アルファード 2020年ミニバン販売NO.1! 天下はいつまで続くのか

2020年ミニバン販売NO.1! アルファードの天下はいつまで続くのか

 2020年の小型/普通車登録台数ランキングを見ると、アルファードが5位に入った。

 1位:ヤリスシリーズ(ヤリスクロスやGRヤリスを含む)、2位:ライズ、3位:カローラシリーズ(継続生産のアクシオ&フィールダーなどを含む)、4位:フィットという順番。アルファードは売れ筋価格帯が350~500万円の高価格車にもかかわらず5位に入ったというのは凄いことだ。

 またアルファードは、3列シートミニバンの最多販売車種でもある。2020年のアルファードの登録台数は9万台を超えており、1ヵ月平均でも7562台だ。この登録台数は、フリード(1ヵ月平均で6357台)やシエンタ(6057台)を上まわる。

 なぜアルファードがこれほどまでに売れるのか? サイズの大きいLクラスミニバンで、350万円からという高額車なのになぜ売れるのだろうか? 

 そこでモータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が、アルファードの天下はいつまで続くのか、徹底解説する。

文/渡辺陽一郎 写真/トヨタ、日産 CGイラスト/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】高額車なのに売れ行きは絶好調! アルファードの好調の理由を写真で見る