ベンツ、日産より優秀? スバル アイサイトは世界一なのか

ベンツ、日産より優秀? スバル アイサイトは世界一なのか

 近年、急速に進化している緊急自動ブレーキや追従型クルーズコントロール。その技術のパイオニアと呼べる存在が、スバルのアイサイトだ。2017年に、アイサイトは「ツーリングアシスト」へと進化を遂げ、全車速で従来のアクセル・ブレーキ制御に加え、ハンドル制御もおこなうようになった。今、このシステムで世界一の性能を誇るのは? ベンツ、ボルボ、日産、レクサスのシステムと、“2つの能力”をもとに比較した。

文:国沢光宏/写真:SUBARU
ベストカー2017年11月10日号『スバルの躍進の光と闇』


運転アシストで重要とされる“能力”は2つある。『意識を失った時のカバー』と、『レーンキープ』だ。1つずつ紹介していこう。

意識喪失時のカバー能力はナンバー1か

WRX S4とレヴォーグに先行搭載されたアイサイト ツーリングアシストの機能イメージ

まず事故に直結する「意識を失った」ケース。心臓や脳の疾病による意識喪失や、居眠り運転の際、車両が独自で安全確保できる能力を持たせてやれば、大きな事故を防ぐことが可能。実際、このタイプの事故は最後まで残るといわれてます。

具体的に書くと、ハンドルもアクセルもブレーキも制御しない状況において、車がどんなカバーをしてくれるかということになる。

残念ながらアイサイト・ツーリングアシストは、15秒経過するとレーンキープがカットされ、そのままどこかに巡航速度で衝突する。今のところ何の対応もできない。もちろん、やろうと思えば制御できるのだろうけれど、そこまで踏み出す気力なかった?

日産とボルボもレーンキープ機能はカットされまったく対応できず、巡航速度で衝突する。ベンツ Eクラスと新型レクサス LSはどうかといえば、ドライバーが運転しなくなった場合、やがて警告が出る。それでも意識を失っていたら、同じ車線をキープして徐々にスピードダウン。ベンツはノロノロ走行となる(そこからどうなるか不明。ベンツジャパンに聞いても知らない)。

新型LSはハザード出して自動停止し、自動でレクサスコールに繋がり「どうしましたか?」とセンターがドライバーに問いかける。意識がなければ救急車と警察に連絡してくれるという。

ということで意識失っても事故にならないという圧倒的な1位は新型レクサスLS。僅差の2位がベンツEクラス。それ以外の3社の自動運転機能は横並びと言ってよかろう。

ドライバーが操作不能になった際、アイサイトにはない自動でのスローダウン、停止という機能を持つレクサスLS

ハンドルアシスト機能はナンバー1か

 2つ目は「連続ステアリングアシスト機能」。渋滞などで時間制限なく継続してレーンキープしてくれたら、限定的ながら「自動運転」である。

 これまたアイサイト・ツーリングアシストは、その気になればできるだろうに、踏み出せなかった。全速度域で警告出ると10秒後に機能カット。新型レクサスはレーンキープするも速度落ちてしまうため、やはり使えない。

 ということで使えるのは「渋滞時に限り車速10km/hまで」ながら日産と、ベンツEクラスとボルボの「渋滞時に限り車速50km/h程度まで連続してレーンキープ」となる。

 日産は事実上使えないものの、ベンツEクラスと新世代ボルボだと「すばらしい!」と感心します。休日のノロノロ渋滞など、ほとんど連続してブレーキもアクセルもハンドルも触れないまま安全に走ってくれる。

渋滞時の車線キープにおいて世界トップクラスの性能を持つベンツEクラス
【表】各メーカー、レーンキープシステムの機能一覧

◆  ◆  ◆


 このように、『意識を失った時のカバー性能』と『ハンドルアシスト』という2つの機能では、それぞれレクサスLS、ベンツ・ボルボがアイサイトを上回るというのが国沢氏の評価だ。ただ、これらの機能はメーカーとしての考え方にも左右され、必ずしも「技術的にできるからやる」というわけではない。コストパフォーマンスを含めれば、スバルのアイサイトは依然、世界トップクラスだが、今後より各社の競争は激化しそうだ。