まだ売るの?? レクサス最小車「CT」 9年目の改良で浮上した存亡の行方

 レクサスがブランド最小ハッチバックの「CT」を一部改良。同モデルは2011年に発売されており、9年目を迎えて異例の改良となった。

 レクサスCTの2019年販売台数は2344台と、セールス面でも厳しい状況となっているが、果たして次期モデルは存在するのか、まだ確定的な情報はないものの、今後については、いくつかの“シナリオ”があるようだ。

 以下、遠藤徹氏が解説する。

文:遠藤徹
写真:LEXUS

【画像ギャラリー】300万円台のCTから1000万円超のLSまで! 価格順でみるレクサス総勢10車種の全ラインナップ!!


「9年目の改良」からにじむ意図とCTの現状

レクサス CT200hの一部改良モデル。パーキングサポートブレーキを全車標準設定
し、ボディカラーも写真の「テレーンカーキマイカメタリック」など新たに3色設定

 トヨタのプレミアムブランドであるレクサスのコンパクトハッチバック「CT200h」が8月20日に一部改良し、受注活動を開始した。

 今回は安全対策強化が中心で、これまでメーカーオプションだった「レクサスセーフティシステムプラス」のオートマチックハイビームを標準化するなど、安全対策を強化している。

 ただ、コンパクトSUVの「UX200、UX250h」は、さらに進化した「プリクラッシュセーフティ」、「レーントレーシングアシスト」、「アダクティブハイビームシステム」、「パノラミックビューモニター」などをオプションないしは標準装備しており、CT200hの安全対策での出遅れ感は否めない。

 現行CT200hの発売は2011年1月12日で、すでに9年8か月が経過している。プラットフォーム&基本コンポーネントはプリウスの前モデルと共用している。こちらは2015年12月9日にフルモデルチェンジし、現行モデルに引き継いでいるが、CT200hはまだ世代交代していない。

 モデルを一新しないとUXのような「レクサスセーフティセンスプラス」の進化バージョンであるデバイスの装備は難しいとの事情があり、今回のような中途半端ともいえる一部改良&安全対策強化にとどめざるを得なかったようだ。

モデルチェンジならUXベース? 次期型を巡る3つの説

写真はレクサス UX200h。プリウスをベースとしたトヨタのC-HRとプラットフォームを共用し、手頃なサイズ感で人気もまずまず。次期CTにクロスオーバー仕様などあれば案外売れ筋となるかも?

 次期型はどうなるのか。現時点ではさまざまな憶測が流れている。

「現行UXをベースにしたハイブリッド専用のコンパクトハッチバックとして2022年前半に世代交代する」、「現行モデルのまましばらく販売を継続した後、モデル廃止とする」、「まったく異なる次世代モデルを開発する」などの諸説である。

 最も有力なのは、UXベースのハイブリッド専用の5ドアハッチバックモデルに引き継ぐことである。

 UXハイブリッドは、新開発の2Lエンジンとニッケル水素バッテリーを組み合わせてパワーユニットを仕立てているわけだが、次世代CTは従来の1.8Lから、2Lに排気量を拡大し、新開発のコンパクト&高効率のリチウムイオンバッテリーでパワーユニットを仕立てる。

 2Lであるから名称は「CT200h」から「CT250h」に変更することになる。プラットフォームは、次世代レクサスのクルマ作りを志向した「LNGAプラス」に基づく世代交代となる。駆動方式とトランスミッションは引き続き2WD、4WDにCVTとの組み合わせとなる。CT200hは2WDのみだが、後継モデルは4WDもラインナップする。

 プリウスは国産を代表する最高の低燃費と走りのポテンシャルの高さの両立を追求し、スタイリッシュな空力ボディでまとめているが、レクサスCT200hの次期型はプレミアムな「ハイクオリティ&スポーティコンパクトハッチバック」のコンセプトとなるはずだから、燃費よりも走りに振ったクルマづくりを志向することになりそうだ。

一方でモデル廃止説も

写真は2017年マイナーチェンジモデル。スピンドルグリルを採り入れるなど発売から地道な改良を続けるが、なかなかセールスには結びつかない

 世代交代せず、モデル廃止とする見方は、現行モデルがあまりにも販売不振であり、フルモデルチェンジしても人気復活が難しいとの判断があるためだ。

 プリウスをベースに足回りを強化、ハイクオリティなスポーツ志向の5ドアハッチバックレイアウトにしているが、価格設定が高いうえに値引きゼロを堅持して売る方針は変えていない。その割に手放す際のリセールバリューも低いので、マーケットニーズが低いのが現状である。

 まったく異なる次世代モデルは選ぶコンセプトが限られてくる。SUVはUXが存在するのでチョイスできない。セダンはマーケットニーズが限定されるので無理である。

 あとはミニバンや2ドアクーペしかない。ミニバンは基本的には設定しない方針を明らかにしているので、こうなるとスポーツクーペだが、5ドアハッチバックよりもさらにマーケットは限定されることになるだろう。とするとやはり従来の5ドアハッチバックが最も可能性があるという結論になる。

販売現場は「可能な限り早く世代交代を」期待

CT200h Fスポーツ。適度なサイズのハッチバックなだけに、スポーツモデルとしての資質も充分。次期型があるならば、そうした展開にも期待したい

【証言:首都圏レクサス店営業担当者】

 今回のような小規模な安全強化策のような一部改良ではCT200hの人気回復は難しいと見ている。

 メーカー筋からは今後1~2年でCT200hがフルモデルチェンジするという情報はまだほとんど流れていない。

 ただ、確かなマーケットニーズは存在するのだから、可能な限り早くフルモデルチェンジし世代交代してほしいところだ。今回のような一部改良での安全対策では人気回復は難しい。UX並みに進化した安全デバイスを採用しないとユーザーは納得しないと予想している。

 次期型は、UXベースの5ドアハッチバックとして仕立てられるだろう。ベンツやBMWのライバルモデルと対抗させ、勝つにはハイブリッドだけでなくガソリンNAの搭載モデルの設定も希望したい。

 本来であれば5ドアハッチバック、SUV、セダンの3分野のラインナップを揃えないと充分とはいえない。ハイブリッドの1.8Lは次期型では2Lに拡大し、より高性能&低燃費の両立を目指したパワーユニットになるに違いない。

 ただ、ハイブリッド車は燃費よりも走りのポテンシャルアップをめざした制御になり、足回りも一段と強化している可能性がある。

【画像ギャラリー】300万円台のCTから1000万円超のLSまで! 価格順でみるレクサス総勢10車種の全ラインナップ!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ