『エンジン車よりつまらない』が定説 EVの走りは楽しいのか?

ハイブリッド車が爆発的な人気を得てからも、やっぱり「ガソリンエンジン車に比べて、EVやハイブリッドって走りがつまらないよね」という見方が根強く残っている。そんななかドイツは2030年までに、フランスでは2040年までに内燃機関の販売を禁止する方針を決定。存在感が高まっていくEVは車好きにとってつまらない存在なのか? 自身もアウトランダーPHEVを所有し、日産リーフでラリーに出場するなどEVに造詣が深い国沢光宏氏は2つの魅力をあげる。

文:国沢光宏/写真:編集部

ベストカー2017年9月26日号


モーターが持つガソリンエンジンにはない2つの魅力

考えてみたら最近“モーターもの”ばかり乗っている。毎日の相棒はアウトランダーPHEVだし、私にとってのスポーツカーがMIRAI。そしてリーフのラリー車まであります。

2040年を先取りしている……? なぜこんな状況かといえば、話は簡単。初代プリウスでモーターの面白さに目覚めたからにほかならない。2つの点で「こらすげぇや!」だった。

まず「スムーズさ」。昔から理想のエンジンの形容詞に「電気モーターのような……」というフレーズがある。

プリウスに乗ってアクセル踏むと、本物のモーター。こんな高級なパワーユニットはなし。ただ、プリウスの場合、少し走るとエンジンかかってガックリします。

そして、「アクセルレスポンスのよさ」にもハマりましたね。アクセル踏むや瞬時に反応する。そらそうだ。電気のレスポンスたるや地球を7回り半する秒速30万㎞。アクセル踏むと空気量増え、それに見合ったガソリン吹いてパワー出すピストンエンジンと根本的に違う。

モーターの楽しさと可能性にハマってプリウスを4台乗り継いだほど。そこに登場してきたのがEVのリーフだった。もはやプリウスの課題をすべて吹き飛ばしてくれたのである。

いつまで経ってもヤボなエンジンがかからず、アクセルレスポンスのよさだってプリウスを相手にしない。即座に購入したのは言うまでもなかろう。EV、そもそも楽しいし速いし気持ちいい、というのが私の基本的なスタンスです。

航続距離など課題もあるものの、リーフのレスポンスとシームレスな加速感はエンジン車にはない美点。発表された新型にも注目が集まる

競技の世界で実感したEVの面白さ

モーターへの期待はとまらず、ついにリーフをラリー車に仕立て、全日本ラリーに出てしまったほど。さすがにキツい登りは動力性能で厳しく(ライバルと出力同等で500㎏程度重い)、長い競技区間だと電気足りず満足にアクセル踏めないなど厳しい戦いになったものの、足回りの改良を進め低重心のメリットを引き出し、充電タイミングを工夫したりすることで最終戦はクラス優勝できた。

狭い林道のアクセルレンポンス&楽しさときたら、もはやガソリン車じゃ味わえないほど。

加速&パワーも強力。EVのポテンシャルは高い

となればWRCだとばかり夢を抱いたが、残念ながらEVだと航続距離がかぎられる。そこでMIRAIを国際競技規格に沿った強度持つフル溶接ロールケージ組んだラリー車に仕立てたところ「WRCドイツの前走車をやらないか?」というウソのような話がきて、1番車スタートの栄誉!

ここでもすべてのSSで存分にモーターの楽しさを堪能。MIRAI、180km/h出るため、冷却対策さえ行えば高い車速域の連続走行もイケます。

今シーズンはテスラモデルSで全日本EV選手権に出場している。モデルSの場合、アクセルレスポンスだけでなく絶対的なパワーも強力だ。トラクションコントロールや横滑り制御をカットできず、コーナリング中も立ち上がり加速中もパワー制御かかりまくるというノーマルの状態のままでも筑波サーキットを1分10秒で走る。制御をカットし、足回りを煮詰めていけば1分2~3秒程度のポテンシャルを持っていると思う。

EV、やはり楽しいし速いし気持ちいいです。

高速周回路を走るテスラモデルSとポルシェ911 GT3。ベストカーのテストでは、0-400m加速でテスラが11秒341、ポルシェが11秒282と肉薄。EVの性能は一級スポーツカーに並ぶレベルにまで進化している

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】トヨタ直6モデル増殖計画|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! ついに公式発表されたマツダの直列6気筒エンジンが、トヨタ車にも搭載されるとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、2019年5月にデビューしたスープラ&マツダ3のデザイン…

カタログ