 基本となるエンジンは最高出力90psの1.3L DOHCと、同98psの1.5L DOHC。

 いずれも連続可変バルブタイミング機構を備えた「MIVEC」です。組み合わされるトランスミッションはCVTで、駆動方式は当初FFのみだったものの、2003年1月には4WDも追加されました。

 こういったハードウェア以上に特徴的だったのは、「CFC(Customer Free Choice)」と呼ばれる受注システムかもしれません。

 これは「スタンダード」という素の状態から、内外装とエンジン、ホイール、シート、オーディオ等々をユーザーが自由に選ぶことができるというもの。

 しかしさすがにこれは「めんどくさい」という見方もありましたので、いくつかの推奨パッケージは当然ながら用意されていました。

 デザインにも走りにも「華」のようなものはなかったコルトでしたが、「まじめまじめまじめコルト」というキャッチフレーズどおりの実直な作りは、当時のジャーナリストや一部ユーザーからはそれなりに高評価されていました。

 そんな三菱 コルトは2004年5月からはEU向け仕様が欧州で発売され、同年10月にはマイナーチェンジを実施。いわゆる「ブーレイ顔」をやめるとともにエンジンをオールアルミ製ユニットに変更し、1.5Lターボエンジンを積む「ラリーアート」も追加しました。

 そして2006年5月には、今なお中古車市場で高い人気を誇っている「コルトラリーアート Version-R」を発売。

コルトラリーアート Version-R(2006年)。「ラリーアート」とは、WRCなどのレース参戦専用車両を開発していた三菱のワークスチューンブランドのことを指す。当時のクラス最強を誇る、最高出力163psを発生する1.5L直4ターボエンジンを搭載

 これは、当時クラス最強となる154psの1.5Lターボに、ゲトラグ製5MTとザックス製クラッチを組み合わせた(※CVTもあり)スポーツバージョンで、ボディの随所にはスポット溶接を増し打ち。さらに内外装にもさまざまな専用品が投入されていました。

 このコルトラリーアート Version-Rは一部自動車ファンの間で人気を集め、その他、通常グレードにもさまざまな改良を順次施していったコルトでしたが、その人気は残念ながら炸裂せず。

 そのため、2012年12月には国内向け仕様の生産が終了となりました。

■キャッチコピーが裏目に? コルトが1代限りとなった理由

 「まじめまじめまじめ」をキャッチフレーズとし、そして実際そのとおりに作られていた三菱 コルトはなぜ、1代限りで生産終了となってしまったのでしょうか?

 その理由は、大きく分けて2つあるでしょう。ひとつは、なんといっても当時の三菱自動車のダーティなイメージです。

2004年、マイナーチェンジ後のコルトのフロントビュー。2004年にダイムラー・クライスラーとの提携が途切れると同時に、ブーレイ氏も三菱を離れることになるが、不評を買った「ブーレイ顔」は、その後の三菱の「負の遺産」となる

 今さら蒸し返すつもりはありませんが、事実として当時の三菱自動車は長きにわたって重要不具合情報を隠蔽し、それが2000年6月に匿名の内部告発でバレるというという事件がありました。

 これに関連して本社などで警察のガサ入れが行われ、社長は辞職し副社長は書類送検。さらに2002年には大型車のホイール脱落事故もありました。

 そんなさなかに「まじめまじめまじめコルト」と言われても、ユーザーとしては「……ホントかよ? イマイチ信じられねえな」と反応してしまうのが人情というものでしょう。

 そしてコルト発売後の2004年にもまたリコール隠しが発覚してしまいましたので、コルトには何の罪もないのですが、この時期にフィットでもヴィッツでもマーチでもなく、わざわざ「三菱のコルト」を買おうとした人は、よほど三菱びいきな人だけだったはずです。

 また、先ほど「コルトには何の罪もないのですが」と言いましたが、それでもやっぱり、コルトも決して「無罪」ではなかったのかもしれません。

 キャッチフレーズどおり、まじめに作られた小型車であることは間違いない三菱 コルトでした。しかし車というのは、「まじめに作られてるから」という理由だけで売れるものでもありません。

 たとえ実用的なFFハッチバックだったとしても、そのなかに「デザイン的な華やかさ」だったり「ちょっとしたカッコよさ」みたいなものが垣間見えたときに初めて、人は「おっ、買ってみようかな?」なんて思うものです。

 その意味でコルトは、エクステリアにも内装にも「華」がありませんでした。

コルトの内装(写真は2004年の4WD追加設定時)。2500mmのホイールベース(前輪と後輪の間隔)によって、車内は広かった

 もちろんこのあたりの評価は人それぞれのセンスによって変わるのでしょうが、極力客観的に見て、コルトのデザインには「思わず人を引きつける何か」が欠けていたと言わざるを得ません。

 実用小型車としての出来は決して悪くなかっただけに、当時の製造元がやらかしたモロモロと、このデザインが、残念でなりません。

■三菱 コルト 主要諸元
・全長×全幅×全高:3870mm×1680mm×1550mm
・ホイールベース:2500mm
・車重:1100kg
・エンジン:直列4気筒DOHC、1343cc
・最高出力:90ps/5600rpm
・最大トルク:12.3kgm/4250rpm
・燃費:―km/L(10・15モード)
・価格:145万5000円(2003年式エレガンスバージョン)

【画像ギャラリー】初登場からマイナーチェンジ、そしてラリーアートまで、コルトの変遷をギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【MX-30今秋国内投入】2024年までの新車スクープ全情報捕捉!!|ベストカー9月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、2021~2024年に登場する国産&輸入車の最新情報をお届け。激動の自動車メーカーの動きがすべて判明!!  そのほか、東京モーターショー2019で初披露されたマツダMX-30の最新情報から、新…

カタログ