各社エースSUVがつばぜり合い!! ヤリスクロス、キックス、ヴェゼル 各々 「ここがすごい」

 2020年8月末にヤリスクロスが登場し、さらに激戦区と化した国産コンパクトSUVカテゴリ。売れ続けているライズやC-HR、2020年6月に登場した日産キックス、そして、登場から既に7年が経過して熟成されたホンダヴェゼルなど、コンパクトSUVを検討している方にとっては、とても悩ましい状況だろう。

 難しいのは、「最新車種が最良」というわけではないことだ。それぞれに魅力はあるが、癖の強さや短所もある。今回は、ヤリスクロス、キックス、ヴェゼルの3台をピックアップ。それぞれの魅力ポイントと短所についてまとめてみた。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、NISSAN、HONDA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】人気のコンパクトSUV!! ヤリスクロス、キックス、ヴェゼルの内外装を写真でチェック!!


「コスパのよさ」が光る、ヤリス クロス

 ヤリスクロス最大の長所は、なんといっても「コスパの良さ」だ。ガソリン仕様が車両価格税込189.6万円(X/2WD)、ハイブリッド仕様が228.4万円(ハイブリッドX/2WD)と、他メーカーのSUVよりも、1ランク以上安い。

 しかし、その魅力はコストだけにあらず。使い勝手の良いサイズ感と、卓越したハンドリングも持ち合わせているのが、ヤリス クロスの凄さだ。

 トレッドを50ミリ広げた、欧州版ヤリスをベースに開発されており、走りの素性が良いのだ。1.5LのNAガソリンと1.5Lハイブリッドが用意されており、それぞれにFFと4WDを設定するなど、日本の降雪地域の需要にも、しっかりと応えている。

 ネガティブな要素はないが、強いてあげれば、好き嫌いの分かれやすい欧州車チックなフロントフェイスのため、高級感はあるが、ライズやRAV4のような「分かりやすいカッコよさ」はない点だろう。

ヤリスクロスのパワートレインは1.5Lガソリンと1.5Lハイブリッドの2タイプ 4WDは全モデルに設定されている
完全にタイヤが浮いてしまっているような状況でも、4WDシステムが空転輪にブレーキを作動させて接地輪に駆動力を伝達する
インパネ周りのデザインはヤリスとほぼ同じ ただしヤリスクロスは、電動パーキングブレーキが標準装備となっている(ヤリスは手引き式のみ)

「e-POWERのパフォーマンス」がウリのキックス

 車両本体価格276万円からと、やや高め設定となる日産キックス。1.2リッター3気筒ガソリンエンジンを発電機としたモーター駆動のe-POWERによる、圧倒的な動力性能が武器だ。

 e-POWERによる低速域からのパワフルさは実に頼もしく、キックスは、車重が1350kgと、ノート(1220kg)よりも130kgほど重量は増えてはいるが、モーター回転数500rpmから3000rpmで発生する最大トルクによって、電動車ならではの「胸のすくような加速」を味わうことができる。

 e-POWER電力発電時のノイズも対策されており、ノートe-POWERではかなり気になった、芝刈り機のような「ガー」という音は聞こえにくくなり、質感が高まった。また、きびきびとしたステアリング特性に仕立ててあるため、コーナリング時のハンドル角がビシッと決まりやすく、運転操作が楽しめるのも魅力だ。

 ただし、車両価格を抑えたガソリン仕様がない点と、雪道での走行安定性が飛躍的に高まる4WDの設定がないという点、見慣れた日産車のインテリアで、新しさがない点などは、キックスの弱みだ。

写真のボディカラーはダークブルー シルバー加飾と相まってシンプルなカッコよさがある カラーは他にもツートンが4種類、単色はダークブルーを含む9種類から選べる
ステアリングホイールは現行型ノートと共通部品 インテリジェントルームミラーはインテリジェントアラウンドビューモニターとセットでオプションとなる

ヴェゼルのパッケージングの良さは3台中TOP!

 2013年にデビューした現行ヴェゼルは、既に熟成の域に入っている。ベースであるフィットが、今年2月に新型へモデルチェンジしており、ヴェゼルにも、2021年初には新型がデビューする、との情報があるが、現行モデルであっても、いまだにトップクラスの完成度をもつのがヴェゼルだ。

 その理由は「パッケージングの良さ」にある。ヴェゼルの後席シートを折りたたんだときの使い勝手の良さはバツグンだ。ホンダの得意とする、センタータンク方式による実用的なパッケージングと優れた居住性は、新しく登場した、他社のコンパクトSUVと比べてもTOPクラスに優れており、ヴェゼルの魅力のひとつだ。

 エンジンバリエーションは、1.5Lガソリン(129ps/15.6kgfm)、1.5Lハイブリッド(132ps/15.9+(電動機)29.5ps/16.3kgfm)、そして1.5L VTECターボ(172ps/22.4kgfm)の3種類が用意されている。1.5L VTECターボは最上級グレードのツーリング専用だが、このグレードが面白い。

 VGR(可変ステアリングギアレシオ)も標準装備されており、キビキビしたハンドリングと、低速での取り回しの良さが手に入る。VTECターボの迫力ある排気音もあり、こうしたサウンドも含めて走りを楽しめる一台だ。

 弱点は、やや古さを感じさせるインテリアだろう。ナビゲーションレイアウトやシフトノブ、メーターなど、最新のホンダ車と比べると古さは否めず、一刻も早いアップデートが期待される。

現行ヴェゼルのデザインは、今見ても新鮮味があるスタイリングをしている 次期型ヴェゼルもキープコンセプトながらも、チャレンジングなデザインに挑戦してみていただきたい
写真は上級グレードの特別仕様車でインパネは皮貼りとなる。ナビゲーションのサイズやレイアウトなど、ひと世代昔のクルマという印象を受けるヴェゼルのインテリア
新型フィットのインテリアは、シンプルなデザインだが、使い勝手が非常によく考えられている 水平に作られたダッシュボードは、前方視界が開けていることで運転が非常にやりやすい

結論

 最後に、3台のスペックと車両価格を並べてみた。条件の近いハイブリッド同士で比較すると、ヤリスクロス、ヴェゼル、キックスと、コストが20万円差ずつ開いている。

 この差分で、ナビゲーションやドライブレコーダーといった人気のオプション装備を選択する予算配分にすることも出来るとなると、ヤリスクロスに軍配があがる。

コスパで比較すると、ヤリスクロスに軍配があがる

 だが、デザインや運転の楽しさは、3台ともそれぞれ魅力を持ち合わせており、どれが抜きんでているとはいいがたい。動力性能に優れるキックスか、軽量ボディのヤリスクロスか、熟成のヴェゼルか、どれを選択しても十分楽しいカーライフは過ごせる。

 次にこのジャンルに大きな風が吹くのは、ホンダがコンパクトSUVジャンルの威信をかけて開発しているであろう、次期型ヴェゼルの登場のときだ。このとき、コンパクトSUVカテゴリの勢力図は、また変わることになるだろう。

【画像ギャラリー】人気のコンパクトSUV!! ヤリスクロス、キックス、ヴェゼルの内外装を写真でチェック!!