ヤリス フィット…200万以下でポイントを押さえた”素うどん的”最新コンパクトカー4選

「小型車をなるべく安く買いたいが、安全装備は相応に装着したい」。このようなニーズでクルマを選ぶ読者諸兄も多いだろう。今は車内が広い背の高い軽自動車が人気だが、高速道路や峠道を走る機会が多いと、全幅に余裕のある小型車が安心できる。

 そこで注目されるのが、1Lから1.5Lのエンジンを搭載するコンパクトカーだ。全高が1550mm以下の車種は、低重心で安定性も優れ、立体駐車場を使いやすい。全長が4m前後なら、混雑した街中でも運転しやすい。しかも価格が安く、背の高い軽自動車と同等だ。

 該当車種は、2020年2月に登場したトヨタ「ヤリス」とホンダ「フィット」、2016年登場のスズキ「スイフト」、2014年のマツダ「マツダ2」などがある。これらの車種は、ノーマルエンジンを搭載するベーシックなグレードを150~160万円に集中させている。

 コンパクトカーは販売が好調でライバル競争も激しく、価格を比べて選ぶユーザーが多い。価格にシビアな法人が営業車などにも使うから、メーカーも緻密に設定している。その結果、ベーシックなグレードが150~160万円の狭い価格帯に集まった。

 そこで今回は、この価格帯に属するコンパクトカーのベーシックグレード4台をガイドしたい。運転しやすく、安全装備の充実した車種も選べるので(一部メーカーオプションを装着する必要が生じる)、初心者から高齢者まで幅広いユーザーに適している。

※編集部注:タイトルの”素うどん的”クルマとは、豪華装備てんこ盛りのグレードではなく、ベーシックグレードながら求められる装備をしっかり搭載しており、何より走って楽しいクルマのことを指す。

文/渡辺陽一郎
写真/TOYOTA、MAZDA、SUZUKI、編集部

※ホンダ「フィット」の衝突被害軽減ブレーキに関して、『「N-BOX」や「N-WGN」と違って自転車を検知できない』と記述しておりましたが、読者からのご指摘で、正しくは『歩行者だけでなく、夜間での検知や、自転車にも対応』であることが確認されました。そのため本文を修正しました。申し訳ありませんでした。(2020.9.30 14:30)

【画像ギャラリー】200万円以下でも満足度高し! ”素うどん的”コンパクトカー4台を詳しくチェック!!


■トヨタ ヤリス1.5X(159万8000円)

 好調に売れるコンパクトカーのなかでも、特に人気の高い車種がトヨタ「ヤリス」だ。2020年2月に発売され、4・5・7・8月は、小型/普通車の登録台数1位になった。従来型の「ヴィッツ」に比べると、1.5Lのノーマルエンジンとハイブリッド、プラットフォームなどを刷新している。

 その結果、走行安定性、操舵した時の手応えと車両の反応、乗り心地などが大幅に進化した。後輪の接地性が優れているから危険回避時でも挙動を乱しにくく、車両の動きも正確だから、操舵角の小さな高速道路の車線変更でも進路を乱しにくい。運転の楽しさと併せて、安全性を高めた。

トヨタ ヤリス1.5X。走り、安全性能はトップクラス。ただし、後席空間が多少狭く感じる部分もあるので、購入する際はライフスタイルに合うか確認してもらいたい

 1.5Lエンジンは、直列3気筒でもあるからノイズは少し耳障りだが、実用回転域の駆動力に余裕があって運転しやすい。「1.5X」はWLTCモード燃費も21.6km/Lと良好だ。

 街中が中心の使い方なら、従来のヴィッツが搭載していた1Lエンジンを選ぶ手もある。1.5Lに比べて動力性能が下がり、燃費も少し悪化するが、価格は14万3000円安い。

 安全装備の衝突被害軽減ブレーキは、昼夜の歩行者と昼間の自転車を検知する。自車が右折する時にも、直進車や横断歩道上の歩行者を検知してブレーキを作動させるため、安全性がコンパクトカーのトップ水準に達した。

 安全性をさらに高めるなら、オプションのブラインドスポットモニター+リヤクロストラフィックオートブレーキなど(10万100円)、パノラミックビューモニター(4万9500円)も装着したい。

 安全に関する注意点は、サイドウィンドウの下端を後ろに向けて大きく持ち上げたから、後方視界が悪いことだ。縦列駐車などを行って確認したい。実用面では後席の足元空間が狭いので、居住性も確かめる。

 14インチタイヤの「X」は、転がり抵抗を抑えたタイヤを装着して、指定空気圧も前輪が250kPa、後輪は240kPaと高いから乗り心地も硬めだ。これらを確認して不満がなければ選ぶ価値も高い。

■ホンダ フィット1.3ベーシック(155万7600円)

 ホンダ「フィット」はフロントピラー(柱)の配置と形状を工夫して、斜め前方の視界を先代型に比べて向上させた。ボディ側面の形状も水平基調になり、側方と後方の視界もいい。従って前後左右ともに見やすい。

 視界の優れたクルマでは、車両の周囲に潜む危険の早期発見が可能で、ボディ形状としての安全性が高い。初心者や高齢のドライバーにも適する。ちなみに今は、30年ほど前に比べると視界の悪い3ナンバー車が増えた。安全装備は進化しても、ボディ形状としての安全性は悪化している。その意味でもフィットは貴重な車種として注目される。

オーソドックスな落ち着いたエクステリアデザインを採用したホンダ 新型フィット「ベーシック」。先進安全装備に関してはヤリスに一歩譲るが、視界と乗降性が優れ、後席と荷室が広いなど強みも多い

 またフィットは、全長が4000mm以下、全高は立体駐車場を使える1550mm以下のコンパクトカーでは、後席と荷室が最も広い。後席の足元空間はミドルサイズセダン並みだから、運転しやすくて経済的なファミリーカーとしても使える。

 衝突被害軽減ブレーキは、歩行者だけでなく、夜間での検知や自転車にも対応する運転支援機能を備える。良好な視界、後席と荷室の広さ、さらに現行型では走行安定性と乗り心地も向上したから、選ぶ価値を高めた。

■マツダ マツダ2 15S(157万3000円)

 マツダ「マツダ2(旧デミオ)」は、ドライバーと助手席を優先して開発されたコンパクトカーだ。インパネなどを上質に造り、前席の座り心地も、サポートも含めて良好だ。前席と前輪の間隔を十分に確保することで、ペダル配置も最適化した。

「デミオ」から車名を変更したマツダ「マツダ2」。「1.5S」はベーシックモデルながら「G-ベクタリング コントロール プラス」やLEDヘッドランプなど走りと安全に寄与するアイテムをしっかり装備している

 外観には引き締まり感が伴い、天井を後方に向けて下降させ、リヤゲートの角度も寝かせている。そのために後席は頭上空間が狭めで足元も窮屈だ。荷室も狭めだが、前席は快適だから2名で乗車する使い方に適する。

 ドライバー本位のコンパクトカーとあって、走行性能にも重点を置いた。他メーカーのコンパクトカーでは、ベーシックなガソリンエンジンを1Lから1.3Lに設定することが多いが、マツダ2は1.5Lのガソリンとクリーンディーゼルターボだ。

 走行安定性も優れ、操舵感も正確だから、運転を楽しみたいユーザーにも向いている。車両自体の性格がスポーティで、今日のマツダのクルマ造りを反映させた。

 安全装備は、衝突被害軽減ブレーキの夜間歩行者対応を含めて相応に充実するが、作動速度の上限は80km/hだ。それ以上の速度域で車両に反応するスマートブレーキサポートや運転支援機能は、1.5Lガソリンエンジンの場合、15Sプロアクティブ(169万4000円)にオプション設定され、15Sプロアクティブスマートエディション(179万8000円)には標準装着となる。マツダ2は安全装備を相応に充実させると価格が高まりやすい。

■スズキ スイフト 1.2XG(154万円)

 スズキ「スイフト」は「XG」の全長を3845mmに抑え、車両重量も890kgと軽い。軽快な運転感覚が特徴だ。ボディが軽いために挙動の収まりもよく、走行安定性も優れている。

スズキ スイフト「1.2XG」。全方位モニター用カメラパッケージ装着車で154万円(2WD、CVT)。先進安全装備では「デュアルセンサーブレーキサポート」を搭載し、全車速追従型ACCや誤発進抑制機能など機能が充実している

 ボディが短いこともあり、居住性は前席を優先させた。後席と荷室は狭めだ。後席側のサイドウィンドウも小さいため、後方視界もあまりよくないが、ボディはコンパクトで最小回転半径も4.8mに収まる。狭い道や駐車場でも扱いやすい。

 衝突被害軽減ブレーキは、先進的ではないが、歩行者を検知できて誤発進抑制機能も装着した。全車速追従型のクルーズコントロールも採用する。突出した機能はないが、バランスよくまとまり、日常的に安心して便利に使えるコンパクトカーとなっている。

【画像ギャラリー】200万円以下でも満足度高し! ”素うどん的”コンパクトカー4台を詳しくチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ