シビックよ、どこへゆく? 超名門車が沈んだのはホンダのせいか? それとも?? 


 ホンダシビックが、すっかり不人気車として定着してしまった。

 現行型シビックは2017年9月に日本市場で発売されているが、2019年の月販平均台数は911台/月と3桁に留まっている。2020年1月にマイナーチェンジを実施しているが、変わらず販売は振るわない(2020年1月は329台、2月は784台、3月は738台)。

 しかし30代後半以上の読者諸兄には「シビック」という車名に、ほのかにある種の憧れや爽やかさを感じる方も多いのではないだろうか。

 シビックはかつてホンダの代表的車種として、若者のクルマとして一世を風靡していた時代が確かにあった。

 なぜシビックは不人気車になってしまったのか。その原因はホンダにあるのか、それともユーザー側なのか。自動車ジャーナリストの御堀直嗣氏に分析していただいた。

【画像ギャラリー】ホンダの浮沈をそのまま表す!? 歴代シビックをギャラリーでチェック!!!

文:御堀直嗣/写真:ベストカー編集部


■華々しく復活も シビックとホンダの現在地

 2017年9月に、現行シビックが国内で発売された。2010年9月の国内での販売を一度終えて以来、7年ぶりのことである。

今年(2020年)1月にマイナーチェンジが施された現行型(10代目)シビック(セダン/ハッチバック)。「タイプR」の登場は今夏を予定している

 ホンダは2012年に、16年には世界で600万台を販売する目標を掲げ、挑んだ。そしてグローバルカーと位置付ける車種と、市場の地域に合わせた車種とに商品群を分け、車種を充実させることをしはじめた。

 グローバルカーは、フィット、シビック、アコード、CR-Vなどで、各地域向けのなか日本市場へは軽自動車のNシリーズがその中心となる。

 Nシリーズの第1弾として2011年にスーパーハイトワゴンのN-BOXが誕生し、以来、ホンダ車の販売を牽引している。

軽自動車の王者となったN-BOX

 グローバルカーの位置づけとなる5ナンバーのフィットも根強い人気で、国内販売の上位に位置してきた。

好調な販売が続くフィット。評価も高い

 またSUV人気を象徴するように、ヴェゼルも手堅い販売台数を残している。

 国内におけるホンダ車の販売は、好調に映る。だが、全体的には小型車や軽自動車が中心で、営業活動に忙殺される日々を送りながら収益率はそれほど上がっていなかったのではないか。

 1990年代以降ホンダを牽引してきたミニバンはSUV人気に押され、なかでも5ナンバーミニバンの代表格であったステップワゴンは、トヨタのノア/ヴォクシーや日産セレナに押され気味だ。

 そうした販売の偏りを打開すべく投入されたのが、現行シビックだろう。

 1972年に誕生したシビックは、1966年に登場したトヨタ・カローラや日産サニーと並び、日本の大衆車として人気を分けてきた。

 サニーは姿を消したが、カローラは変わらず販売の上位に定着し、ハイブリッド車のプリウスやアクアなども誕生するなか、トヨタの代表車種としての地位を保持している。

 昨年(2019年)4月から今年3月までの2019年度一年間の販売台数をみると、一般社団法人日本自動車販売協会連合会の乗用車ブランド通称名別順位によれば、シビックは9116台で50位という成績である。

 一方カローラは、11万4358台を売って1位となった。かつての競合カローラと雲泥の差がついた原因は、どこにあるのだろう。

■「今必要なクルマは何か?」から生まれたシビック

 初代シビックは、1972年(昭和47年)に誕生した。

 その前に、ホンダ1300という初の小型車を1969年にホンダは発売している。日産サニーやトヨタ・カローラの誕生から3年後のことで、同様の3ボックスの4ドアセダンであった。ところが、売れ行きはまったく伸びなかった。

ホンダ1300(1969年)

 当時、シビックの開発を任された技術者たちがまず命じられたのは、三重県の鈴鹿製作所へ行くことだった。そして、ホンダ1300の生産ラインを目の当たりにする。

「生産ラインをポツンポツンとしかH1300が流れていなかった。こんな状態なのかと、愕然としました」と、造形を担当した岩倉信弥は語っている。

 そして、初代シビックのLPL(ラージ・プロジェクト・リーダー=開発責任者)を務めた木澤博司は、このプロジェクトが失敗したらホンダが本格的に4輪事業へ進出するのは難しいかもしれないとの危機感のもと、

「今、ホンダがどういうクルマを創らなければいけないか、純粋にいま必要なクルマとは何か、クルマの絶対値としてそれを見つけ出したかった」

との思いから編み出したのが、2ボックスのFFシビックである。

初代シビック(1973年)

 それに際し、車体の全長×全幅の寸法は5平方メートルに収まる大きさとした。

 理由は、2輪で事業をはじめたホンダの販売店の店先に収まる大きさにしたのである。これを実現したのが、〈マンマキシマム・ユーティリティミニマム〉の思想だ。

 のちに「マンマキシマム・メカミニマム」とのいい方がされるが、要は、人が使う部分は最大に、一方で、クルマを構成する機能部品や効率は最小にという定義である。

次ページは : ■使う人にどれだけ最大の価値を提供できるか?

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ