いよいよ新型登場!! 次期エクストレイルは仇敵RAV4&ハリアーにどう立ち向かうのか

 新型ローグの姿が世界初公開となったのは2020年7月。このモデルが次期型エクストレイルになることは間違いない。

 エクストレイルは初代型が2000年に登場して以降、これまで3世代に渡って、日本のミドルクラスSUV界を牽引してきた、日産のミドルクラスSUVだ。

 しかし、天敵「トヨタハリアー」が、この6月にモデルチェンジを行い、さらに、トヨタが誇るもう一つの看板SUV「RAV4」もプラグインハイブリッドモデル「RAV4 PHV」を発表、こちらも国内受注を一時的に停止しているほどの大人気モデルとなっている。

 その影響をうけ、モデル末期のエクストレイルは大きく失速し、販売台数が激減してしまっている状況だ。

 エクストレイルは、2021年にも登場するとされている次期型によって、このトヨタ2枚看板SUVに太刀打ちすることはできるだろうか。熾烈極める国内SUV頂上決戦の行方を、新型ローグで明らかになった情報をもとに次期型エクストレイルの姿を想像し、考察してみようと思う。

文:吉川賢一/写真:NISSAN、TOYOTA

【画像ギャラリー】国産ミドルクラスSUVの先駆車! 日産エクストレイルの歴代モデルを写真で振り返る


「ボディサイズ」と「価格」がウケた、現行エクストレイル

 日産によると、エクストレイルのウリは、「インテリジェント4×4が実現する圧倒的な走破性」、「プロパイロットをはじめとする未体験の先進技術」、「先進のシャシー制御が実現する、意のままの走り」だそうだ。

 確かにそうした性能は素晴らしいものではあるのだが、これらの技術は、いまやSUVとしての当たり前性能であり、昨今発売されるクルマには、同カテゴリであれば、似たような技術が織り込まれている。したがって、これだけでエクストレイルが選ばれているとは言い切れない。

 現行エクストレイルは、2018年の国内4WD SUV販売台数1位を獲得している。このように支持された理由は、「ボディサイズ」と「価格」にある、と筆者は分析している。

4WDの走行性能の高さは当然のこと、それらを低コストで提供できていたエクストレイル

 エクストレイルは、競合するライバル車たちの中で、最も長くて、最も幅が狭く、最も全高が高く、そして安い(※ガソリン「S」は248万2700円、ハイブリッド「S」は288万円と驚異的に安い)。

 つまり、SUVの大切な積載性を、リーズナブルに提供していた、という特徴を持っているのだ。

 もちろん、現実的には300万円を超えるモデルが売れ筋となっていたのだが、車種選択の中で販売店を訪れて、エクストレイルを見た時に、多くの荷物を載せられて、エントリー価格が競合と比べて安いとなれば、必然的に顧客の頭にはエクストレイルが残っていたのであろう。

従来型に対して全長が42ミリも短くなったローグ 
だがライバルのRAV4やCR-Vよりは約40ミリも長い

 今回、新型ローグでは、従来型と比べて、全長は42ミリ短く、全幅は19ミリ広く、全高は8ミリほど下がった。モデルチェンジをするたびに、拡大を進めるクルマが多い中で、全長をこれほど短くしたのは珍しい。

これまでの長細いボディのエクストレイルと比べて、リア周りが四角くなった印象の新型ローグ

 その分、従来型の魅力であった荷室の広さが犠牲にならなければいいが、それでも、RAV4に比べれば90ミリも長いため、余裕代はあるように感じる。

次期型はe-POWERとPHEVで!

 新型ローグで現時点明らかになっているのは、改良された2.5Lのガソリンエンジンの存在のみ。その他の情報は明らかとなっていない。筆者は、日本市場向けのエクストレイルには、「新型のe-POWER」と「プラグインハイブリッド」のみのラインナップとなるのではないか、と予想している。

 キックスが日本販売仕様をすべてe-POWERにしたように、エクストレイルも、ガソリン仕様は用意されずに、ベースグレードはe-POWER、そしてハイエンドグレードにはプラグインハイブリッドを、という予測だ。

日本登場のキックスは全車e-POWERによる電動車となった

 「キックス」を出したことで、安めのSUVを望む方にはキックスをお勧めするという戦略がとれるようになった。SUVラインアップに穴がなくなったのは、国内の日産販売店にとっては朗報ではないだろうか。

 また、三菱との協業を活用したプラグインハイブリッドでは、先日登場したRAV4PHVの「バッテリー総電力量18.1kWh、EV走行距離は95km」という性能を上回ることができれば、RAV4PHVの怒涛の勢いを断ち切ることは十分に可能だ。

世界一売れているプラグインハイブリッドSUVのアウトランダーPHEV

インテリアは原点回帰を!

 そして、日産の万年課題であるインテリアは、ぜひとも一新していただきたい。

 ライバルRAV4のインテリアは、先進的な装備と内装のカラーなど、ブラック処理されたSUVとはまた違う「センスの良いSUV」を感じられるものだ。ハリアーに関しては、日本人好みの上質でカッコいい、シャープなデザインを採用している。

 日産のインテリアデザインも、この方向に舵を切ることは当然できるのだろうが、決してこの2台を目指してはならない、と筆者は考える。

 筆者は、エクストレイルのインテリアは「エクストレイルらしさ」に回帰した方が良いのではないかと考える。それは、初代や2代目のエクストレイルにあった「外遊びで汚しても気にならない(すぐに掃除できる)」というような、使い勝手の良いデザインだ。

 濡れてもすぐに乾くシートや、運転席で着替えるときにポップアップするステアリングホイールなど、クルマを道具として、汚れを気にせずに使えたのは、エクストレイルの魅力のひとつであったはずだ。

従来の日産デザインの延長線から脱却し、「汚してもよいインテリア」のようなアイディアも欲しい

二兎を追ってはならない!

 ハリアーとRAV4が、国内で想像以上に人気となったからといって、エクストレイルが、この2台になろうとしてはならない。次期型エクストレイルが、この2台よりも素晴らしいクルマとなったとしても、ブランドの強さ、顧客の属性、トヨタの販売体系など、土台が違う部分の影響は無視ができない。

 クルマの購入動機は「性能の良さ」や「デザインの良さ」だけではない。情緒的な価値と紐づくと、人間は動かされやすい。つまり、過去の顧客がエクストレイルを選んで正解だったと感じた「理由」を突き詰める必要がある。

 新型ローグが発表された、ということは、エクストレイルもすでに次期型がほぼ完成していて、いまは、小さな不具合箇所を洗い出し、初期不良が出ないよう細心の注意を払いながら、クルマを仕上げている段階だ。

タフなSUVならではの魅力を持たせるため、フロアマットなどを洗えるような「汚してもよいインテリアパッケージ」といった新たな提案があると嬉しい

 「なぜエクストレイルを選んだのか?」「エクストレイルの存在価値とは?」。このあたりから振り返りをしたうえで、具現化をしていった結果が、「新型ローグ」だと願っている。

【画像ギャラリー】国産ミドルクラスSUVの先駆車! 日産エクストレイルの歴代モデルを写真で振り返る

最新号

ベストカー最新号

【ここまでわかった!】新型WRX S4&STI 強烈進化|ベストカー8月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型WRX STI&S4の最新情報をお届け。  そのほか、世界初公開した日産アリア、タフト、ハスラー、ルーテシアなど注目車種の情報から、歴代殿堂入りモデルを決める特集や、2020真夏の初試乗祭り…

カタログ