登場から53年! 名車だがなぜ今なのか!? トヨタが2000GTの補給部品復刻のナゾ

 2019年5月のGRスープラ記者発表会で、70スープラ、A80スープラの部品復刻・再販売を発表したTOYOTA GAZOO Racingだが、今度は「トヨタ2000GT」の補給部品復刻を国内・海外で行うと正式発表し、ファンを驚かせた。

1967年に発売から53年が経ったトヨタ2000GTの部品を、なぜ今になって復刻しようと考えたのか? トヨタ2000GTについて振り返りつつ、なぜ今復刻という決断をしたのか? TOYOTA GAZOO Racingの狙いを考察する。

文/片岡英明
写真/TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】メーカー直系のヘリテージプログラムがある日本の名車たちを紹介!!


■当時の傑出したテクノロジーを集約した名車「トヨタ2000GT」

 トヨタのレーシング部門を担っているTOYOTA GAZOO Racingが、2020年7月6日に発信したプレスリリースには驚かされた。

 その概要は「GRヘリテージパーツプロジェクト」として、往年の名車で、モータースポーツの世界でも活躍した「トヨタ2000GT」の補給パーツを復刻し、国内だけでなく外国向けにも再販売するというものだ。

 ご存じのようにトヨタ2000GTは、トヨタのワークスチームを率いてレース活動を行っていた河野二郎氏が、少数の優秀なエンジニアとドライバーを選び、ヤマハ発動機をパートナーに選んで開発した日本で初めての本格的なグランツーリスモである。1964年から開発に着手し、1967年5月に発売を開始した。

トヨタ2000GTは、1965年に開催された東京モーターショーで初公開され、その約1年半後の1967年5月に市販が開始された。デビュー時の価格は238万円。これは当時のクラウン2台分といわれる高額車だった

 メカニズムは、当時の日本車としては傑出したもので、レーシングカーに迫る高い実力を秘めている。初代のロータス・エランと同じ軽量で高強度のX型バックボーンフレームを採用し、サスペンションは4輪ともダブルウイッシュボーン/コイルスプリングの4輪独立懸架、ブレーキは日本初の4輪ディスクだ。

 パワーユニットは1988ccの3M型直列6気筒DOHCで、3基のソレックス40PHHキャブレターを装着して2Lエンジンとしては世界トップレベルの実力を誇った。

3M型直列6気筒DOHCエンジン。排気量:1988cc、最高出力:150ps/6600rpm、最大トルク:18.0kgm/5000rpm。当時としては並外れた高性能エンジンだった

 ロングノーズ&ショートデッキの流麗なクーペデザインは、登場から50年以上になる今でも色褪せない魅力を放っている。ノーズ先端に日本車として初めてリトラクタブル・ヘッドライトを組み込み、全高はレーシングカーのように低い。

 インテリアも贅を尽くした造りだ。日本楽器が厳選した高価なウッドパネルを採用し、バケットシートやストップウォッチ付きの時計などを装備した。5速MTが基本だが、1969年8月にマイナーチェンジした後期モデルには「トヨグライド」と呼ぶ3速ATも用意されている。

■337台しか生産されなかった名作 その維持には多大な苦労がある

 トヨタとヤマハの叡智を結集した不朽の名作がトヨタ2000GTだ。今もトヨタのイメージリーダーであり、これを超えるクルマは存在しない。イベントに出品すると黒山の人だかりができ、覗き込む人が多いなど、オーラを放っている。あの漂う色香と強い存在感は、現代のスポーツカーにはないものだ。

 1967年から1970年までの3年間で、トータルの生産台数は337台と言われている。走行可能なトヨタ2000GTは100台ほどしかない希少車で、海外でも人気が高い。だから中古車価格はウナギのぼりだ。

 オークションで1億円をつけたこともある。が、手作りに近いスポーツカーだったし、こんなに長く乗り続けるとはメーカーは考えていなかった。当然、オーナーは整備のための補給パーツの少なさに泣かされている。

 トヨタ2000GTに限らず、最近はクラシックカーに興味を持つ人が少なくない。コロナ禍の影響で20年のクラシックカーイベントは大幅に減少した。だが、2019年までは全国各地でクラシックカーのイベントが数多く開催され、そのほとんどが盛況だったのである。

337台しか販売されなかったトヨタ2000GTだが、いまだに多くの車両が、オーナーの愛を受けて残っている

 クラシックカーに惹かれるのは、現代のクルマにはないメカニカルな味わいと郷愁を誘うからだ。ブームと言ってもいいだろう。世界をあげてクラシックカーが持てはやされ、販売価格も高騰している。

 当然、オーナーは動態保存しようと努めるが、古い愛車を整備できる人は少ない。また、購入した販売ディーラーに整備を依頼しようと思っていても、ボディやエンジンなどのパーツは底をついている。

 中古車で手に入れても、公道を走れるように仕上げるのは至難の技だ。そこで30年、40年前のクラシックカーをレストア(走らせられるようにボディやメカニズムを修復)する専門のプロショップが増えてきた。

■各メーカーが続々打ち出したヘリテージプログラム

 が、レストアと公道復帰を阻む壁となっているのは、パーツの供給体制の不備だ。自動車メーカーは生産終了から10年ほどの期間は補給するパーツを用意している。しかし、20年以上前のクルマになると、残存台数が激減するから多くの需要は期待できない。だから多くの自動車メーカーは長期在庫になるのを嫌い、パーツの製造をやめてしまう。

 だが、TOYOTA GAZOO Racingはトヨタ2000GTの補給パーツを復刻させ、純正部品として販売する英断を下している。

 現存する台数は少ないから、商売として考えると旨味は少ないはずだ。それでもパーツを復刻しようと考えたのは、トヨタ2000GTがトヨタにとって大切なヘリテージカーであり、数多くの栄光と伝説を持つからである。また、技術の伝承という面もあるだろう。成熟したクルマ社会になったが、20世紀のクルマ文化を振り返ることによって見えてくるものもある。

 クラシックカーを礼賛し、20世紀のクルマ文化を見直そうとするのは、世の流れでもあるのだ。欧米の自動車メーカーは自動車博物館の建設に積極的だし、レストア部門を充実させるメーカーも少なくない。

 日本でもマツダが2017年12月に、初代のNA型ロードスターのレストア事業に乗り出した。基本メニュー、オプションメニューのほか、フルレストアも行うなど、本気の取り組みだ。

マツダ「ロードスター(NA型)」のレストアは、基本メニューが250万円で、内装からエンジン、シャシーまでリフレッシュするフルコースだと500万円近くになる。流通している台数も多く、ファンからの反響は大きいようだ

 また、日産も2019年に子会社のNISMOから「NISMOヘリテージパーツ」の再販売が発表されている。その第一弾はBNR32型スカイラインGT-Rのパーツだった。また、2020年春にはBNR32型に加え、BCNR33型とBNR34型スカイラインGT-Rにも使えるパーツも追加している。

 TOYOTA GAZOO Racingも、GRスープラを記者発表した2019年5月にA70型と後継のA80型スープラのパーツ復刻と再販売を発表した。世の流れはメーカーに大きな貢献を果たしたヘリテージカーのパーツの復刻と再販売になっているのである。

A70スープラは、プロペラシャフト、ドアハンドル、フューエルセンダーゲージ、ウェザーストリップ、フロントエンブレム。A80スープラ(写真)は、ヘッドランプ、ドアハンドル、ブレーキブースターが復刻されている

■貴重なクルマ文化遺産を残すためにも期待したいさらなる拡大

 トヨタ2000GTの復刻パーツを予定しているのは、5速MTのトランスミッション関係のギアやベアリングキットなどの部品と、ディファレンシャル関係のファイナルギアとリングギアセットボルトだ。

トランスミッション関係は、ギヤ、シンクロハブ・スリーブ、ガスケット・オイルシールキット、ベアリングキット、スナップリングキット、スラストワッシャー、シフトフォークを復刻
デファレンシャル関係は、ファイナルギヤキット、リングギヤセットボルトを復刻

 2020年8月から準備が整ったパーツからウェブサイトに公開し、再販売を開始するという。これが第一弾で、希望があれば復刻パーツは増えていくだろう。転売を防止するためにトヨタ2000GTのオーナーだけしか買うことができない。これもいいことだと思う。

 トヨタに限らず自動車メーカーは、徐々にではあるが、製造廃止となったパーツの復刻に力を入れるようになってきた。メカニズム関係だけでなく外装や内装パーツも復刻し、再販売としてくくれば、さらに美しいクラシックカーが増えていくはずだ。貴重なクルマ文化遺産を残すためにも今後の展開に期待したい。

【画像ギャラリー】メーカー直系のヘリテージプログラムがある日本の名車たちを紹介!!