ギャップこそが最大の魅力!! 羊の皮をかぶった狼的スポーツモデル歴代ベスト10

 これまで登場してきたクルマたちを振り返ると、見た目は普通なベース車然としているのに、中身と走りは過激または快速仕様というモデルが生み出されている。

 今回は自他ともに認める本格的なスポーツカーではなく、羊の皮をかぶった狼的な並々ならぬ走りへのこだわりを見せたスポーツモデルのなかから、超個性的なモデル10台を選出し、ランキングした!

 日本だからこそ生まれた、ギャップに惚れるクルマたちをご覧いただきたい。

※本稿は2020年7月のものです
文:片岡英明
写真:NISSAN、HONDA、TOYOTA、SUBARU、MAZDA、ISUZU、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年8月10日号

【画像ギャラリー】まだまだあった! クルマ通のアナタにこそ知ってほしい 意外&硬派なスポーツモデル7選


■見た目はフツーで走れば快速!! そのギャップこそが最大の魅力

さりげない外観で高性能なスポーツモデルを表す「羊の皮を被った狼」という言葉は第2回日本グランプリで活躍した「スカイラインGT」、のちのGT-Bから使われた。この手のクルマの代表に挙げられるのがR33型GT-Rのメカニズムをワゴンボディに押し込んだ日産「ステージア」の「オーテックバージョン260RS」だ。

2.6Lの直列6気筒DOHCツインターボはパワフルで、その気になれば600psまでパワーアップすることも難しくない。4輪マルチリンクに電動スーパーHICAS、そして電子制御トルクスプリット4WDだから路面にかかわらず速い走りを見せつける。

【1位】日産 ステージア オーテックバージョン260RS(1997年)。オーテックジャパンが手掛けた特別仕様車。エンジンはR33GT-Rが積むRB26DETTで出力は当然280ps。ミッションは5速MTが組み合わされた。踏みごたえのあるクラッチも頼もしい硬派な一台

1995年にホンダは刺激的な走りの高性能セダンを「インテグラ」に加えた。「タイプR」だ。徹底的にチューンした1.8LのDOHC・VTECエンジンを積み、ボディやサスペンションも強化している。驚くほどクイックで、正確なハンドリングに魅せられた。

【2位】ホンダ 初代インテグラタイプR 4ドアハードトップ(1995年)。ピストンやカムシャフト、吸排気系の変更などで1.8ℓの自然吸気ながら200psを発生する直4エンンジを搭載。まるでバイクのようなカン高いエキゾーストノートも魅力的

ニシボリックサスペンションで異次元のコーナリングを見せた、いすゞ「最終型ジェミニ」の「イルムシャーR」もパンチの効いた走りを楽しめる。ラリーでの勝利を目的に、日産「8代目ブルーバード」に設定された「SSS-R」も操る楽しさに満ちた高性能セダンだった。

【3位】いすゞ 3代目ジェミニ イルムシャーR(1990年)。180psを発生する、1.6L直4ターボを搭載するフルタイム4WDマシン。写真はセダンだが1991年にはクーペとハッチバックにも同エンジン搭載モデルが用意された
【4位】三菱 ランサーエボリューションワゴン(2005年)。エボIXの時に設定されたモデル。強力エンジン搭載に伴いボディも強化

スバル「レガシィ」を越えようと意気込んだのか、2000年以降はワゴンのホットモデルが多い。トヨタはFRの「アルテッツァジータ」に6速MTを設定したし、「カルディナ」には「セリカGT-FOUR」のメカニズムを移植し、痛快で吸い付くような走りを見せている。

【5位】トヨタ 3代目カルディナGT-FOUR(2002年)。搭載する2Lの直4ターボは260psを発生。ニュルでも速かったとか
【6位】スバル 3代目レガシィワゴンGT-B(1998年)。5速MTと4速ATを設定。MTは280psだが、ATは260psだった
【7位】日産 8代目ブルーバードSSS-R(1987年)。185psを発生する1.8Lの直4ターボを搭載。開発はオーテックが担当した

ワゴンといえば、三菱「ランサーエボリューション」ベースのワゴンも俊足だった。ミニバンではターボで武装した「MPV 23T」が鋭い走りを見せた。

【8位】日産 R33スカイラインGT-R オーテックバージョン 40th ANNIVERSARY(1997年)。プレス型を作り直してクーペのリアブリスターフェンダーを再現したこだわりの4ドアGT-R
【9位】マツダ 3代目MPV 23T(2006年)。時代を先取りした2.3L、直4直噴ターボ搭載(245ps)。ミッションは6速ATを採用した
【10位】トヨタ アルテッツァジータ AS200 6MT(2001年)。2Lの直6を搭載。6速MTモデルは前期型のみに設定

【画像ギャラリー】まだまだあった! クルマ通のアナタにこそ知ってほしい 意外&硬派なスポーツモデル7選

最新号

ベストカー最新号

【ここまでわかった!】新型WRX S4&STI 強烈進化|ベストカー8月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型WRX STI&S4の最新情報をお届け。  そのほか、世界初公開した日産アリア、タフト、ハスラー、ルーテシアなど注目車種の情報から、歴代殿堂入りモデルを決める特集や、2020真夏の初試乗祭り…

カタログ