なぜハリアーも落選? “今年の車” 10ベスト選外でも愛でたい実力車


 今年の日本カーオブザイヤー『10ベストカー』が11月4日発表され、以下のように決定した。

スバル レヴォーグ
トヨタ ヤリス/ヤリスクロス/GRヤリス
日産 キックス
ホンダ フィット
マツダ MX-30
アウディ e-tronスポーツバック
BMW2シリーズグランクーペ
アルピナ B3
ランドローバー ディフェンダー
プジョー 208/e-208

 10ベストカーの選出にあたっては、各メーカー1台のモデルに集約される傾向にある。

 クルマ好きとしては毎回、「アレを入れるべきなのになぁ」という思いを抱いてしまうことになる。もちろん今年もそういうクルマがいくつか思い浮かぶ。

 本稿では、今年のノミネート車の中から、そういった残念賞(いい意味で)なクルマを何台か取り上げてみましょう。

文/清水草一
写真/ホンダ、トヨタ、ダイハツ、シトロエン、VW、奥隅圭之

【画像ギャラリー】11月4日に発表された日本カー・オブ・ザ・イヤー『10ベストカー』


ホンダe

2020年10月に発売されたホンダe。シンプルで愛らしいカタチで、左右の幅いっぱいに伸びたインパネの液晶表示などがあり、大胆かつ新鮮なクルマである

 価格が高すぎるとか、生産台数が少なすぎるというマイナス要因はあるものの、クルマそのものは非常に意欲的かつ合理的!

 まずデザインがスバラシイ。これだけシンプルで愛らしいカタチのホンダ車は、ホンダ創業期までさかのぼってもなかったかもしれない。左右の幅いっぱいに伸びたインパネの液晶表示や、その左右端に設けられたドアミラー表示部も、大胆かつ新鮮だ。

 RR(リアエンジン・リア駆動)レイアウトも、前輪の強烈な切れ角(=小回り性)と、後輪駆動特有の走る楽しさを両立させている。

 航続距離はそこそこながら、バッテリー水冷システムを持ち、バッテリーの寿命を心配する必要がなさそうなことも大変イイ。これが10ベストカーに入らなかったのはナゼ!? と言うしかない。

ダイハツ タフト

2020年6月に発売されたタフト。かつてのネイキッドを彷彿とさせるデザインを持ち、特徴的なスカイフィールトップを持つ

 かつてのネイキッドを彷彿とさせるデザインは、軍用車的な機能美を感じさせる。DNGAを採用したシャシーはとっても剛性が高くって、走りがしっかりしている。

 エンジンの改良も地味ながら実があり、自然吸気でも充分なトルクを発生。そのけなげな走りに、つい目頭が熱くなる。

 リアシートの前後スライドやリクライニングを廃したのも、軽の実際の利用状況を考えれば、ある意味英断じゃなかろうか。目立つ新技術は特にないけれど、見て乗って楽しくて、実用性や燃費にもほとんど文句ナシ。

 ダイハツは『10ベストカー』に1台も入ってないので、ますます残念です。

次ページは : ダイハツロッキー/トヨタライズ

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ