日本で走りやすいサイズ感! 根強い人気の5ナンバー 今お薦めの最新モデル10選

 国内の新車販売ランキングの上位には軽自動車と、トヨタ「ライズ」、ホンダ「フィット」、トヨタ「ヤリス」といった5ナンバー車が数多く並ぶ。トヨタ「新型カローラ」は3ナンバー車になったが、5ナンバーサイズの「カローラアクシオ&フィールダー」も継続生産され、カローラ全体の約15%を占める。

 そして5ナンバー車の登録台数に、国内販売の40%近くを占める軽自動車を加えると、国内市場全体の約70%に達する。このように5ナンバー車が好調に売れる背景には複数の理由がある。

 まず道路や駐車場などの交通インフラだ。大半が3ナンバー車の増え始める1990年以前に整備されたから、今でも5ナンバー車が走りやすい。

 クルマの価格上昇も影響した。安全装備の充実などによって車両価格は高くなったが、平均所得は1990年代の中盤をピークに下がっている。最近は少し持ち直したが、25年前の水準には戻っていない。そのため、購入する車種のサイズが小さくなっている。

 それに日本のユーザーに向けた商品であることが機能に表現されている。日本では使いやすく、このサイズじゃなきゃ困る人も多い5ナンバー車。

 今回は軽自動車を除くお薦めの5ナンバー車を、自動車評論家の渡辺陽一郎氏がボディタイプ別にランキング形式で紹介していく。

※5ナンバーの基準:排気量2000cc以下、全長4700mm以下、全幅1700mm以下、全高2000mm以下。

※本稿は2020年9月のものです
文/渡辺陽一郎
写真/、編集部
ベストカー2020年10月26日号

【画像ギャラリー】日本のユーザーに向けた5ナンバーサイズ! ボディタイプ別にお薦めしたいモデル10選


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ