玄人を唸らせるマツダ車はライバルより本当にいいのか?


アクセラはインプレッサに劣勢!?

マツダ アクセラ(9月販売:4216台)。インプレッサは同月1146台を販売
マツダ アクセラ(9月販売:4216台)。インプレッサは同月1146台を販売

 そこで、アクセラvsインプレッサ。これは、実際どちらが上か迷う。燃費面とパフォーマンス面ではディーゼル仕様のあるアクセラの勝ち。

 しかし、ボディの出来の良さ、ハンドリングの高さ、AWDの実力ではインプレッサに軍配が上がる。コストパフォーマンスも良い。先進安全機能は互角か、若干アクセラの方が上。

 これ意外ですね。総合力で、この勝負はインプレッサの勝ち。スバル、偉いです。

人気の小型SUVでCX-3はC-HRに勝っているのか!?

マツダ CX-3(9月販売:2179台)。C-HRは同月7130台、ヴェゼルは5537台を販売
マツダ CX-3(9月販売:2179台)。C-HRは同月7130台、ヴェゼルは5537台を販売

 最後にCX-3とC-HR、ヴェゼル。ディーゼルエンジン専用車として登場したCX-3にも最近ガソリンモデルが追加。

 CX-3はデミオと同じプラットフォームなので、室内ユーティリティのほとんどを前席メインで作り込んでいる。

 したがって、最大2名乗車ならばかなり良い車。ディーゼルモデルはパフォーマンスも良い。ただ、走りに関してはデミオの車高上げモデルなので、少し初期のサスペンションの動きにツッパリ感がある。

 これはフィットのSUV版であるヴェゼルも同じ。ヴェゼルは改良で乗り心地を良くするためソフトに振ったが、これがハンドリングにマイナスに働いている。

 その意味で、C-HRは、プリウスのSUV版(TNGAプラットフォーム)なので燃費も良く、乗り心地とハンドリングのバランスが取れている。若干、走行ノイズが大きいことが残念だが。

 総合的に見て、ベースとなる車がプリウスであるCH-Rを鼻の差で勝ちとしたい。

◆  ◆  ◆

 マツダは、2035年に至ってもEVのシェアは10%程度と見込み、エンジンの燃費とパフォーマンスへの開発をフル加速させて開発しているメーカー。

 EVはトヨタと提携して開発するも、エンジンの部分で提携はしない。

 つまり、ここぞという技術は自社で徹底的に進めるという気概が感じられる。4台の対決はマツダ車の2勝2敗となったが、マツダはこれから更に伸びしろがあるメーカー。その意味でも他メーカーにはない良さがあるのだ。

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

集中BIG特集「ホットハッチ世界大戦」。カラー14ページでド~ンと!  季節は初夏。「ホット」なハッチで熱く走ろう!実用性と走りの楽しさを兼ね備えたクルマ、ホットハッチ。マルチな性能だっていかんなく発揮します。そんなホットハッチを取り上げる…

カタログ