200万円以下でも満足度高し! ポイントを押さえた”素うどん的”最新コンパクトカー4選

「小型車をなるべく安く買いたいが、安全装備は相応に装着したい」。このようなニーズでクルマを選ぶ読者諸兄も多いだろう。今は車内が広い背の高い軽自動車が人気だが、高速道路や峠道を走る機会が多いと、全幅に余裕のある小型車が安心できる。

 そこで注目されるのが、1Lから1.5Lのエンジンを搭載するコンパクトカーだ。全高が1550mm以下の車種は、低重心で安定性も優れ、立体駐車場を使いやすい。全長が4m前後なら、混雑した街中でも運転しやすい。しかも価格が安く、背の高い軽自動車と同等だ。

 該当車種は、2020年2月に登場したトヨタ「ヤリス」とホンダ「フィット」、2016年登場のスズキ「スイフト」、2014年のマツダ「マツダ2」などがある。これらの車種は、ノーマルエンジンを搭載するベーシックなグレードを150~160万円に集中させている。

 コンパクトカーは販売が好調でライバル競争も激しく、価格を比べて選ぶユーザーが多い。価格にシビアな法人が営業車などにも使うから、メーカーも緻密に設定している。その結果、ベーシックなグレードが150~160万円の狭い価格帯に集まった。

 そこで今回は、この価格帯に属するコンパクトカーのベーシックグレード4台をガイドしたい。運転しやすく、安全装備の充実した車種も選べるので(一部メーカーオプションを装着する必要が生じる)、初心者から高齢者まで幅広いユーザーに適している。

※編集部注:タイトルの”素うどん的”クルマとは、豪華装備てんこ盛りのグレードではなく、ベーシックグレードながら求められる装備をしっかり搭載しており、何より走って楽しいクルマのことを指す。

文/渡辺陽一郎
写真/TOYOTA、MAZDA、SUZUKI、編集部

※ホンダ「フィット」の衝突被害軽減ブレーキに関して、『「N-BOX」や「N-WGN」と違って自転車を検知できない』と記述しておりましたが、読者からのご指摘で、正しくは『歩行者だけでなく、夜間での検知や、自転車にも対応』であることが確認されました。そのため本文を修正しました。申し訳ありませんでした。(2020.9.30 14:30)

【画像ギャラリー】200万円以下でも満足度高し! ”素うどん的”コンパクトカー4台を詳しくチェック!!


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ