トヨタ、日産ら自動車会社各社の販売順調指数はいったい? 2017年総括版 


 2017年もあっという間に年末になってしまいました。自動車業界をふり返ると本当にいろいろなことが起きた1年です。日本の物作りの根幹を揺るがすような事件もあれば、さまざまなクルマのアップデートなどもありました。

 新型車のデビューは少なかったものの、話題のクルマが生まれた1年かもしれません。そんな2017年をふり返り、自動車会社各社に成績をつけてみました。いったいトップはどの会社か? 乞うご期待。

文:渡辺陽一郎/写真:ベストカー編集部
「ベストカー」2017年12月26日号


■2017年もいろいろありましたが……

 ふり返ればもう年の瀬が押し迫ってきました。2017年ふり返るとJC08モード燃費より実燃費に強いWLTCモードが普及し始めたり、高速道路の一部110km/h化が始まったり、テスト中の新型ジムニーが目撃されてちょっとかっっこよくて唸ったり、あおり運転が社会問題になったり、などいろいろありました。

 自動車業界にとっては第45回東京モーターショーがもっともビッグイベントだったかなと思います。

 そんな期待でワクワクした東京モーターショーとは裏腹に、自動車メーカー各社にはさまざまな出来事がありました。いいニュースもあれば、消費者を裏切るような事件もあったり、各社にとっては波乱の1年だったかもしれません。

 そこでジャーナリストの渡辺陽一郎氏が昨年の実績と比較して、今年の各社の「販売順調指数」をまとめました。「販売順調指数」は渡辺陽一郎氏による点数です。(ベストカーWeb編集部)

■大手3社は明暗が分かれる展開に

【トヨタ→90/100】絶対王者・トヨタはケタ違いの販売台数を記録  2017年1月〜10月販売台数 119万1979台

 最大の販売規模を誇り、2017年1~10月の国内におけるトヨタ車比率は総台数で30%、小型/普通車にかぎれば46%だった。

 2017年10月の登録台数は、小型/普通車で1位のアクアが前年に比べて20%の減少、プリウスは29%減って苦戦するが、他社よりはやはり好調だ。

プリウスはイケイケかと思いきや失速。それでも販売台数トップはさすがトヨタの安定感
プリウスはイケイケかと思いきや失速。それでも販売台数トップはさすがトヨタの安定感

【ホンダ→87/100】FMC&MC連発で勢いを感じた今年のホンダ 2017年1月〜10月販売台数 58万6566台

 2017年1~10月のメーカー別販売順位はトヨタに次ぐ2位だ。シビックを復活させ、フィットやステップワゴンの安全装備を充実させるなど改良も活発に行う。

 ただし直近ではN-BOXの一新でディーラーが多忙になり、小型/普通車の販売力が下がり気味なのが懸念材料。

N-ONEの完成度も高くこれまた売れそうだ。シビックのMTグレードの好調も嬉しい
N-BOXの完成度も高くこれまた売れそうだ。シビックのMTグレードの好調も嬉しい

【日産→57/100】完成検査問題も痛いが、ニューモデルが少ないのが痛い 2017年1月〜10月販売台数 42万9251台

 10月は完成検査不正問題で生産と出荷が止まり、小型/普通車の販売が半減した。昨年も三菱の燃費不正問題で軽自動車が停滞。

 しかも最近は新型車が乏しく、2016年はセレナ、2017年はリーフだけ。販売台数の順位も4位となり、全体に低迷している印象となった。

作り込みが非常に丁寧な新型N-BOX。シビックのMTが順調なのも嬉しいニュース
ノートe-POWERで一時期は天下を取った日産だが、その後の不祥事などで帳消しに。リーフの存在も霞んでしまったか

次ページは : ■スズキが怒濤の販売台数3位にランクアップ!!

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ