圧倒的王者ホンダN-BOX ライバルを蹴散らし続ける絶対優位点とは


 今から10年前の2011年に初代が登場し、2017年に現行型となる2代目にフルモデルチェンジしたホンダN-BOX。販売台数ランキングで無類の強さを発揮し、軽自動車だけでなく小型/普通車を合計した総合ランキングでもたびたび首位を獲得している。なぜN-BOXは並みいるライバルを蹴散らして売れ続けているのか? その強さの根本的な理由はなにか? 本稿で分析していただいた。

文/渡辺陽一郎

【画像ギャラリー】激戦!! 首位を快走するN-BOX撮りおろし写真と強力ライバルたち

■車内の広さはクラス最大級

 ベストセラーカーは時代に応じて変わるが、今の日本国内で最も多く販売されている車種はホンダのN-BOXだ。現行型は2代目だが、2011年に登場した先代(初代)モデルから人気が高かった。

現行型(2代目)N-BOX。登場は2017年8月

 先代モデルは、2013年/2015年/2016年に軽自動車の販売台数第1位になっている。2代目の現行型はさらに好調で、2017年から2019年まで、軽自動車と小型/普通車を合計した国内販売の総合1位になった。

 2020年は軽自動車の1位がN-BOX、小型/普通車まで含めた総合1位はヤリスになりそうだが、この順位には注意が必要だ。日本自動車販売協会連合会が集計するヤリスの登録台数は、「ヤリス+ヤリスクロス+GRヤリス」を合計した数字になるからだ。そのためにヤリスクロスが発売された後の2020年9月以降、ヤリスの登録台数が急増してN-BOXを上まわり、国内販売の総合1位になった。

 一般的な認識として、ヤリスとヤリスクロスは別のクルマだ。エンジンやプラットフォームは共通でも、外観は大幅に異なる。全幅もヤリスは5ナンバーサイズだが、ヤリスクロスは少しワイドで3ナンバー車になる。そこでヤリスクロスの登録台数(2020年9月:約6700台・10月:6900台・11月:1万台)をヤリスから差し引くと、今でもN-BOXが国内販売の総合1位になる。

■先代から継承した「広さ」

 それにしてもなぜN-NBOXは、国内販売の総合1位を守り、タント、スペーシア、ルークスなどのライバル車は対抗できないのか。背景には複数の理由がある。

 まずN-BOXの高い商品力だ。これは先代型によるところが大きい。先代N-BOXは、現行型と同じく全高は1700mmを上まわり、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)も2520mmに達していた。外観はステップワゴンのようなミニバン風で、存在感が強く、軽自動車とは思えなかった。

初代N-BOXは2011年11月発表

 車内の広さも前輪駆動の軽自動車では最大で、大人4名がゆったりと快適に乗車できる。後席を畳むと大容量の荷室になり、燃料タンクを前席の下に搭載したから床が低い。自転車を積む時も、前輪を大きく持ち上げる必要はない。スライドドアの開口幅は、現行型と同じ640mmとワイドだから乗降性も良かった。

 このように先代N-BOXには、現行型と同様の充実した機能が備わる。初めて見た人は、その広さと使い勝手に驚いた。自分に必要か否かは別にして、購買意欲を刺激され、先代N-BOXは売れ行きを伸ばした。

次ページは : ■2代目になってさらに洗練された