250~400万円でSUVを買う CX-8が本命だけどもっと面白いクルマもあるぞ!!

 世界的にもブームが続いているSUV。それゆえ、国内外を問わず多くのメーカーがモデルを出し続けているが、あまりにも選択肢がありすぎて困ってしまう!! 予算は250~400万円の間で選ぶとしたらどのクルマがいいか。国沢さんに聞いてみました。

文:国沢光宏/写真:池之平昌信、平野学
ベストカー2018年2月26日号


■国産車はCX-8が本命も他にもいち推しが!!

 今や私にとって一番ホットなジャンルだったりする。なんせ現在アウトランダーPHEVに乗っており、そろそろ乗り替えようと考えているからだ。もう少し書けばアウトランダーPHEVが大いに気に入っているのだけれど、私らの仕事、なるべくたくさんのクルマに乗らなくちゃダメ。「車検取ってるようじゃアカンぞ!」というのが徳大寺師匠の教えです。

 加えて私のクルマは後期型ながら、自動ブレーキのみ前期型と同じ旧タイプ。人に迷惑かけないクルマに乗りたい。ということで、まずアウトランダーPHEVを考えた。自動ブレーキが大幅にグレードアップしており、歩行者も検知可能。

アウトランダーPHEVは夏にはマイナーチェンジモデルが登場する。曲がる4WDへの進化も楽しみだ
アウトランダーPHEVは夏にはマイナーチェンジモデルが登場する。曲がる4WDへの進化も楽しみだ。現行モデルはGセーフティーパッケージが397万3860円

 価格だって補助金(おそらく’18年度も20万円)を考えたら競合他社と並ぶ。50kmまで安価な電気で走れるためエネルギーコストが安く済むし、何より快適だ。

 やっぱしモーターで走るクルマって気持ちいい。ただ私の問題として「同じクルマに乗るのもね〜」。私以外なら、購入の筆頭候補にしてもいいんじゃなかろうか。アウトランダーPHEVと対照的に「燃料コストなど気にしない!」というなら、ランクルプラドなど面白そう。

 確かにチョイ乗りが多いという人だとディーゼルは向かない(短距離移動だとススが溜まってしまう)。逆に「長距離走行多い」というなら、高くなってもディーゼル仕様(価格は400万円超)を選んだほうが燃料コストを含めた総費用で安くなります。

 自動ブレーキはレーダー使う上級タイプのため、性能は平均的。本格的なクロカン4WDに乗りたいなら、案外お買い得だ。

 このクラスの本命はCX-8だと思う。燃費のいいディーゼルエンジンを搭載し、走らせたら上質!! 静粛性や乗り心地(FFについちゃやや粗っぽい?)だって国産車トップクラスときた。けっこう実用的なスペースを確保している3列目シートも付く。4900mmと少しばかり長いボディは、広さを考えたらしかたない?

いいクルマという感じはヒシヒシと伝わるものの、少しばかり地味な印象も拭えない
いいクルマという感じはヒシヒシと伝わるものの、少しばかり地味な印象も拭えないCX-8。4WDのXDプロアクティブが376万9200円

 すばらしいのが自動ブレーキ性能で、現在世界有数。この点だけでも推奨できる。ただクルマとしての華やかさに欠けるのが残念!! なんか地味なのだ。

■輸入車もバリエーション豊富!! ワイルド派も納得のラングラーも買える

 輸入車というチョイスも面白い。先日カタログ見ていて「へぇ〜」だったのが『コンパス』というジープの新型車。2.4Lエンジンを搭載し、ナビまでフル装備で351万円と高くない。4WDや自動ブレーキ(輸入車の場合、性能は不明。インポーターに聞いてもわからない)を付けても419万円だ。

コンパスも存在こそ地味だが、デザインの迫力も抜群。アーバンSUVとしてもいい感じだ
コンパスも存在こそ地味だが、デザインの迫力も抜群。アーバンSUVとしてもいい感じだ。ロンジチュード 4×2が351万円

 ワイルドなモデルを所望なら『ラングラー』などいかがか? ランクルプラドより一段と味が濃い。安くすませたいなら『レネゲード』ですね。


 そのほか、アウディQ3などもこの価格帯に入ってくるが、いかんせん自動ブレーキでお話にならず、私は推奨できない。アウディ、運転してる人が上手なので自動ブレーキなんか不要、と思っているようなのだけれど、ミスは誰にだってある。

 ボルボXC40が魅力的なプライスで入ってきたら、このクラスのダントツモデルになると思う。以上、全体を通じてのおすすめはCX-8。「地味な雰囲気がどうもね〜」という人なら、思い切って派手なハイラックスなんか狙っちゃうのも楽しい。

最新号

ベストカー最新号

ベストカー 10月10日号 スバル・ミドシップスポーツの真偽に迫る!

 毎月10日と26日に発売される自動車総合誌「ベストカー」の最新号が本日発売! 今号の巻頭スクープは衝撃情報の真偽を追跡。その衝撃情報とは、なんとスバルからミドシップスポーツが市販されるというもの。本誌スクープ班が総力をあげてその情報の核心…

カタログ