風水気学指導鑑定士 藤 洸瑛の幸運をゲットする 自慢の愛車でパワースポット巡り! 〜大宮八幡宮編〜

 風水気学指導鑑定士の藤洸瑛(ふじ こうえい)です。

 現在、Yahoo!占いサイトでの鑑定や、カルチャースクールで占い全般について教えています。特に方位についての鑑定依頼が多く、ご自分の凶方位、吉方位を知ることで、幸運を手に入れることができることをお伝えしてきました。

 そこで今回は新型コロナウイルスの影響で生活が一変してしまった皆さんへ、少しでも幸運を引き寄せ、お役に立てればと思い、連載企画を始めさせていただくことになりました。

 私も車が大好きで、前回の車は5年で10万キロ走り、今の車は4年目で9万キロになります。ディーラーさんからは乗り換えを勧められていますが、愛車ですからなかなか手放せませんよね。

 是非、皆様の自慢の愛車とともに、パワースポット巡りをしたいと思っていますので、よろしくお願い申し上げます。

【2回目の記事はこちら!】風水気学指導鑑定士 藤 洸瑛の幸運をゲットする 自慢の愛車でパワースポット巡り! 〜田無神社&井草八幡宮編〜

【画像ギャラリー】いざ、幸運を手に入れる旅へ! 大宮八幡宮巡りをギャラリーでチェック!!

文・写真:藤洸瑛


■まずは吉方位(運気が上がる方角)を確認!

 まずはじめに、みなさんの吉方位の出し方をお伝えします。

 聞いたことがある人もいるかもしれませんが、誕生年によって九つの星(「一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星」)に分けられます。

「2020年の吉方位・凶方位」の表で九星の中であなたの星を確認しましょう。

2020年の吉方位・凶方位の一覧

 ただし、東洋の暦法では、立春を一年の始まりとするため、立春から翌年の節分までを一年とします。そのため、1月1日から節分までに生まれた方は、前年の九星となります。

 自分の住んでいるところから、吉方位の範囲内でパワースポットがあったら是非とも良い日や時間を選んで行ってみてください。

■「東京のへそ」とも呼ばれるパワースポット 大宮八幡宮へ

 第一回目は、新型コロナ感染拡大防止のための「茅の輪くぐり」を設置している、東京都杉並区の大宮八幡宮へのルートと、パワースポット巡りを合わせて紹介します。

 通常「茅の輪くぐり」は夏至の頃行われますが、新型コロナ終息のため、今年に限っては、前倒しで設置している神社が多く見られました。

 大宮八幡宮は、5月1日から「疫病退散」「新型コロナ禍熄滅(かそくめつ)」祈念して、「茅の輪」にあやかり「笹の輪」をくぐり神前へと進むようになっています。境内の笹竹を用いて、笹の輪が奉製されました。

「疫病退散」「新型コロナ禍熄滅(かそくめつ)」祈念の笹の輪

 また、6月30日までは、夏越(なごし)の大祓(おおはらい)である「茅の輪」くぐりも行うことができます。

 大祓は、日本人の伝統的な考え方に基づくもので、常に清らかな気持ちで日々の生活にいそしむよう、自らの心身の穢れ、そのほか、災厄の原因となる諸々の罪・過ちを祓い清めることを目的としています。

 大宮八幡宮では「笹の輪」と「茅の輪」の二つの輪をくぐって、本殿にお参りする事になります。

 日頃の仕事や生活での心身の罪や穢れを祓い清めてください。

「茅の輪」(※)とは、この茅の輪を腰につけた人が疫病から生き残ることができたという『釈日本紀』の「備後風土記」逸文に拠ります。

「茅の輪」

 昔、武塔の神が備後国に旅行の途中、日暮れとなったので「将来」と名乗る兄弟の家に一夜の宿を求められました。

 先ず、裕福な弟の巨旦将来はそれを拒み、兄の蘇民将来は貧しいながらも粟のご飯で歓待しました。

 翌朝、武塔の神は礼を述べて、自らスサノオの神だと名乗り「後の世に疫気あらば、汝、蘇民将来の子孫と云ひて、茅の輪を以ちて腰に着けたる人は免れなむ」と言って立ち去ったといいます。

 その後、この村に疫病が蔓延しましたが、茅の輪をつけた兄蘇民将来とその家族は生き残ることができ、弟将来たちは皆死んでしまったという故事からきています。

■鎮座950年以上 歴史ある八幡宮 都市伝説も!?

 大宮八幡宮は東京の中心にあることから「東京のへそ」とも呼ばれ、パワースポットとして有名です。

 都心の中にありながら、15000坪という広大な緑地と水源に包まれて、950年以上この地に鎮座しています。

広大な緑に囲まれ鎮座する大宮八幡宮。疲れを取るにはもってこいかもしれない

 昭和44年には、境内の北端につづく旧境内の土地から、弥生時代の祭祀遺跡や族長の住居跡が発掘されました。

 勾玉なども発見され、この地は太古からの聖域であったことが判明したのです。北神門(赤門)を出て、善福寺川に沿った北参道で、遺跡を確認することができます。

 また、興味深い話題としては、「小さいおじさんが出る神社」という都市伝説的な話があります。

 その話題もあって若い人たちにはパワースポットと言われているようですね。

「小さいおじさん」とは、身長20センチほどの幸せを運ぶ小さな妖精で、霊感の強い人だけが見ることができるという噂で、最も多くの目撃証言があるのが、この敷地内にある「大宮稲荷神社」なのだそうです。

「小さいおじさん」に逢える!? 大宮稲荷神社

 私は見たことはありませんが、実際に確かめに行くのも良いのではないでしょうか。

■ご神木「共生(ともいき)の木」

 その稲荷神社の前に「共生(ともいき)の木」があります。かやの木に、犬桜(いぬざくら)の木が寄生している大宮八幡宮のご神木です。

 人工的な接木でもなく、古代から武蔵野の社叢の中で、種類の異なる2つの木が1本の幹で結ばれて生き続けているという珍しい木です。

 助け合いながら生き続けている姿は、まさに共生(国際協調、宗教協力、相互扶助、夫婦和合など)を示唆しています。

 そのほかにも、学問の神さまである菅原道真を祀った天満宮や、若宮八幡神社・白幡宮・御嶽榛名神社、御神輿の倉庫、また源義家公お手植えの松の跡など、参拝する社や見どころが境内にはたくさんありました。

 最後に神門を出て、結婚式場清涼殿の入り口の横に「撫でると幸せが返ってくる」という「幸福撫でがえる石」のパワースポットがあるので、その大きな石を撫でてから駐車場に戻りましょう!

 文字通り、幸運が返ってくる事、間違いありません。

パワースポットの「幸福撫でがえる石」

*茅の輪くぐりとは、参道の鳥居などの結界内に、茅(ちがや)という草で編んだ直径数メートルの輪を作り、これをくぐることで心身を清めて災厄を祓い、無病息災を祈願するというもの。日本神話のスサノオノミコトに由来するといわれ、唱え詞を唱えながら8の字に3度くぐり抜ける。茅の輪くぐりは、毎年6月30日に各地の神社で執り行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」で行われる儀式であり、茅の輪くぐりが夏越の祓と同義で呼ばれるほど、日本に定着している風習。

■大宮八幡宮(東京都杉並区大宮2-3-1)

・駐車場:約50台 無料
・アクセス:東京方面からは甲州街道/国道20号 に進み、松原(交差点) を右折して 井の頭通り/都道413号 に入る (永福町 の表示)、西永福(交差点) を右折して 方南通り/都道14号 に入る。永福図書館入口(交差点) を左折する、大宮幼稚園の前をゆっくりと徐行しながら進み、前方右側の駐車場へ入る
・お問い合わせ:03-3311-0105

●藤 洸瑛 プロフィール

 東洋運勢学会常任理事。星順学会会長。NHK文化センター(横浜 、町田、八王子、水戸)。易学、透派奇門遁甲術及び周易遁甲方位術を習得。俳優やタレントをはじめ、多くの企業のトップや住宅関連企業にと引っ張りだこの風水気学指導鑑定士。「わかりやすい」「運気が上がる」と大人気。方位学を得意とし、テレビ、雑誌、大手企業セミナーにて活躍している。

【画像ギャラリー】いざ、幸運を手に入れる旅へ! 大宮八幡宮巡りをギャラリーでチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ