新規制でマフラー交換ができなくなる!? マフラーの老舗メーカーFUJITSUBOの本気に迫る

 マフラーの交換が今後はできなくなる。昨年からの騒音新規制でそんな話が巷で溢れている。

 そこで今回は日本のマフラー業界をけん引してきたといっても過言ではない藤壺技研工業を取材。

 交換用マフラーのパイオニアの本気と、国土交通省に今後の規制の内容について聞いてみた。最後のページで気になるあのクルマのスポーツマフラーのサウンドも聴けます!!

文:ベストカーWEB編集部/写真:池之平昌信


今後はマフラー交換が許されなくなる!?

 クルマのチューニングが好きな人の最初のステップアップは、きっとマフラー交換だったケースも多いはず。

 NA車ならば甲高いサウンドを楽しむ、ターボ車ならば出力アップを狙う、などさまざまな思いでマフラーを交換する人がいるはずだ。

 そんな交換用マフラーだが、騒音の問題が常に付きまとう。クルマ好きにとっては「サウンド」でも、クルマに関心のない人にとってみたらそれは「騒音」でしかない。

 そんな考えのギャップはたしかにあるのだが、日本には「騒音規制」という法律があり、厳密に音量が規制されている。

 当然ながらその規制のなかでチューニングやカスタムを楽しむのは合法であり、車検などでも問題になることはない。

 しかし、ここにきて「平成28年度新騒音規制は現在マフラーを交換しているクルマにも適用される」という、聞き捨てならないウワサが飛び込んできた。調べてみると多くの媒体でも同様なことが取り上げられているではないか!!

 ベストカーWEB編集部では国土交通省に電話取材。その本当のところを聞いてみた。


BC WEB:平成28年騒音規制について教えてください

国土交通省:新車時の騒音の規制です。これは自動車メーカーが新型車の登録時に行う騒音規制の規定が変わるというものです。平成28年10月1日以降の新型車が対象で輸入車は対象外です。

BC WEB : ということは、平成28年9月末までに生産されたクルマならば、今回の新規制には関係ない?

国土交通省:そういうことになります。今回の規制はあくまでもメーカーの新型車への規制です。

 交換用マフラーに関しては、今後も事前認証などによって規制値を守っていることが証明できれば従来どおり問題なく発売も、交換もできます。

BC WEB:なぜ輸入車は適用外なのですか? いくつかの車種は新車時からかなり音量が大きい気がするのですが、あれはいいんですか?

国土交通省:輸入車に関しては平成34年9月から規制の対象になります。これから法規制へ対応させるための猶予期間となっています。


 ということで、結論からいえばいま現在、アフターパーツメーカーから「車検対応マフラー」として発売されているマフラーに関しては装着になんら問題なし。

 さらに今回の規制の対象となる平成28年10月1日よりも前に生産されたクルマに関しては、そのクルマが新車時に受けている騒音規制が基準となる。

 過去に遡って規制が適用されて、ある日突然自分のクルマのマフラーが違法マフラーになるわけではないから安心してほしい。

新型車への規制だから過去に発売されたクルマへの新規制の適用はない(写真:shutterstock)

交換用マフラーのパイオニアが危惧する内容とは!?

 すっかり安心してしまったようにも思える騒音規制だが、実は危惧すべき内容があるという。

 そう話してくれたのはマフラーのパイオニア、FUJITSUBOブランドでおなじみの藤壺技研工業の研究開発課の長谷川良太さんだ。


BC WEB:危惧すべきことがあるということでしたが?

長谷川氏:そうなんです。それが、国土交通省の文書のなかにある表現です。「純正マフラーを現行のマフラー性能等確認制度等により性能等が確認されたマフラーに交換したものにあっては、当面、絶対値規制を継続することとします」とあるんです。

BC WEB:つまりは”当面の間”は現在の交換用スポーツマフラーは規制の対象外ということですね?

長谷川氏:そうです。”当面の間”がいつなのかはわかりませんが、その時期が終われば新車時の音量を超えることが許されないなど、アフターパーツとしてのマフラー開発は難しくなる可能性はあります。

BC WEB:サウンドのボリュームでは勝負できない!?

長谷川氏:そうですね、音質とか、性能向上で勝負することになります。もちろんこれまでも音量だけに頼らず、さまざまな面でクオリティを追求してきたのですが、正直なところ、規制の着地点がまだ見えない不安がありますね。


 平成28年10月1日以降に生産されたクルマに関しては、車種ごとに異なる「相対規制値」が基準になる。

 つまり純正マフラーの状態で経年劣化などを考慮しても、車種ごとに設定された新車時の許容音量の範囲を超えることはできないのだ。

 しかし現状で交換用マフラーについては従来の「絶対規制値(フロントエンジン車なら96db)」が採用されるから、これまで同様に認証済みマフラーであればなんら問題なし。

 これはあくまで現段階での話で、今後は世界の動きとしては一層の騒音規制強化で開発が厳しくなるとみられている。とはいえ、これまでも難関をクリアしてきたFUJITSUBOだけに心配は不要だろう。

 また業界団体であるJASMA(日本自動車スポーツマフラー協会)も、これまでどおり「性能等確認済み表示」があるマフラーなら交換に問題がないと発表しており、

 法規制に対応したマフラーでカスタムを楽しむことは当面の間は心配なさそうだ。

 FUJITSUBOの公式ページはこちらから。

マフラー開発にも取り組む長谷川氏。新規制の厳しさを語りつつも、
スポーツマフラーの魅力を語る表情は笑顔だ
近接排気騒音検査の様子。車検場で行われるものと同じ試験だ
加速走行騒音試験の様子。50km/hで走行し赤いバーに設置されたマイクで音量を計測する。藤壺技研工業裾野工場内のテストコースは、ISO規格に適合している試験場なので、規制対応のマフラーの認証がとれるのだ 

ちゃっかりマフラー交換インプレッション!?

 せっかくFUJITSUBOまで取材に来たのだから、と担当Sは愛車である”旧型”になりつつあるシビックタイプR(FK2)のマフラーをインプレッションさせてもらうことに。

 さっきからチラチラとFK2が登場しているのはそれが理由だ。日本に正規輸入分で750台しか存在しないクルマのマフラーを作ってくれるなんてありがたいかぎり。

 モデルは「AUTHORIZE RM+c」で価格は32万4000円。ちなみに現在は車検対応マフラーを渇望していた全国のFK2オーナからの発注でで生産が追いつかず、納期が発生している状態とのこと。

 今回は撮影用のサンプル品で撮影をさせてもらった。

 そもそもホンダは新型タイプR用に排気系もこだわり抜いているのだが、純正レイアウトと比較するとFUJITSUBOのマフラーはかなり曲率が抑えられている。

 しかもチタンを採用することでその軽さは純正の9.4kgから5.1kgまで50%ちかくも軽量化。気になるサウンドは近接排気騒音で純正90dbが91dbに。もちろん車検対応マフラー。

 肝心の音質は非常に”ダンディ”。国産最強2LともいえるVTECターボがこんなにいい音出すとは!!

 ホンダはタイプRに関しては最初からFUJITSUBOにマフラー依頼したほうがいいのではないか、と真剣に議論したくなる。

 テールのカーボンカバーもオトナ仕様だし、遮熱効果でバンパーが変色することも防げそう。せっかくのタイプRだからこれくらいの色気がないと!!

 7000rpmまで回るK20Cエンジンだが、このマフラーのおいしいところは3500〜4500rpmあたりの中間域の加速音。

 FK2オーナーにとって目の上のたんこぶであった、ニュルFF最速のライバルであるルノーメガーヌRS トロフィーについていたのが、二輪マフラーメーカーとしても有名な「アクラポビッチ」のチタンマフラー。

 実にイイ音色でジャーナリストの評価も高かったが断言しよう。「FK2+FUJITSUBO」のほうが音質で勝っていると。

 加速感もどことなく軽くエンジンが回るような実感を覚える。エンジンオイルを交換したばかりのような回転の軽さだ。メーカー測定値では約12psのパワーアップだが、個人的な感触としてはもっとパワーアップした気がした。

 どんどん規制が厳しくなるスポーツマフラーではあるが、まだまだ楽しむ余地はある。今後も合法のマフラーでサウンドを楽しもう!!

純正マフラーも効率がよさそうに見えるのだが……
交換後のFUJITSUBOマフラーはテールパイプ付近の効率もよさそう。左右の分岐点を繋ぐように溶接された”FUJITSUBOプレート”は最近の同社のトレンドだ
バンパーからちらっと見えるカーボンテール。色気ムンムン

【FK2シビックタイプR  迫力たっぷりなFUJITSUBOサウンドをご堪能ください】

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ