シビックよ、どこへゆく? 超名門車が沈んだのはホンダのせいか? それとも?? 

 ホンダシビックが、すっかり不人気車として定着してしまった。

 現行型シビックは2017年9月に日本市場で発売されているが、2019年の月販平均台数は911台/月と3桁に留まっている。2020年1月にマイナーチェンジを実施しているが、変わらず販売は振るわない(2020年1月は329台、2月は784台、3月は738台)。

 しかし30代後半以上の読者諸兄には「シビック」という車名に、ほのかにある種の憧れや爽やかさを感じる方も多いのではないだろうか。

 シビックはかつてホンダの代表的車種として、若者のクルマとして一世を風靡していた時代が確かにあった。

 なぜシビックは不人気車になってしまったのか。その原因はホンダにあるのか、それともユーザー側なのか。自動車ジャーナリストの御堀直嗣氏に分析していただいた。

【画像ギャラリー】ホンダの浮沈をそのまま表す!? 歴代シビックをギャラリーでチェック!!!

文:御堀直嗣/写真:ベストカー編集部


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ