現行型ステップワゴンが中古車市場で旬!! 実力&価格のバランスはピカイチ!

現行型ステップワゴンが中古車市場で旬!! 実力&価格のバランスはピカイチ!

 ホンダ「オデッセイ」「CR-V」に続くクリエイティブ・ムーバー第3弾として、2Lクラスミニバンの「ステップワゴン」は1996年5月に登場した。

 ステップワゴンが革新的だったのは、現在ミニバンのなかで最も激戦区となっているクラスにおいて、商用車がベースで運転席下にエンジンを搭載し、FR駆動のセミキャブオーバーが主流だった時代に、いち早く乗用車と同じFFの駆動方式を採用し、低床で広い室内空間を実現したことだ。

 また、3列シート仕様だけでなく、広いラゲージスペースを確保した2列シート仕様を設定し、商用車として使用できるアイデアも採用されていた。

 現在2Lクラスミニバンはトヨタ「ヴォクシー/ノア/エスクァイア」3兄弟と日産「セレナ」が市場で大きなシェアを占めており、ステップワゴンは後塵を拝している。しかし、こういうモデルほど中古車はバリュー感が高くなるのだ。そこで今回は、現行型ステップワゴンの最新中古車事情を紹介する。

文/萩原文博
写真/HONDA、編集部

【画像ギャラリー】ファミリーユースにピッタリの使いやすさ! 現行型ステップワゴンを詳しくチェック!!


■装備充実で わくわくゲートも採用したホンダの意欲作

 5代目となる現行型ステップワゴンは2015年4月より販売開始した。標準車のステップワゴンそしてエアロパーツを装着した「ステップワゴン スパーダ」というモデル体系は、先代と同じだ。

「ほかのミニバンはフロントマスクが派手だから、ステップワゴンは個性を追求した」と開発者が語る現行型ステップワゴン(標準車)

 ワンモーションフォルムと言えるエクステリアデザインを採用し、縦開きのリアゲートに床下収納が可能なサードシートへのアクセスが可能な横開き式のサブドアを採用した「わくわくゲート」を採用。この重量のあるテールゲートを採用したことで、リアの開口部の剛性を向上させている。その結果、クラストップレベルの走行性能を実現したのが特徴だ。

こちらが「わくわくゲート」。2020年1月の一部改良でわくわくゲート無しのグレードも設定された

 搭載されているパワートレーンはデビュー当初、最高出力150ps、最大トルク203Nm(20.7kgm)を発生する1.5L直列4気筒ターボ+CVTのみだったが、2017年9月に行われたマイナーチェンジの際に、スパーダにのみ「スポーツハイブリッドi-MMD」と呼ばれる2Lガソリンエンジンと駆動・発電用2つのモーターを組み合わせたハイブリッドシステム搭載車を追加している。

 一方、安全装備はホンダ独自の運転支援システム「ホンダセンシング」をデビュー当初は全車にオプション設定となっていたが、2016年5月の一部改良で、「B」を除くグレードに標準装備化。続く2017年9月に行われたマイナーチェンジで、歩行者事故低減ステアリング、さらにハイブリッド車にはアダプティブクルーズコントロール機能に0km/hから作動する渋滞追従機能を追加し、全モデルに標準装備となった。

 2020年にはハイブリッド車を「e:HEV(イーエイチイーブイ)という名称に変更。その際に、エントリーグレードの「B・ホンダセンシング」と「スパーダハイブリッド B ホンダセンシング」が廃止されている。

2016年にカタログモデルとして追加された「モデューロX」は、ミニバンでもナンバーワンのハンドリングと評価が高い
2016年にカタログモデルとして追加された「モデューロX」は、ミニバンでもナンバーワンのハンドリングと評価が高い

 加えて、ステップワゴンにはファクトリーブランドであるホンダアクセスが手がけたカスタムカー「モデューロX」が設定されている。空力性能を向上したエアロパーツと専用チューンを施したサスペンションによってミニバンとは思えない旋回性能や優れた乗り心地を実現しているのが特徴だ。それでは、現在の現行型ステップワゴンの中古車相場を見てみよう。

次ページは : ■ホンダセンシング搭載車がオススメ! 今が狙い時

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!