ミニバン未満? SUVの3列目は使えるのか!? 日独最新モデルで検証

 ミニバン未満? SUVの3列目は使えるのか!? 日独最新モデルで検証

 「3列シート」、「7〜8人乗り」の定番はもちろんミニバン。ノア/ヴォクシーやセレナなどは、コンパクトカーに次ぐ日本の売れ筋ジャンルだ。いっぽう、最近ミニバンに匹敵するほど人気を拡大しているSUVにも3列シートをもつモデルは多い。普段、あまり触れられるケースが少ない“SUVの3列目”は、どれほど使えるのか? 最新SUVのなかから、大型のアウディQ7を“基準”とし、ひと回り小さい日産 エクストレイル、三菱 アウトランダーの計3台をピックアップ。その居住性、ミニバン未満?

文:渡辺陽一郎/写真:平野学
ベストカー2017年11月26日号


大型SUVのアウディQ7、3列目はミニバン並みか?

アウディQ7/全長×全幅×全高:5070×1970×1735mm
アウディQ7/全長×全幅×全高:5070×1970×1735mm/価格:929万円(3.0 TFSIクアトロ)

 今回の4車のなかでアウディQ7の3列目は広い部類に入る。身長170cmの大人6名が乗車して、2列目に座る乗員の膝先空間が握りコブシ2つ弱になるようスライド位置を調節しても(これより前側には寄せられない)、3列目の膝先にコブシ半分の余裕ができる。頭上空間もほぼ同じだ。

 3列目に座る姿勢は、腰が落ち込んで膝が持ち上がるから窮屈。ほかの3車と同様、座面が広くても大腿部が離れて意味はないが、床と座面の間隔には若干の余裕がある。

 注目されるのは、2列目のスライドレールが床から少し持ち上がった台座に装着されること。2列目の下に空間ができて、3列目乗員の足が収まりやすい。膝の持ち上がり方が緩和され、ツマ先がスライドレールに引っ掛かる心配も薄れる。SUVでも3列目の乗員に配慮した。

 サイドウィンドウ下端と、目の前にある2列目の背もたれが高く、この影響で潜り込むような圧迫感が強いため、開放感はいま一歩。しかし座面にはボリューム感があり、乗り心地にもよい影響を与えている。3列目の側方には後輪が位置するから1、2列目よりは粗く感じるが、座面と背もたれの下側が、振動を吸収していた。

 ちなみにQ7の3列目をMクラスミニバンのノア/ヴォクシーと比べると、やはり後者が快適。ノア/ヴォクシーは2列目の膝先空間が握りコブシ2つぶんになるように位置を調節しても、3列目に同等の余裕ができる。床と座面の間隔も充分にあり、3列目に座る乗員の足が2列目の下に収まるから、6名乗車でも窮屈に感じない。3列目の居住性はノア/ボクシーの圧勝だ。

 大柄なアウディQ7でもノア/ヴォクシーに負けるのだから、後述する3車種ではさらに差をつけられてしまう。

アウディQ7 3列目データ/座面の長さ

■アウディQ7 3列目の実測値
・座面の長さ/370mm
・座面の幅(1人分)/450mm
・背もたれの高さ/630mm
・床から座面までの高さ/250mm

エクストレイルの3列目は「長時間乗車厳しい」!?

日産 エクストレイル/全長×全幅×全高:4690×1820×1740mm
日産 エクストレイル/全長×全幅×全高:4690×1820×1740mm/価格:282万7440円(20X)

 3列目の足もと空間は4車のなかで最も狭い。前述の測り方で、2列目の膝先空間を握りコブシ1つぶんまで詰めても、3列目に座る乗員の膝先が2列目の背面に触れる。

 床と座面の間隔も乏しく、さらに3列目に座る乗員の足が2列目の下に収まりにくいから、膝が大きく持ち上がる。頭上空間も乏しいため、大人が多人数で乗るなら片道15分までと考えたほうがいい。

 視覚的な圧迫感と見晴らしはSUVの平均水準だが、3列目の足もとが狭く、着座姿勢にも無理が生じるから居住性は今回の4車中、最下位だ。

 また、3列目が狭いために乗降性も悪い。2列目の背もたれを前側へ倒し、前方にスライドさせて3列目との通路を確保するが、乗降時の動作はアクロバティックだ。ほかの車種も乗降性が悪く、無理な姿勢を強いられるが、エクストレイルほどではない。

 いっぽう、乗り心地はさほど悪くない。座面の柔軟性は乏しいが、腰に感じる路面からの突き上げは抑えている。

■日産 エクストレイル 3列目の実測値
・座面の長さ/395mm
・座面の幅(1人分)/510mm
・背もたれの高さ/470mm
・床から座面までの高さ/200mm

アウトランダーの3列目「ネックは床の高さ」!?

三菱 アウトランダー/全長×全幅×全高:4695×1810×1710mm
三菱 アウトランダー/全長×全幅×全高:4695×1810×1710mm/価格:328万円4280円

 エクストレイルと同じく、2列目に座る乗員の膝先空間を、握りコブシ1つぶんまで詰めて3列目に座っても、アウトランダーでは膝先が2列目の背面に触れることはない。握りコブシ半分ほどの余裕はある。

 それでも床と座面の間隔が乏しいから、膝が大きく持ち上がって窮屈なのだが、エクストレイルよりは若干快適。座面のボリューム感も、多少ながら上乗せされている。座った時に底突き感が生じる心配はない。

 頭上の空間は乏しく、手のひらが収まる程度しかないが、僅差でエクストレイルよりもアウトランダーが優位になる。見晴らしや圧迫感も同様で、3列目に座った時の側方は、アウトランダーが少し開けていて、開放感を伴う。

 ただし、乗り心地は硬く、段差のある路面では突き上げ感が伴う。3列目の座り心地はアウトランダーのほうがエクストレイルより快適だが、乗り心地は逆だ。もう少しショックの伝わり方をマイルドにするといいだろう。そうすれば座面のボリューム感も効果を発揮する。

■三菱 アウトランダー 3列目の実測値
・座面の長さ/400mm
・座面の幅(1人分)/465mm
・背もたれの高さ/520mm
・床から座面までの高さ/220mm

最新号

ベストカー最新号

S-FRに代わるトヨタの小型スポーツ計画、オーリスターボのデザイン判明!! 『ベストカー』1月10日号

 いつもより1日早く、12月9日に、2018年最初のベストカー1月10日号が発売となりました。今号は、トヨタS-FRに代わる新たなスポールスポーツ計画を、スクープ班が独自入手。その詳報をスクープ...

カタログ