実力&価格のバランスはピカイチ! 中古車市場で現行型ステップワゴンが旬!!

 ホンダ「オデッセイ」「CR-V」に続くクリエイティブ・ムーバー第3弾として、2Lクラスミニバンの「ステップワゴン」は1996年5月に登場した。

 ステップワゴンが革新的だったのは、現在ミニバンのなかで最も激戦区となっているクラスにおいて、商用車がベースで運転席下にエンジンを搭載し、FR駆動のセミキャブオーバーが主流だった時代に、いち早く乗用車と同じFFの駆動方式を採用し、低床で広い室内空間を実現したことだ。

 また、3列シート仕様だけでなく、広いラゲージスペースを確保した2列シート仕様を設定し、商用車として使用できるアイデアも採用されていた。

 現在2Lクラスミニバンはトヨタ「ヴォクシー/ノア/エスクァイア」3兄弟と日産「セレナ」が市場で大きなシェアを占めており、ステップワゴンは後塵を拝している。しかし、こういうモデルほど中古車はバリュー感が高くなるのだ。そこで今回は、現行型ステップワゴンの最新中古車事情を紹介する。

文/萩原文博
写真/HONDA、編集部

【画像ギャラリー】ファミリーユースにピッタリの使いやすさ! 現行型ステップワゴンを詳しくチェック!!


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ