新型ハリアー人気絶頂続行中!! 縮まらない納期9カ月突破の裏事情とは

新型ハリアー人気絶頂続行中!! 縮まらない納期9カ月突破の裏事情とは

 2020年6月に4代目にフルモデルチェンジされたトヨタの高級ミドルSUV『ハリアー』。

 一般社団法人 日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している販売台数ランキングで、2020年9月は5位(8979台)、10月は6位(9674台)、11月は4位(9897台)とライバルのSUVモデルと比較して圧倒的な強さを見せている。

 だが、その大人気のハリアーの納期が大幅に延長されているという情報が入ってきた! その驚きの最新納期情報と、なぜそこまで納期が延びているのか? その裏事情に迫る。

文/遠藤徹
写真/編集部、MAZDA、HONDA、SUBARU

【画像ギャラリー】スタイリングも走りも上質! 販売絶好調の新型ハリアーを細部までチェック!!


■フル生産でも貯まるバックオーダー 納期の最長は2021年9月!

 2020年6月17日にフルモデルチェンジしたトヨタ『ハリアー』が絶好調の売れ行きを堅持している。新年早々の納期は、人気の高い「G」と「Z」のレザーパッケージでなんと2021年秋の9月上旬、売れ筋の「G」「Z」で8月末となっている。

2020年6月に販売を開始し、コロナ禍にも負けず大量のバックオーダーを抱える超人気モデル『ハリアー』

 2020年11月時点での納期はゴールデンウイーク明けの2021年5月上旬、12月上旬時点では2021年7月となっていた。1カ月ごとに2カ月も先送りになっているのだ。

 理由はどんなことが挙げられるのか?

 新型ハリアーの知名度、商品力の高さは当然のことながら、直接競合するライバルが存在しないことが理由としてある。また、歴代モデルはトヨペット店の専売モデルだったのが、新型車からトヨタ店、カローラ店、ネッツ店を含めた4系列店全店で併売になったので、販売力が約4倍に増強された形になり売れ続けているのだ。

新型でより洗練されたクーペSUVに進化。スタイリングも高級感を感じさせる

 2020年11月のハリアーの登録台数は9897台で、前年同月比461.7%増と5倍以上となった。この時点の推定バックオーダーは約10万台となっている。

 2020年8月現在の新車販売店舗は、トヨペット店が922拠点なのに対してトヨタ店967拠点、カローラ店1154拠点、ネッツ店1361拠点、合計4606店となっている。つまり従来のトヨペット店よりも5倍の販売拠点態勢となっているのだ。従業員数だと4.6倍であるから登録台数がこれだけ膨れ上がるのは当然ともいえる。

 メーカーのトヨタは月産1万台規模のフル生産で対応しているのに、供給が追い付かず、バックオーダーが貯まるいっぽうの状況だ。

 人気モデルで高価だから1台当たりの収益が高く、販社や営業マンはこぞって新型ハリアーを売りたがる傾向が強くなっている。人気車であれば、商談する時間も短くて済むので効率がいいという事情もある。

 これだけの人気モデルだと、一般的には値引きを渋る売り方になるわけだが、ハリアーはそうではない。

 大型ナビ、ETC、ドライブレコーダー、コーティング、有料色、フロアマット、サイドバイザーなど約50万円のオプション&付属品を付けて見積もりを取ると、下取り車なしでも35万円以上が初回交渉の提示額になっているケースが目に付く。

 2020年末の年末セールや新年のお年玉セールでは、下取り車ありだと50万円引きの大台突破も見られた。それでもハリアーは高級車であるから、オプション&付属品を含めたトータルの販売店のマージン幅は台当たり80万円以上もあるので、50万円引きでも販売店の採算は十分にとれる勘定なのである。

高級感溢れるハリアーのコクピット。後席もクーペSUVながら、しっかりと頭上空間を確保し、快適性を犠牲にしていないことも選ばれるポイントとなっている

■高いリセールバリューが人気を加速させている

 4系列店間の競争が激しくなっているのも、売り上げ台数が伸びる要因になっている。

 トヨペット店は、これまで専売店として販売していたので多数の代替え母体を保有しており、トップの販売実績で臨んでいる。おそらく1万台のうち3分の1以上の月販3500台ペースで売っていると思われる。

 あとの6500台はトヨタ店、カローラ店、ネッツ店がほぼ同じ規模で販売していると推定される。

 トヨタ店は2020年4月まではラグジュアリーSUVの『ランドクルーザー』『ランドクルーザープラド』の専売であり、カローラ店とネッツ店はどちらも2019年4月10日に復帰発売した現行『RAV4』を併売していた。

 どちらもその周辺ユーザーがハリアーの代替え母体となっているので、ある程度の販売台数を稼げる環境にあるといえる。

 また、ハリアーは「ハイクオリティな上級SUVで街乗りのクロスオーバー車のコンセプト」としている。車両本体価格は299万~504万円の設定である。同クラスの競合車はマツダ『CX-5』&『CX-8』、ホンダ『CR-V』、スバル『フォレスター』などが挙げられるが、価格帯から見ても格下で、直接の競合車とはいえないことも強みとなっている。

 ほぼ同じパワーユニットを搭載しているのは同じトヨタの『RAV4』があるが、こちらは4WD主体でラフロード系のSUVであり、ハリアーの2WD中心とはあまり競合しないポジションだ。

同クラスのライバル車はマツダ『CX-5』&『CX-8』、ホンダ『CR-V』、スバル『フォレスター』などが挙げられるが、価格帯から見ても格下で直接の競合車とはいえない
同じパワーユニットを搭載しているトヨタ『RAV4』。こちらは4WD主体でラフロード系のSUVとなっている

 現行ハリアーの強みのもうひとつはリセールバリューの高さである。中心グレードに50万円程度のオプション&付属品を付けて見積書を作成し、5年、3年で残価設定クレジットを組んだ時の残価は5年で40%、3年で55%程度となっている。

 同クラスのほかのSUVよりも、3~5ポイント高いのである。ところが、実際に同残価設定クレジットを組んで3~5年後に無傷の状態で年間1000km走行以内であれば、その時点の査定額は残価額をさらに上回ることが見込まれるという。これも現行ハリアー人気を加速させる要因に挙げられる。

次ページは : ■販売の現場が語るハリアー人気のワケ