スイフトスポーツ対GRヤリス 国産コンパクトスポーツ頂上決戦


■下克上なるか!? 唯一無二のスイフトスポーツとの勝負の行方は

 一方、従来から人気の高いコンパクトなハッチバックスポーツには、スズキ「スイフトスポーツ」がある。

 スイフトスポーツは、全幅が1735mmにワイド化されるものの、ボディの基本部分はベース車のスイフトを踏襲する。エンジンは1.4L直列4気筒ターボで、最高出力は140ps(5500rpm)、最大トルクは23.4kgm(2500~3500rpm)だ。1.2Lを搭載するノーマルタイプのスイフト(91ps/12kgm)に比べるとパワフルだが、GRヤリスRZ/RC(272ps/37.7kgm)と比較すれば大人しい。

新車価格は、スイフトスポーツの標準グレード(受注生産)は、6速MTが187万4400円、6速ATが194万5900円。受注生産でないモデルでも、201万7400~214万1700円となっている

 車両重量の差も大きい。GRヤリスRZは動力性能の高いターボを搭載する4WDとあって、車両重量は1280kgだ。性能を考えれば軽いが1300kg近い。スイフトスポーツは6速MTなら970kgに収まる。エンジン性能と車両重量を見ても、GRヤリスRZは高性能モデルで、スイフトスポーツは軽快な運転感覚を追求している。

 そしてスイフトスポーツの価格は、6速MTが201万7400円、6速ATは208万8900円だ。GRヤリスRZの396万円とは2倍近い開きがある。

 つまり両車とも全長が4m前後のコンパクトカーをベースにした高性能モデルだが、動力性能を含めた車両の性格と価格は大幅に異なる。GRヤリスRZの性能は、先ごろ販売を中断したシビックタイプR(320ps/40.8kgm)に近い。シビックタイプRの価格は、販売終了間際で458万3700円であった。

2017年7月27日発表、9月29日に発売された従来型シビックタイプR。新型は2020年10月に日本でも発売予定となっている

 ちなみにシビックタイプRは前輪駆動の2WDだが、価格はGRヤリスRZよりも約62万円高い。それでもボディサイズ、居住空間の広さ、エンジン排気量、動力性能の違いなどを考えると吊り合いは取れる。シビックタイプRは運転感覚が重厚で乗り心地は意外に快適だから、GRヤリスに独特の軽快感が伴うものの、シビックタイプRが割安とも受け取られる。

 GRヤリスRZとスイフトスポーツの比較に話を戻すと、安全装備にも差がある。スイフトスポーツは、衝突被害軽減ブレーキのデュアルセンサーブレーキサポート、車間距離を自動制御できるアダプティブクルーズコントロールなどを前述の価格で標準装着した。

 GRヤリスRZでは、衝突被害軽減ブレーキと運転支援機能がメーカーオプションだ。後方の並走車両を検知して知らせるブラインドスポットモニター、後退時の安全を確保するリヤクロストラフィックアラートなども含めて、オプション価格は24万9700円になる。そこに諸費用も加えたGRヤリスRZの現金購入予算は約443万円だ。

スイフト/スイフトスポーツは、デュアルセンサーブレーキサポート(単眼カメラ+レーザーレーダー)を搭載。2020年5月の一部改良では後退時ブレーキサポートなども標準装備(MT車をのぞく)

 スイフトスポーツ(6速MT)の購入予算は、オプションのカーナビや全方位モニターなどのセットオプション、諸費用も加えて約240万円。GRヤリスRZに比べて約200万円安く、性能と価格が大幅に異なる。

 スイフトスポーツは、コロナ禍の影響を受ける前の2019年に、1カ月平均で935台を登録した。この販売実績は、スイフト全体の34%に相当する。GRヤリスがこの販売規模に到達するのは困難だろう。販売面においては、スイフトスポーツの牙城が崩されることはない。

 特にコンパクトカーをベースにしたスポーツモデルの魅力は、価格が求めやすいのに、吹き上がりのいいエンジンと軽いボディの組み合わせにより、曲がりくねった峠道では上級スポーツカーよりも速く走れることだ。下克上的な快感が伴い、その条件には控え目な動力性能と割安な価格がある。スポーツハッチの王道は、GRヤリスRZよりも、スイフトスポーツといえるだろう。

 GRヤリスで大穴的な魅力を感じるのは、1.5Lエンジンを搭載するRSだ。現状ではベース車のヤリスと同じエンジンにCVTを組み合わせるが、高回転指向にチューニングされた吹き上がりのいい1.6L自然吸気エンジンに、クロスレシオの6速MTを与えたら、相当に楽しいクルマになりそうだ。価格は295万円くらいに抑える。

 ヤリスは素性の優れたクルマだから、ヤリスクロスなども含めて、さまざまな発展が考えられる。スポーツモデルにも、高性能なターボと吹き上がりの鋭い自然吸気という選択肢があったら楽しい。ドライビングのスタイルに応じて、最適なパワートレーンを選択できる。

【画像ギャラリー】ついに登場したホットハッチ「GRヤリス」の各グレードと詳細をチェック!!

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ