ヤリス、ライズ、フィット… 根強い人気の5ナンバー 今お薦めの最新モデル10選

 国内の新車販売ランキングの上位には軽自動車と、トヨタ「ライズ」、ホンダ「フィット」、トヨタ「ヤリス」といった5ナンバー車が数多く並ぶ。トヨタ「新型カローラ」は3ナンバー車になったが、5ナンバーサイズの「カローラアクシオ&フィールダー」も継続生産され、カローラ全体の約15%を占める。

 そして5ナンバー車の登録台数に、国内販売の40%近くを占める軽自動車を加えると、国内市場全体の約70%に達する。このように5ナンバー車が好調に売れる背景には複数の理由がある。

 まず道路や駐車場などの交通インフラだ。大半が3ナンバー車の増え始める1990年以前に整備されたから、今でも5ナンバー車が走りやすい。

 クルマの価格上昇も影響した。安全装備の充実などによって車両価格は高くなったが、平均所得は1990年代の中盤をピークに下がっている。最近は少し持ち直したが、25年前の水準には戻っていない。そのため、購入する車種のサイズが小さくなっている。

 それに日本のユーザーに向けた商品であることが機能に表現されている。日本では使いやすく、このサイズじゃなきゃ困る人も多い5ナンバー車。

 今回は軽自動車を除くお薦めの5ナンバー車を、自動車評論家の渡辺陽一郎氏がボディタイプ別にランキング形式で紹介していく。

※5ナンバーの基準:排気量2000cc以下、全長4700mm以下、全幅1700mm以下、全高2000mm以下。

※本稿は2020年9月のものです
文/渡辺陽一郎
写真/、編集部
ベストカー2020年10月26日号

【画像ギャラリー】日本のユーザーに向けた5ナンバーサイズ! ボディタイプ別にお薦めしたいモデル10選


■ラインナップが最も充実している『コンパクトハッチバック』

 コンパクトハッチバックには5ナンバー車が多い。全長は4m前後で最小回転半径も5.1m程度だから、街中でも運転しやすい。全高は1550mm以下に抑えられ、多くの立体駐車場で利用できる。

 2020年にトヨタ「ヤリス」とホンダ「フィット」が新型になり注目されている。ハイブリッドのe-POWERを搭載する日産「ノート」、ハイブリッド専用車のトヨタ「アクア」、マイルドハイブリッドが中心のスズキ「スイフト」、ディーゼルターボのマツダ「マツダ2」という具合に、メカニズムにも特徴がある。低価格のトヨタ「パッソ/ブーン」、日産「マーチ」、三菱「ミラージュ」も選べる。

 これらのなかで、幅広いユーザーに適する推奨度の最も高い車種は「フィット」だ。全長は約4mと短いが、燃料タンクを前席の下に搭載して空間効率を高めた。後席の足元空間はミドルセダン並みに広い。後席は小さく畳めて、大容量の荷室に変更できる。広くてもトールワゴンではないから重心は低く、優れた安定性と実用性を両立させた。

 フィットは斜め前側の視界に優れ、側方や後方も見やすい。運転のしやすさ、4名乗車時の居住性、積載性がすべて優れている。価格も割安だから、実用的で最も買い得な日本車といえるだろう。

【BEST 1】ホンダ「フィット」、価格155万7600〜253万6600円。全長3995×全幅1695×全高1515mm(ホーム・FF)

 2位は「ヤリス」だ。後席と荷室が狭く、ファミリーユースには適さない。サイドウィンドウ下端が後方で上がるデザインのため後方視界も悪いが、新開発されたプラットフォームによって走行安定性は良好だ。14インチタイヤ装着車を除けば乗り心地も満足できる。運転感覚が楽しく、1.5L NAエンジン車には6速MTも用意したから、クルマ好きにもピッタリだ。

【BEST 2】トヨタ「ヤリス」、価格139万5000〜249万3000円。全長3940×全幅1695×全高1500mm(ハイブリッドZ・FF)

 3位は「スイフト」。全長が3.9mを下回るから後席と荷室が狭く、ファミリーカーには適さない。その代わりボディは軽く、車両重量が900kg以下のグレードも多い。RSも軽く、足回りは欧州仕様と同様の設定で5速MTも用意した。1.2Lノーマルエンジンの性能をフルに引き出す走りはとても楽しい。中高年齢層のクルマ好きが運転すると、若い頃を思い出して目頭が熱くなるかも!

【BEST 3】スズキ「スイフト」、価格153万5600〜208万8900円。全長3885×全幅1695×全高1500mm(RS)

■近年最も熱い人気カテゴリー スモール『SUV』

 最近はコンパクトSUVが人気だが、トヨタ「ヤリスクロス」や日産「キックス」は全幅が1700mmを超えて3ナンバー車になる。5ナンバー車はかぎられ、ダイハツ「ロッキー」&トヨタ「ライズ」、スズキの「クロスビー」「イグニス」「ジムニーシエラ」の4車種だ。スズキは5ナンバーサイズのSUVが揃っている。

 そのなかで最も推奨するのは「ロッキー&ライズ」だ。シティ派SUVでも、トヨタ「RAV4」のように、悪路に強そうな野性的なデザインの人気が高い。ロッキー&ライズも、5ナンバー車でありながら、悪路向けSUVの雰囲気を漂わせる。後席は狭いが、4名乗車は可能で実用性も相応に備わる。運転姿勢や周囲の見え方もオフロードSUVに近い。

【BEST 1】ダイハツ「ロッキー」、価格170万5000~236万7200円。トヨタ「ライズ」、価格167万9000〜228万2200円。全長3995×全幅1695×全高1620mm(ライズZ・FF)

 次点は「クロスビー」だ。ロッキー&ライズとは対称的に空間効率が優れる。全高は1700mmを上回り、スライドドアは装着されないが、車内の作りはトールワゴンとSUVの中間的な印象だ。後席と荷室が広く、荷室の床などには汚れを落としやすい加工も施した。SUVらしさが濃厚なのはロッキー&ライズだが、ファミリー向けにはクロスビーが適している。

【BEST 2】スズキ「クロスビー」、価格179万8500~222万9700円。全長3760×全幅1670×全高1705mm

■5ナンバーのギリギリサイズ『ミニバン』

 ミニバンは大半の車種が国内向けに開発されるから5ナンバー車が多い。日産「セレナ」、ホンダ「ステップワゴン」、トヨタ「ノア&エスクァイア」の標準ボディは、全長が4.6mを超えるミドルサイズながら、全幅は1695mmだから5ナンバー車になる。ヴォクシーは5ナンバー車を廃止して、エアロ仕様の3ナンバー車のみになった。

 トヨタ「シエンタ」とホンダ「フリード」は全長が4.3m以内に収まる。商用車をベースにした3列シート車の日産「NV200」も4.4mだから、多人数乗車と運転のしやすさを両立している。

 これらのなかで最も推奨度の高い車種は「セレナ」だ。3列目がスライドするXVとGグレードなら、3列目の足元空間は5ナンバーサイズのミニバンで最大級になる。荷室も広く、リアゲートは上側だけを開閉できるから狭い場所でも荷物を出し入れしやすい。運転支援機能のプロパイロットもオプション設定され、ステアリングやペダル操作を軽減できる。衝突被害軽減ブレーキは、2台先を走る車両も検知するから事故防止の効果が高い。

【BEST 1】日産「セレナ」、価格257万6200〜392万7000円。全長4685×全幅1695×全高1865mm(e-POWER XV・FF)

 2位は「ステップワゴン」だ。低床設計の効果もあり、全高が1800mmを超えるミニバンでは走行安定性が最も優れる。主力グレードのリアゲートには縦長のサブドアが内蔵され、狭い場所でも開閉できて乗員の乗り降りも可能だ。運転支援機能も採用した。

 3位は「ノア&エスクァイア」。歩行者検知の可能な衝突被害軽減ブレーキは備わるが、運転支援機能は採用されない。その代わり3列目シートがレバー操作だけで跳ね上がるなど、シートアレンジの使い勝手は高い。

【BEST 2】ホンダ「ステップワゴン」、価格271万4800〜444万9500円。全長4690×全幅1695×全高1840mm(EXホンダセンシング)
【BEST 3】トヨタ「ノア」、価格258万7200〜337万9200円。トヨタ「エスクァイア」、価格296万3400~337万9200円。全長4695×全幅1695×全高1825mm(ノアG・FF)

■今や絶滅危惧種になっている『セダン&ワゴン』

 かつて国内販売の主役だった5ナンバーセダンは、車種数を激減させた。トヨタ「カローラ」の継続生産型になる「アクシオ」と、2007年に発売された設計の古い「プレミオ&アリオン」しか選べない。5ナンバーワゴンも少数派で、「先代フィット」をベースに開発されたホンダ「シャトル」と、カローラの継続生産型になるトヨタ「カローラフィールダー」のみだ。

 そのなかでお薦め1位は「シャトル」。発売は2015年だが、5ナンバーサイズのセダン&ワゴンでは設計が最も新しい。車間距離を自動制御できるクルーズコントロール、車線に沿って操舵を支援する機能も備わり、設計の古さを感じにくい。燃料タンクを前席の下に搭載して空間効率も優れ、後席の足元空間はミドルサイズワゴン並みに広い。全高は1545mm(2WD)あって荷室容量も大きい。

【BEST 1】ホンダ「シャトル」、価格180万8400〜277万2000円。全長4440×全幅1695×全高1545mm(ハイブリッドZ ホンダセンシング・FF)

 次点は「カローラフィールダー」。シャトルは空間効率が高い代わりに、外観もズングリと見えてミニバン風だが、カローラフィールダーはワゴンらしくスマートだ。発売が2012年だから、各種の機能に設計の古さが散見されるが、外観や雰囲気にはシャトルとは違う魅力がある。

【BEST 2】トヨタ「カローラフィールダー」、価格181万8300〜228万1400円。全長4400×全幅1695×全高1475mm

■中古で選ぶ5ナンバー車・ベスト5

 安心して使える中古車は5〜7年落ちだ。2013〜2015年式になるが、この時代にはコンパクトカーとミニバンを除くと、5ナンバー車が減少していた。つまり今は中古車も選べる車種が減っているが、ここでは新車で買えない絶版の5ナンバー車をお薦めしたい。

 お薦め1位は先ごろ生産終了した日産「最終型キューブ」だ。全長が3.9m以下のボディは運転しやすい。和風テイストのガラスルーフには障子を思わせるシェードが備わり、前後のシートはソファ風だから座り心地も柔軟だ。中古車相場は5〜7年落ちが40万〜70万円。新車価格が180万円前後だから割安感もある。

日産「キューブ」(3代目・最終型)。●中古車該当年式:2009年〜2020年 ●中古車相場:40万〜70万円

 2位はマツダ「ロードスター」。3代目以降は3ナンバー車だから、1998年〜2005年式の2代目となる。5ナンバーサイズのボディに加え、後輪駆動のため走りが楽しい。エンジンは1.6Lに加えて1.8Lもある。なお、ロードスターは各世代にファンがいるから中古車価格が下がりにくい。2003年以降に製造された修復歴のない車両は、15年以上を経過しながら大半の中古車価格が100万円を超える。1.8LのRSは高いので1.6Lで80万円前後の車両を探したい。

マツダ「ロードスター」(2代目)。●中古車該当年式:1998年〜2005年 ●中古車相場:60万〜130万円

 3位は日産「ティーダ」。視界の優れた運転しやすいコンパクトカーで、全高も1550mm以下だから立体駐車場を使いやすい。そのいっぽうで後席はミドルセダン並みに広く、内装も上質で小さな高級車の雰囲気がある。最終型の2012年式で、走行距離が4万km前後の車両が40万円前後で流通する。

日産「ティーダ」。●中古車該当年式:2004年〜2012年 ●中古車相場:20万〜60万円

 4位はホンダ「フリードスパイク」。後席を畳み、ボックス状の空間にした時の快適性(就寝のしやすさ)は、現行フリードプラスを上回る。この評判が高く、5〜7年落ちの中古車価格が70万〜130万円になる。安くはないが車中泊には最適だ。

 5位はホンダ「ストリーム」。新車では絶滅したルーフの低いワゴン風ミニバンで、運転がしやすく走行安定性も高い。短距離なら多人数乗車も可能で、3列目を畳むと5ナンバーワゴンのように使える。6〜9年落ちの車両が中心で、中古車価格も40万〜80万円と安い。

ホンダ「フリードスパイク」。●中古車該当年式:2010年〜2016年 ●中古車相場:70万〜130万円
ホンダ「ストリーム」(2代目・最終型)。●中古車該当年式:2006年〜2014年 ●中古車相場:40万〜80万円

【画像ギャラリー】日本のユーザーに向けた5ナンバーサイズ! ボディタイプ別にお薦めしたいモデル10選

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ