なぜ軽自動車にはない? ナンバープレートの「封印」にどんな意味があるのか?

 普通車、小型車のフロントのナンバープレートが単純にネジ留めされているのに対して、なぜリアのナンバープレートは封印されているのだろうか? 

 そもそも封印とはリアのナンバープレートを固定するボルト上に被せるアルミ製のキャップ状のもので、取り付け位置は車両後部のナンバープレートの左側と定められている。

 クルマがナンバープレートを発行する運輸支局によって正式に登録され、しかるべき検査を受けた後、ナンバープレートを取得したという最終的な証しとなる。

 また、大きさこそ違うが同じクルマなのになぜ軽自動車にナンバープレートの封印はないのだろうか? 

 知っているようで知らない、ナンバープレートの「封印」を改めて解説していきたい。

文/岩尾信哉
写真/ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】こんなに違いがある!「世界のナンバープレート」を写真で見る!


ナンバープレートの封印は法律義務

弊社社有車のナンバープレートの左上にあるのが封印。封印はアルミ製で東京なら「東」、大阪なら「大」といったように、封印の表面には地方運輸局に属する各運輸支局の刻印が入っている

 車両後部側のナンバープレートを固定するボルト(左上に装着)に被せるように取り付けられた、アルミ製の留め具(キャップ状のカバー)である封印をしっかりと見ることは意外に少ないかもしれないが、登録自動車(普通/小型自動車。軽自動車、大型自動車を除く)のナンバープレートの取り外しを防止するために、取り付けが法律で義務付けられている。

 合わせて、車両の盗難防止と登録番号確認、あるいは盗難車の確認などに利用するという警察の事情があることは言うまでもない。

 封印は対象となる車両が運輸支局で正式に登録・検査を受け、ナンバープレートが交付された際に、車台番号、自動車検査証、ナンバープレートの3点を確認したうえで、それらが同一であることが確認されたことを証明するものだ。

 封印の表面には東京都なら「東」、大阪府なら「大」、神奈川県なら「神」などと、車検証に登録されている住所を管轄する地方運輸局の刻印が入っている。

移転登録などの手続きにしたがってナンバープレートを取り外す時は運輸支局の敷地内に限り、所有者が自ら取り外すことができる。ただし取り付けはできず、執行官が車検証と車体番号、ナンバープレートを照合したうえで封印をする。
春日部ナンバーの封印には埼玉県の埼が刻まれている

 では、どうして日本では封印が施されることになったのか。ナンバープレートの法律上の機能と役割から順に辿ってみよう。

 道路運送車両法第11条の規定では、登録自動車に関しては、登録済みであることを明らかにするためにナンバープレートに封印を取り付けないと公道を走行できないことになっている。

 また道路運送車両法の施行規則第8条により、取り付けは運輸支局または封印受託者(国土交通大臣から封印の取り付け委託を受けた者)が行うとされ、封印は整備を実施するなどの理由がなければ取り外してはならないことが、道路運送車両法第11条第5項で定められている。

 注意すべきは、ナンバープレートの封印を自分で取り外した場合は以下の罰則に問われることだ。

・違反点数/2点、罰則/6ヵ月以下の懲役又は30万円以下の罰金

弊社社有車ハスラーのリアのナンバープレート。ビス留めでフロントのナンバープレートとほぼ同じ

 対して、軽自動車のナンバープレートに封印を備える義務がないことには、多少の違和感を覚える。

 登録自動車のナンバープレートである「自動車登録番号標」に対して、軽自動車用は「車両番号標」と呼ばれ、軽自動車のナンバープレートの封印義務は法律で規定されていない。

 自動車(正確には登録車両)が日本人にとって「資産」であり「動産」と捉えられているようになっているからだ。

 すなわち、封印の役割として、財産としての登録車の所有権を確定するという側面から所有者を証明する必要があり、ナンバープレートが容易に取り外しできないように封印が施されるわけだ。

 いっぽう、軽自動車は登録制ではなく届出制となっており、普通/小型車のように登録された資産として扱われていないために、ナンバープレートの封印が行われていないということになる。

 このような取り扱いの違いから、日本人の自動車の所有に対する感覚がどのようなものなのかが浮かび上がってくる。

封印を紛失・破損した場合の再発行の方法

もしナンバープレートの封印が破損してしまったらどうすればいいのか?

 ところで自動車のナンバープレートの封印は法律上義務なので、もしナンバープレートの封印がない、あるいは破損している場合はそのままでは公道を走らせることができないので再封印する必要がある。

 ナンバープレートを再交付する場合、「盗難・紛失」による場合と「破損・汚損」による場合で手続き方法が異なり、ナンバープレートを返納できるかどうかで差が出てくる。

 紛失や盗難にあった場合はそのナンバープレートを返納することができ、「番号変更」という手続きを取ることになる。

 事故などによる「破損」や汚れがひどい「汚損」による再交付の場合は、同じ番号で再交付することができる。ただし、文字の判別が不可能でそのナンバーを正確に読めない場合は「番号変更」となる。

 再封印の手続きは運輸支局、自動車検査登録事務所で実施できる。車検証の住所を管轄する運輸支局以外でも可能だが、封印本体は車検証の住所を管轄する運輸支局の刻印が入ったものが使われる。

再封印の手続きの流れは…

1/再封印申請書を運輸支局の販売所もしくは国土交通省のウェブサイトからダウンロードして用意する
2/再封印申請書を作成し受付に提出し、経由印が押された申請書を受け取る
3/ナンバープレート交付窓口に「申請書」「車検証」を提出する
4/封印の台座を購入する
5/封印取付場所に車両と封印の台座を持ちこみ、係員に封印を施してもらう

※国土交通省ウェブサイトはこちら

 ナンバープレートの再封印に必要な書類は、再封印申請書、車検証、印鑑(認印可)の3点を用意する。

 代理人が再封印の手続きを行う場合でも基本的に委任状は不要とのこと。再封印の手続きは各運輸支局によって若干の違いがある場合もあるため、代理人が手続きを行う場合は事前に確認してほしい。

 再封印の費用はビスと封印の台座購入代のみなので200円以内で収まるようだ。

 ただし、一定期間有効な仮ナンバーを取得して公道を走らせて移動させる、あるいはキャリアカー(トランスポーター)に乗せて運ぶにはそれなりの費用がかかるのでチェックしておきたい。

軽自動車にも封印をするべき?

軽自動車のナンバープレートも封印するべきか?

 このように、封印については、普通/小型車と軽自動車で法律的に取り扱いが異なる。

 普通/小型車は車両情報と所有者情報を運輸支局へ「登録する」ことに比べて、軽自動車のナンバープレートを発行するには軽自動車検査協会へ「届出」をするだけで、封印の有無だけでなく、手続きの工程も軽自動車のほうが簡略化されている。

 軽自動車の規格が生まれたのは1949(昭和24)年というから、第二次世界大戦後の日本はまだ復興途上。

 高嶺の花だった自動車を個人で購入・所有することは遙か遠い夢に近く、頑張って働けばようやく購入できる「軽便な」クルマとして扱われていた経緯がある。

 封印には国が自動車の所有者を証明する役割もあり、先に触れたように登録車が財産(動産)と考えられるからだが、軽自動車は登録車に比べて規格によって大きさが小型に設定され、車両価格が抑えられていることもあって、国としては「財産」としてではなく、あくまで道具に近い感覚で捉え続けている証左といえるだろう。

世界のナンバープレートに封印はあるか?

ドイツのナンバープレート。サイズは横52cm、縦11cm。Euroのマークがあるこのナンバープレートは、EU圏内及びスイスにおいて利用可能なことを示している。「D」は車両の所在地がドイツ(Deutschland)を示している

 最後にナンバープレートの封印を採用している国は日本以外にあるのか、念のため国土交通省に問い合わせてみると「データはありません」とのこと。

 いろいろ調べたが、どうやら日本独自の施策といえるようだ(専用のネジ留めが用意されている国はあるようだが)。

 ナンバープレートの扱いについても、日本が特別(特殊?)のようで、たとえば米国では所有車の売却など登録が終了すれば、自分で外して処分あるいは保管してよいで、図柄などから蒐集の対象にもなっているのだから、取り扱いのスタンスがまったく異なる。

 文化の違いといっては身も蓋もないとはいえ、封印が軽自動車に施されない件もそうだが、どこか古めかしい“儀礼的な”雰囲気を感じてしまうのは筆者だけだろうか。

【画像ギャラリー】こんなに違いがある!「世界のナンバープレート」を写真で見る!