くるまマイスター検定1級合格者が見た「第45回東京モーターショー」

くるまマイスター検定1級合格者が見た「第45回東京モーターショー」

 2017年11月26日(日)に「第5回」が開催される、くるまマイスター検定。クルマの知識を競うこの検定は、知識レベルに応じてジュニア、3級、2級、1級とどのレベルを受けるか自分で選べることができるのだが、1級合格者といえばクルマの知識は正直いって変態レベル。はい、この記事を書いている本企画担当もサクッと落ちました。
 そんな「変態的クルマ好き」の中から抽選で2名の方を第45回東京モーターショーのプレスデー(10月25日)に招待した際のレポートがこちらになります。
文:白石修司、三沢英樹


■裏コンセプトはノスタルジー? 白石修司

 今回、「くるまマイスター検定」と「ベストカーWeb」のご厚意で、各社ブースを回らせていただきました。

 今回のショーのキーワードは「EV」「AI」「自動運転」とのことでしたが、

◎EV:今さら電気自動車?
◎AI:絶えず車と会話するのが面倒くさい
◎自動運転:運転は俺がしたいんだ!

 ということで、正直言って個人的には全く刺さらず。

 それよりも各社ブースで散見されたのは、「おっさんホイホイ」が仕掛けられていることでした。

 ホンダが出展したEVのうち2台は、それぞれS600クーペと初代シビックを彷彿とさせるデザインでした。

HONDA スポーツEVコンセプト
HONDA スポーツEVコンセプト

 新型スーパーカブも先祖返りしたデザインとなり、レトロ風なデザインの蓄電池「E500」とセットで何かしてみたい、と思わせられます。

 ダイハツは「DN COMPAGNO」。1Lターボの5ナンバー3ボックスなんて、素敵すぎます!

 個人的にはモチーフとなったコンパーノ・ベルリーナよりも、日産フィガロを思い出しました。(デザインは似ていませんが)

 あと、「DN PRO CARGO」の後ろに初代後期型ミゼットを置くのはズルいなぁと……。

 そしてトヨタ。

 ブースで流れていた動画「START YOUR IMPOSSIBLE」には、いくつかの過去モデルがさりげなく映っていたりして嬉しくなりました。

「GR HV Sports Concept」や「Tj CRUISER」も、根底に流れるコンセプトは80〜90年代を想起させるもので、なんとなく懐かしい気分にさせます。

 極めつけは、センチュリーのニューモデル。メカニズムは現代的にリファインされたものの、凛とした迫力は健在でした。

トヨタ新型センチュリー
トヨタ新型センチュリー

 その独特な世界観は、まさに現代のクラシックカーだと思います。

 こうして見ると、最新テクノロジーとノスタルジーの絡み合いが、今回のショーの裏コンセプトだったのでは?と感じました。

 一緒にブースを回った三沢さんとも、初対面にも関わらず懐かしのクルマトークで盛り上がることができました。

「若者のクルマ離れ」などという無責任な言葉が世に蔓延っていますが、ふざけるなと言いたい。

 クルマには人を惹きつけるためのあらゆる力が秘められていると思います。

■東京モーターショー2017レポート 三沢栄樹

 はじめまして! クルマ好きの52歳になるオッサンです。

 今回はくるまマイスター検定1級のご褒美として、第45回東京モーターショーのプレスデーに招待していただきました。事前のニュースでは自動車業界のEVシフトや自動運転が話題になっていますが、いまだにマニュアル車を愛する者として、果たしてついていけるのか…。

 国産メーカーを中心に廻って印象に残ったモデルを挙げてみると、ひときわ人気が高いのがマツダの2台のコンセプトカー、VISIOIN COUPEと魁CONCEPT。

マツダ魁(kai)コンセプト
マツダ魁(kai)コンセプト

 写真で見るより実物の方が圧倒的に美しい。和とモダンの融合って感じ。デザインモチーフのオブジェ(?)も展示してあり、これがまたシブかっこいい!難点をあげるなら、このクルマに似合う男ってのが少ないんじゃなかろうかって感じ。少なくとも私には、ちょっと敷居が高いです(涙)。

 ホンダのブースでは、マクラーレンF1マシンと琢磨のインディ優勝したマシン、それにスーパーフォーミュラのマシンが並んでいて最高。それぞれのエンジンも同時に見比べることができて大満足。こんな機会、なかなかないですもんね。

 ダイハツではコンパーノの新旧モデルが展示していたけど、スクリーンでのシニア向けのイメージ動画にちょっと違和感が。シニアカップルでこのクルマって、個人的にはどうもなぁ……。

 トヨタでは、前回のショーで華々しい注目を浴びていた燃料電池車は…どうなったのかな?あ、なるほど、バスになっているのか!

 まんま86のHVスポーツコンセプト、もうちょっとスタイルを頑張ってほしいですなぁ。でも走りには興味津々なので、ぜひとも乗ってみたい!

 普段は見ることのできないプレスルームに行ったり、有名なモータージャーナリストの方とお話しできたり、目の前をモリゾウ社長が通ったりとプレスデーならではの出来事もあり、貴重な体験をさせていただきました。

 クルマの知識を深めると一層楽しめるモーターショー、2年後も楽しみで今からワクワクします!

☆     ☆     ☆

「くるまマイスター検定」の詳細は、こちらをご参照ください!
https://www.meister-kentei.jp/car/