今も昔も良きお手本!? 「ゴルフを越えた」最新国産車はあるのか


インプレッサスポーツ VS ゴルフ

インプレッサスポーツ(2019年改良)

 インプレッサは今後スバルにおけるメインプラットフォームとなる「スバルグローバルプラットフォーム(SGP)」を採用している。Bピラーにハイテン鋼を採用するなど衝突安全面で高い成果を上げている。

 アイサイトによるADAS(先進運転支援システム)機能面ではミリ波レーダーを使わずコスト面と性能面の両方でゴルフを凌駕する。

 また、エンジン縦置きのシンメトリカルAWDにより、FFベースのゴルフに比べるとイニシャルで4輪への静止状態での荷重配分が理想的。これはハンドリング面で圧倒的優位だ。

エンジン縦置きするシンメトリカルAWD イメージ画像

 また、インプレッサはどのモデルもリアサスペンションはダブルウィッシュボーン式。ただし、乗り心地は応答性を最重視するスバルのハンドリング嗜好により硬い。ここはゴルフに軍配だ。

 インテリアもやはりまだゴルフだ。パワーソースのバリエーションも企業力の差がハッキリ現われゴルフだろう。

 しかし、価格面でインプレッサは1.6L 4WDモデルが約222万円と安い。安全に移動するというクルマ本来の目的を考えればインプレッサはゴルフを越えている。

シビックハッチバック VS ゴルフ

シビックハッチバック(2020年1月マイナーチェンジ)

 最後にシビックハッチバックだ。最近のホンダの販売政策により1グレードのみのラインナップでFFの1.5LターボエンジンにCVTか6MTのチョイス。

 電子制御ダンパーは採用しないが乗り心地は非常に良く、室内の静粛性も高い。このあたりは明らかにゴルフに優る。

 ADAS(先進運転支援システム)面でもホンダセンシングを装備。ゴルフもセーフティーパッケージをオプション設定すれば似たような価格帯に納まるだろう。

ゴルフに勝る室内の静寂性とホンダセンシングを装備

 パワー面でいうとさすがにエンジンのホンダ! この1.5Lエンジンは極低速域からトルクがあり、CVTのコントロールも含めてスムーズ。

 ゴルフが採用するDSGは渋滞などの極低速発進の繰り返しでは若干粗雑なクラッチ制御を感じる。

 コロナの影響で最近ではグッと渋滞も減っているので、トランスミッション勝負は互角になりつつあるが。結論からいうと、価格は同じだが装備面でシビックは優っているといえるのだ。

◆  ◆  ◆

 さて、これまでゴルフの総合力に対して高い評価をしてきたのだが、書き終えて思うのは「なーんだ日本車ってこんなにすごいじゃないか!」ということ。
冷静に考えるとこんなに日本車はゴルフを越えている。

【画像ギャラリー】日本未発売のVW 8代目ゴルフ(欧州モデル)をみる

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

徹底分析 ノートが「1クラス上」は本当か?  キッカケは、とある編集部員の「ノートは同じクラスと比べちゃいけないね、1クラス上みたいだよ」というひと言です。これってどんな誉め言葉よりも、ノートに乗ってみたいと思わせるフレーズだと思いませんか…

カタログ