話題のSUV 新型キックスはやや高い? あえて上位グレード導入の「狙い」は


求めやすいエントリーグレードがない弊害は?

 しかし当然、車両価格は、クルマの購入動機に強く紐づいてくる。「S(おそらくシンプル)」や「E(おそらくエコノミー)」が付く、比較的廉価なエントリーグレードは、昔からどのクルマでも設定されている。

 そこには「このクルマには手が届く安いグレードもある」ということを、ユーザーへ認知してもらい、新車購入のハードルをぐっと下げる狙いがある。

 先日登場したハリアーにも、ガソリン2WDの「S」は税込299万円と、とても考えられない低価格で用意されている(カスタム用途や、レンタカー用途など、よほどの事情がない限り、そのまま購入する一般ユーザーは少ないだろうが)。

キックスと同じ6月にデビューした新型ハリアー

 カタログ燃費にしても同じだが、数字が持つ力は強い。数百万円もするクルマで、わずか1万円の違いが、勝敗(成約か否か)を分けることもある。

 新型キックスには、こうした廉価グレードがないことで、どうしても割高に感じてしまったユーザーがいるのは事実だ。

 せめて、税込250万円(※ヴェゼルハイブリッドのエントリーグレード「Hybrid HONDA SENSING」の価格)を切るグレードが用意されていれば、心動かされるユーザーがもっと増えるかもしれない、と、少し残念に思う。

【画像ギャラリー】6月30日に発売開始した日産キックスe-POWERをみる