トヨタのプチバン ルーミーが爆売れ中! 売れる理由はどこにある?


 2020年に新車として売られたクルマの37%が軽自動車だったが、コンパクトカーも25%前後に達する。毎月公表される販売統計を見ても、小型/普通車の上位には5ナンバーサイズのコンパクトな車種が並ぶ。

 このなかで注目されるのがルーミーだ。もともと好調に売れるコンパクトカーだったが、2020年の後半には登録台数が急増した。2020年10月は1万1487台を登録して、コロナ禍の影響もあるのに前年の約1.7倍売れた。

 設計の新しいヤリスが、ヤリスクロスの台数を除くと約1万台だから、ルーミーのほうが多かった。ライズの1万3256台に迫る。11月も9112台を登録して前年の1.3倍になった。12月は8792台で、これもライズの8912台に匹敵する売れ行きとなった。

 2021年2月5日に発表された2021年1月の販売台数は1万939台(対前年比176.6%)で2位に躍進、その勢いはとどまることをしらない。ちなみに1位は1万8516台でヤリスが1位だった。

 なぜルーミーがこれほど売れているのか? どこに秘密が隠されているのか? モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部、TOYOTA、SUZUKI

【画像ギャラリー】売れてるルーミーの魅力を写真でチェック!


■ルーミーが大ヒットしている理由は?

ルーミーの売れ筋グレードのG(2WD)。価格は174万3500円(消費税込み)


●トヨタ ルーミー新車販売台数 2020年1~12月 カッコ内は対前年比
1月 ルーミー:9位、6193台(95.4%) タンク:13位、4893台(90.4%)
2月 ルーミー:8位、7682台(108.6%) タンク:12位、6159台(105.1%)
3月 ルーミー:8位、9700台(110.6%) タンク:13位、8261台(117.0%)
4月 ルーミー:8位、5104台(71.5%) タンク:12位、3891台(68.8%)
5月 ルーミー:7位、3713台(48.0%) タンク:14位、2511台(40.1%)
6月 ルーミー:9位、5230台(62.7%) タンク:19位、2743台(39.3%)
7月 ルーミー:9位、6528台(68.9%) タンク:18位、3601台(47.9%)
8月 ルーミー:7位、5617台(75.2%) タンク:17位、2792台(46.8%)
9月 ルーミー:7位、8084台(89.4%)※9月15日タンク廃止
10月 ルーミー:3位、1万1487台(165.0%)
11月 ルーミー:6位、9112台(127.8%)
12月 ルーミー:3位、8792台(97.8%)
■2021年1月の新車販売台数
1月 ルーミー:2位、1万939台(176.6%)

エアロパーツを装着したカスタム。最上級グレードのカスタムG-Tはターボを装着して、価格は204万6000円(2WD・消費税込み)

 ルーミーが2020年10~12月に、対前年比を急増させるほど好調に売れた一番の理由は、2020年9月のマイナーチェンジで姉妹車のタンクを廃止したからだ。

 以前はルーミーがトヨタ店とトヨタカローラ店、タンクはトヨペット店とネッツトヨタ店で販売していたが、2020年5月以降は、前述の4系列店すべてでトヨタの全車を扱うようになった。

 そうなれば姉妹車は不要になり、登録台数の多かったルーミーを残して姉妹車のタンクは終了している。その結果、ルーミーに需要が集中して登録台数も急増した。

 ちなみに2019年の10月は、ルーミーが6962台、タンクは5420台登録された。両方を合計すると1万2382台だ。対する2020年10月は、ルーミーのみになって1万1487台だから、姉妹車を合計すると登録台数は7%下がった。

 同様の計算を11月で試すと31%減っている。12月は18%のマイナスに収まった。人気の下降が著しい車種では、対前年比が40~50%落ち込むから、ルーミー&タンクの姉妹車は、後者を廃止しながら相応の台数を保っている。

■売れたのはルーミーにこんな魅力があったから!

市街地でも扱いやすいボディサイズと水平基調のデザインで視界も良く、運転がしやすい。幅広い年齢層に指示されているのも人気の秘訣

 2020年10月以降にルーミーの売れ行きが急増した直接の理由はタンクの廃止だが、車種自体の魅力も大きく影響している。

 全長は3700mm(カスタムは3705mm)、全幅は1670mmとコンパクトで、最小回転半径も4.6m(カスタムG-Tは4.7m)に収まる。水平基調のボディは視界も良く、混雑した街中でも運転しやすい。

オプションでディスプレイオーディオも設定。小物の収納スペースも充実しており、使い勝手は良好だ

 その一方で全高は1700mmを上まわり、前後席ともに頭上と足元が広い。後席のドアはスライド式だから、開いた時でもドアパネルが外側へ大きく張り出さず、狭い場所でも乗り降りしやすい。電動開閉機能も用意され、子供を抱えた時の乗降性も優れている。

マイナーチェンジで座面の奥行寸法を20mm伸ばし、前席の座り心地を向上させている

 荷室については、後席を畳んで床を反転させると、汚れを落としやすいシートが貼られている。自転車などを積む時に便利だ。

 荷室の床面地上高は527mmと低く、自転車を積む時に前輪を大きく持ち上げる必要はない。一般的にリアゲート下端部分の地上高は、580~700mmが多いから、527mmのルーミーは荷室が使いやすい。

 収納設備も豊富に装着した。500mlの紙パックが収まったり、前席の背面には折り畳み式のテーブルを備えている。

巧みなパッケージングによって、後席にも十分なスペースを確保。全高が高いので、荷室は背の高い荷物も積載可能だ

 これらの工夫により、発売の翌年となる2017年の登録台数は、ルーミーが1か月平均で6556台、タンクは5905台に達した。両方を合計すると1万2461台だから、当時のノートやアクアを上まわり、小型/普通車で1位のプリウスに迫る販売実績であった。

 今日のルーミーの好調な売れ行きも、先に述べたコンパクトなボディによる運転のしやすさ、高い天井による広い居住空間や使い勝手の優れた荷室などの実用性によるところが大きい。

次ページは : ■2020年9月のマイチェン効果が大きい!

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ