新型キックスの苦しい事情 受注好調だが…8月販売台数1178台と伸びず

 一般社団法人 日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している販売台数ランキングで、日産「キックス」が伸び悩んでいる。

 登場月となる2020年6月は1836台で27位だったが、7月は50位以下でランク外、8月は1178台で38位と、日産の意気込みと販売が一致していない。

 輸入車で、さらにコロナ禍で思うように生産が進んでいないのかもしれないが、日産にとっては大誤算ともいえる状況なのではないだろうか。なにより、受注は好調だったのにもかかわらず台数が入ってこないというのは、ディーラーとしてもほかのメーカーに新規顧客を奪われる可能性があり死活問題なのではないだろうか。

 現在の納期状況と、ディーラーに寄せられる声、この状況をディーラーマンはどう捉えているのか? について現場を取材した。

文/遠藤徹
写真/編集部、SUBARU

【画像ギャラリー】納期遅れはあれど受注は好調 日産「キックス」の詳細をチェック!!


■海外生産などの複数要因が重なって発生した納期遅れ

 日産が2020年6月24日に発表、同月30日に発売開始した新型コンパクトSUV「キックス」の納車遅れが話題になっている。9月下旬現在までで推定1万5000台以上と好調な受注累計になっているが、実際の販売実績にあたる登録台数は月間1000台そこそこにとどまっているのである。

 9月22日現在の納期は、モノトーンで2021年1月上旬、2トーンは2月と4カ月以上の待ちとなっている。

日本ではすでに生産中止となっているジュークの後継モデルとして投入された「キックス」

 要因はいろいろある。組み立てているのがタイの生産工場であるから、船積みしてから海上輸送するまでの時間がかかる、コロナ禍でサプライヤーからの部品供給が遅れ、スムーズな供給ができない、現地との連絡がスムーズに行かず、装備品やボディカラーとのマッチングがうまくいっていない、などである。

 今回はパワーユニットの「e-POWER」については日本から送り現地で組み付けている。バックオーダーが多数になれば、こちらの輸出態勢にも支障が生じることになる。

 ラインオフし船積みし、海上輸送する訳だが、タイからは約1カ月かかる。天候が悪ければ改善するまで待つケースも発生するはずである。往復するたびに積載物資の輸送効率をよくするために、ほかの荷物を行き帰りに積載するので、それにタイミングを合わせる作業も余計に手間がかかることになる。

2020年6月は1836台、7月は456台、8月は1178台となっているキックスの販売台数。納期遅れの影響が出ている

 国内工場で生産すれば、バックオーダーなしなら1カ月以内にユーザーのもとに届けられるのが一般的である。キックスの場合は、国内に持ち込んでから関税手続きや完成検査を受けるので、これもプラスの手間になる。

 最初からタイではなく国内で生産すれば、こうした問題は生じなかったはずである。キックスは以前からタイで生産し、現地での販売や輸出をスタートさせていたので、効率がよかったといった事情があるようだ。為替レートが円高で、勝つ人件費が安いので現地の方が低コストで生産できるといったことも勘案しているようだ。

 コロナ禍の影響でサプライヤーからのパーツがスムーズに供給されないようになったのは、日産にとっては不幸であった。当初は5月中旬の発表、発売を予定していたようだが、これが1カ月あまり遅れたのもコロナ禍が足かせになったと見られている。

 今後はどうするか。「多少時間をかけて供給態勢の改善を検討するが、コロナ禍があるので年内いっぱいはこの状態が続かざるを得ないかも知れない」(首都圏日産店営業担当者)とコメントする。

 問題はライバル他社の動きである。トヨタは8月31日に新型コンパクトSUV「ヤリスクロス」を発表、9月1日から発売開始した。スバルは9月17日に「XV」を改良、マツダは「新型MX-30」を10月中にも発売、ホンダも2021年早々にも「ヴェゼル」をフルモデルチェンジする方向で開発を進めている。

 キックスの納期があまり先延ばしになるようだと、キャンセルし、これらライバルの新型車に鞍替えするユーザーが出てくる可能性もありそうだ。

キックスの最大のライバルといえるトヨタが送り出した新型SUV「ヤリスクロス」。アクティブで洗練されたバランスのいいプロポーションを追求している
2020年9月4日、4年目の大がかりなマイナーチェンジで最新型となるE型の「XV」が発表された。新たにe-BOXER搭載車も設定された

■購入検討時に気になる価格はどうなっているのか?

 首都圏にある日産店でキックスの標準車(車両本体価格275万9900円)に有料色のブリリアントホワイトパール、前席シートヒーター、ステアリングヒーター、インテリジェントアラウンドビューモニター、オリジナルカーペット、ウィンドウ撥水、プラスチックバイザー、ナビレコパック、ETC2.0、ボディコートなど60万円程度のオプション&付属品を付けて弾いて貰うと法定、法定外の費用を含めて約365万円となった。

 値引きは下取り車なしで10万円が初回の提示額となっている。2021年以降も大幅な納車待ちが続くなら、メーカーや販売店にとっては大きな打撃になることが予想される。

オーソドックスなデザインのインテリア。インテリジェントルームミラーはインテリジェントアラウンドビューモニターとセットでオプション

■販売現場が心配するキックスの現状

●証言1:首都圏日産店営業担当者
 新型キックスの受注台数は多好調な滑り出しだが、納期が大幅に遅れているので困っている。お客さんからの催促が連日来ている。

 現時点では標準グレードの「X」と上級の「X ツートーン インテリアエディション」の注文割合は約半分ずつだが、どちらも納期はモノトーンが2021年1月、2トーンは2月となっている。

 4カ月待ちでしかも年落ちだと、査定額が10万円くらい違ってくる。基本は納車時に再度査定して、下取り額を決めるようにしているが、納得してもらえないお客さんは受注時のままで下取りするケースもあり、これだとこちらが損をすることになる。

 車検が迫っている場合は先に取って貰うが、その場合キャンセルされても文句が言えない。それよりもこの時期「ヤリスクロス」、「XV」、「MX-30」、「ヴェゼル」などライバルの新型車が多く発売されつつあるので、そちらに買い替えるお客さんが多くなるのを心配している。

【画像ギャラリー】納期遅れはあれど受注は好調 日産「キックス」の詳細をチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ!】新型ランクルプラド&ランクル300に新情報|ベストカー12月26日号

ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、ランドクルーザープラドとランドクルーザー300の最新情報をお届け。

カタログ