いざ勝負!! 満を持しての新型車に勝機はあるか!?? 新型キックスの長所と短所

 2020年6月、発売開始となった、日産のコンパクトSUV「新型キックス」。経営不振に苦しむ日産の期待を一身に背負った新型SUVだけに、その仕上がりは、気になるところだ。

 そして、この新型キックスが属する「国産コンパクトSUV」ジャンルは、いま国内で、最も熱いジャンル。日本市場では、コンパクトSUVは乱立状態にあり、そしてどのクルマも商品力が高い。

 果たして、後追いとなる日産キックスに勝算はあるのだろうか。ライバル車と魅力を比較しつつ、考察していく。

文:吉川賢一/写真:NISSAN、TOYOTA、HONDA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】日産の救世主となるか!? 新型キックスの全貌を写真でチェック!


車両価格の高さは販売のネックに

 新型キックスは、「X(2,759,900円)」と「Xツートーンインテリアエディション(2,869,900円)」の2グレードでの展開だ。パワートレインは1.2リッター3気筒ガソリンエンジンを発電機としたモーター駆動のe-POWERのみで、ガソリン仕様はない。

グレードは、「X(2,759,900円)」と「Xツートーンインテリアエディション(2,869,900円)」、装備内容を考えればリーズナブルにも思えるが、それでも高いという方が多いだろう

 ボディサイズで見たとき、新型キックスとガチンコライバルとなる国産SUVは、ホンダヴェゼルとトヨタC-HR。この2台には、ガソリンエンジン仕様も用意されている。

 ヴェゼルのガソリン仕様は1.5リッターi-VTEC(131ps/15.8kgfm)で価格は211万円~、そしてC-HRのガソリン仕様は1.2リッターターボ(116ps/18.9kgfm)で価格は236万円~といった具合だ。

キックス、ヴェゼル、C-HRは、ハイブリッドに関しては好ライバルとして戦うことになる

 車両価格が安いガソリン仕様がないことは、今回の新型キックスの弱点のひとつだ。e-POWERは新型キックスのウリではあるが、e-POWERを求める顧客ばかりではない。新型キックスのデザインが気に入って買ってくれる顧客にとっては、e-POWERのパフォーマンスや燃費がどれほど良くても、30~40万ほど高い、となると、それだけで候補から外れてしまう。

 電動車の比率を上げる、という自社が掲げた目標を達成するためなのであろうが、ベースグレードが不在、というのはいささか不安ではある。

 しかし、新型キックスは、特段高いわけではなく、ヴェゼルのハイブリッド仕様は250万円~、そしてC-HRのハイブリッド仕様は273万円~。こうしてハイブリッド同士で比べれば、キックスの276万円~という車両価格は妥当といえる。

3台のパフォーマンスの違い

 新型キックスとヴェゼル、そしてCH-Rは、3台とも、ACC(アダプティブクルーズコントロール)やレーンキープアシストといった先進運転支援や、緊急ブレーキや踏み間違い誤発信抑制装置などの先進安全技術は、標準装備となり、当たり前装備のスペックの差はほとんどない。

 走行性能に関して、比較をしていこう。C-HRは、ステアリングフィールに優れたクルマだ。低めに構えたドライビングポジションもあって、ロールやピッチといったボディモーションが小さく感じられ、SUVというよりもコンパクトスポーツを運転しているかのようなフィーリングだ。

C-HRの魅力はSUVとは思えないほどの走りの良さにある

 唯一、リアサスがFF仕様でもマルチリンクサスペンションを標準装備(キックスとヴェゼルはビーム式)しており、リアの踏ん張り(追従性)と乗り心地の高いポテンシャルが確保されている。
 
 ヴェゼルは元気に良く走る印象だ。特に、1.5LのVTECターボを搭載したツーリンググレードは、ホンダのエンジンの楽しさを、大いに感じられるモデルだ。上級モデルにはVGR(可変ステアリングギアレシオ)も標準搭載となり、きびきびとしたハンドリングが楽しめる。ロードノイズも小さくおさえられており、ベーシックなFF SUVの見本のような一台だ。

リーズナブルだがしっかりとした足回りで、よく走るヴェゼル

 ちなみに、後席シートの背もたれを倒したときの荷室の広さは、ヴェゼルが最も広い。後席シートの座面が後席の足元へ沈み込むように格納されるため、荷室の床は低い位置でフラットになる。ここはヴェゼルだけがもつ魅力だ。

 新型キックスに関しては、じっくり試乗させていただく機会がまだないので、ハンドリングや乗り心地、音振性能、などに関しては、別途報告とさせていただくが、駆動用モーターの最高出力129ps、最大トルク26.5kgfmと、ノートe-POWER(109ps、25.9kgm)に対して、+20ps/+0.6kgfmほどパワーアップしたパワートレインは、新型キックスの強力な武器だ。

 ノートのe-POWERの加速の良さを体感されている方ならお分かりいただけるであろうが、e-POWERの低速でのパワフルさは実に頼もしい。

キックスのe-POWERシステムは、ノートに対してパワーアップをしている

 キックスの車重は1350kg、ノート(1220kg)よりも130kgほど重量は増えてはいるが、モーター回転数500rpmから3008rpmで発生する26.5kgfmの最大トルクによって、電動車ならではの「胸のすくような加速」を味わうことができるだろう。

 また、マイチェン前と比べて、シャープになったVモーショングリルなどのフロントマスクやテールランプ、ボディ全体から漂う、「塊感」のあるSUVデザインは、キックスのキャラクターによく似合っている。

「絶対的な強さ」は感じられない

 キックスが想定しておかないとならないのは、ヴェゼルにしてもC-HRにしても、今後新型が登場となるわけで、ライバルは、現行型だけではない、ということだ。いまキックスがそうであるように、相手は、最新のパワートレイン、最新のシャシー、そして最新のデザインで登場してくる。

日本向けキックスがあと何年販売されるかはわからないが、数年以内にC-HRやヴェゼル、ほかの新型SUVを迎え撃つだけの体力があるのかは注目だ

 そうした相手に対して、キックスだけの魅力が、パワーアップしたe-POWERのみでは、少々心許ない。デザインはあっという間に古くなる。そして、現状キックスには、C-HRやヴェゼルにはある4WDモデルがない。コンパクトとはいえ、SUVに4WDモデルがない、というのには少々がっかりした。

 日産としては、今後登場するノートやエクストレイルで、そのあたりを補填する計画かもしれないが、キックスだけをみたとき、絶対的な強さはさほど感じられなかったというのが、正直なところだ。

【画像ギャラリー】日産の救世主となるか!? 新型キックスの全貌を写真でチェック!

最新号

ベストカー最新号

【ここまでわかった!】新型WRX S4&STI 強烈進化|ベストカー8月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型WRX STI&S4の最新情報をお届け。  そのほか、世界初公開した日産アリア、タフト、ハスラー、ルーテシアなど注目車種の情報から、歴代殿堂入りモデルを決める特集や、2020真夏の初試乗祭り…

カタログ