ヤリスクロス、キックス、ヴェゼル 各々エースSUVの 「ここがすごい」!!


 2020年8月末にヤリスクロスが登場し、さらに激戦区と化した国産コンパクトSUVカテゴリ。売れ続けているライズやC-HR、2020年6月に登場した日産キックス、そして、登場から既に7年が経過して熟成されたホンダヴェゼルなど、コンパクトSUVを検討している方にとっては、とても悩ましい状況だろう。

 難しいのは、「最新車種が最良」というわけではないことだ。それぞれに魅力はあるが、癖の強さや短所もある。今回は、ヤリスクロス、キックス、ヴェゼルの3台をピックアップ。それぞれの魅力ポイントと短所についてまとめてみた。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、NISSAN、HONDA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】人気のコンパクトSUV!! ヤリスクロス、キックス、ヴェゼルの内外装を写真でチェック!!


「コスパのよさ」が光る、ヤリス クロス

 ヤリスクロス最大の長所は、なんといっても「コスパの良さ」だ。ガソリン仕様が車両価格税込189.6万円(X/2WD)、ハイブリッド仕様が228.4万円(ハイブリッドX/2WD)と、他メーカーのSUVよりも、1ランク以上安い。

 しかし、その魅力はコストだけにあらず。使い勝手の良いサイズ感と、卓越したハンドリングも持ち合わせているのが、ヤリス クロスの凄さだ。

 トレッドを50ミリ広げた、欧州版ヤリスをベースに開発されており、走りの素性が良いのだ。1.5LのNAガソリンと1.5Lハイブリッドが用意されており、それぞれにFFと4WDを設定するなど、日本の降雪地域の需要にも、しっかりと応えている。

 ネガティブな要素はないが、強いてあげれば、好き嫌いの分かれやすい欧州車チックなフロントフェイスのため、高級感はあるが、ライズやRAV4のような「分かりやすいカッコよさ」はない点だろう。

ヤリスクロスのパワートレインは1.5Lガソリンと1.5Lハイブリッドの2タイプ 4WDは全モデルに設定されている
完全にタイヤが浮いてしまっているような状況でも、4WDシステムが空転輪にブレーキを作動させて接地輪に駆動力を伝達する
インパネ周りのデザインはヤリスとほぼ同じ ただしヤリスクロスは、電動パーキングブレーキが標準装備となっている(ヤリスは手引き式のみ)

「e-POWERのパフォーマンス」がウリのキックス

 車両本体価格276万円からと、やや高め設定となる日産キックス。1.2リッター3気筒ガソリンエンジンを発電機としたモーター駆動のe-POWERによる、圧倒的な動力性能が武器だ。

 e-POWERによる低速域からのパワフルさは実に頼もしく、キックスは、車重が1350kgと、ノート(1220kg)よりも130kgほど重量は増えてはいるが、モーター回転数500rpmから3000rpmで発生する最大トルクによって、電動車ならではの「胸のすくような加速」を味わうことができる。

 e-POWER電力発電時のノイズも対策されており、ノートe-POWERではかなり気になった、芝刈り機のような「ガー」という音は聞こえにくくなり、質感が高まった。また、きびきびとしたステアリング特性に仕立ててあるため、コーナリング時のハンドル角がビシッと決まりやすく、運転操作が楽しめるのも魅力だ。

 ただし、車両価格を抑えたガソリン仕様がない点と、雪道での走行安定性が飛躍的に高まる4WDの設定がないという点、見慣れた日産車のインテリアで、新しさがない点などは、キックスの弱みだ。

写真のボディカラーはダークブルー シルバー加飾と相まってシンプルなカッコよさがある カラーは他にもツートンが4種類、単色はダークブルーを含む9種類から選べる
ステアリングホイールは現行型ノートと共通部品 インテリジェントルームミラーはインテリジェントアラウンドビューモニターとセットでオプションとなる

次ページは : ヴェゼルのパッケージングの良さは3台中TOP!

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ