スズキの大黒柱 新型ソリオ鬼チェック!! なぜストロングHV廃止? 使い勝手はどう変わった??

 2020年12月4日に発売が開始されたスズキの5人乗りプチバン、新型ソリオ/ソリオバンディット。

 発表から1ヵ月後(2021年1月4日現在)時点での受注累計は推定約6000台と、月販目標の4000台を大幅に上回り、納期も2ヵ月待ちと、まずまずの受注ピッチで推移している。

 今回ここではソリオとソリオバンディットの公道試乗を実施。試乗してもらうのは「チェックの鬼」の異名を持つ自動車評論家 渡辺陽一郎氏だ。

 やや意外? な乗り換え事情も含め、人気モデルの魅力を総チェック!

【画像ギャラリー】全36枚! 試乗の様子とともに期待のソリオ&ソリオバンディットを全方位チェック!

※本稿は2020年12月のものです。試乗日:2020年12月15日
文&鬼のようなチェック/渡辺陽一郎、写真/SUZUKI、ベストカー編集部、撮影/茂呂幸正
初出:『ベストカー』 2021年1月26日号


■ミニバンからの乗り換え需要多し! 注目の新型ソリオ

 今は安全装備などの充実でクルマの価格が全般的に高い。200万円以下で買えるのはコンパクトカーと軽自動車が中心になったが、そんななか新型ソリオは注目したい一台だ。

 開発者によると「ソリオにはセレナなどのミニバンから乗り換えるお客様が多い」という。

 スズキにとって小型車の最多販売車種だが、2016年、ライバルのルーミーなどが登場。「さらに魅力増大を図る」という狙いで新型を投入。今回、さっそく触れてみた。

フードに厚みを出したソリオ(マイルドハイブリッド2WDのWLTCモード燃費19.6km/L・価格は158万1800円~)と、→
→迫力&存在感あるバンディット。両タイプとも大人な雰囲気に変身

■全幅がプラス20mmになり、さらに余裕の室内空間に

 新型ソリオの外観は、存在感の強いバンディットも含めて、フロントマスクなどが上質になった。トピックは全長が80mm伸びて3790mmになったこと。

 全幅も20mm広げて1645mmに。この変更で存在感が一層強まった。

スズキ 新型ソリオ
全長プラス80mmがトピック。これにより荷室床面長がプラス100mmになった

 インパネなどに柔らかいパッドはあまり使われていない。コスト低減を意識させるが、質感は満足できる。

 また、前席はサイズに余裕を持たせ、座り心地も快適だ。全幅が少し広がったので、乗員同士の間隔も拡大。ちょっと嬉しい。

 さらに、後席は乗員の肩がドア側に当たらないように改善。工夫の積み重ねの賜物だ。

洗練された室内空間。インパネの白ラインが効く。光沢あるライン柄のシートを採用

 後席スライド位置を後端までずらすと、前後に座る乗員のヒップポイント間隔が1080mmに達する。先代型と同じ数値だが充分に広い。

 身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ3つ半に達する。これは凄い。後席の広さはアルファード並みだ。

後席。渡辺氏必殺の“コブシ”で後席の膝と前席の間を計ってみると「3つ半」とでた! 広すぎ!!
荷室床面長が+100mmも拡大。後席をスライドさせて自在に使える(写真はバンディット)

 残念なのは、着座姿勢で腰が少し落ち込むこと。座面は柔軟だが、体が沈んだところでもう少し確実に支えてほしい。ここは先代型から進化していない部分である。

■室内の使い勝手をさらにチェックすると?

 後席を前端までスライドさせ、膝先空間を握りコブシ2つ分まで詰めても、後席に座る乗員の足が前席の下に収まりやすいから窮屈には感じない。

 新型では荷室を拡大したから、後席を前端までスライドさせると、荷室長は715mmに達する。

 余裕のある積載容量と、4名乗車時の快適な居住性を小さなボディで両立させた。シートアレンジも簡単。

 軽自動車で鍛えたスズキの神ワザが光る。

ソリオのリアビュー
こちらはソリオバンディット。コンビランプが少し異なるだけで両タイプともリアデザインは同じ

■フルハイブリッドは廃止!

 新型ソリオのエンジンは、直4、1.2Lマイルドハイブリッドと、直4、1.2L NA。先代型はフルハイブリッドも用意したが新型は廃止。

 開発者は「販売比率が少なかったから」と理由を話す。

 先代型のフルハイブリッドは、マイルドタイプに比べて燃費数値が15%よかったが価格も約20万円高く、価格差を燃料代の差額で取り戻すのに30万kmの走行を要した。

 一方、新型のマイルドハイブリッドはWLTCモードが19.6km/Lだから、割安な価格も考えると満足できるパワートレーンだ。

■質の高い操舵感を味わえる

 試乗したソリオ、ソリオバンディットともにマイルドハイブリッドモデル。2WDの車重は1000kgに収まる。

こちらはソリオバンディット。「実用重視なのに運転を退屈に感じさせない、スズキの持ち味も感じる」と渡辺氏
インパネ。ボルド―とブラックを基調にしたデザイン。ソリオ同様センターメーターだ

 1Lのルーミーよりも約80kg軽く、ソリオは1.2Lだから加速も軽快だ。さらに、ノイズは先代型よりも小さくなっている。

 プラットフォームやサスペンションの基本的な作りは先代型と共通だが、新型では構造用接着剤を使用し、緻密に作り込んだ。それは操舵した時の反応が正確になり、操舵感の質の高まりでわかった。

全方位モニター
カラー・ヘッドアップディスプレイも搭載

 そしてソリオの走りの特徴は、背の高いモデルなのに峠道などでは車両の向きを変えやすいことだ。

 安定性を重視した結果、穏やかに向きを変えて曲がりにくく感じるコンパクトも多いが、ソリオは印象が違う。この操舵感には、スイフトなどに通じるスズキの持ち味も感じてしまう。

後席にはサーキュレーターを装備し、より快適に。前述の全方位モニター、カラー・ヘッドアップディスプレイとともにスズキ小型車初の搭載となる

 その代わり危険を避ける時など、ボディが唐突に傾くような姿勢になりやすい。曲がることを諦めないのはいいが、その後の挙動はもう少し安定させたい。

 全幅は先代型に比べて20mm広がったが、ドアミラーの外側で測ると先代型とほぼ同じ。狭い道でも運転もしやすいソリオらしさは堅持。

「小さくても広い」。新型はそれに磨きをかけている。

*   *   *

 ソリオ、チェックの鬼から◎印をもらったようですね!

●ソリオ HYBRID MZ(FF)主要諸元
・全長:3790mm
・全幅:1645mm
・全高:1745mm
・ホイールベース:2480mm
・最小回転半径:4.8m
・車両重量:1000kg
・パワーユニット:1.2L 直4DOHC+モーター
・エンジン出力:91ps/12.0kgm
・モーター出力:3.1ps/5.1kgm
・トランスミッション:CVT
・WLTCモード燃費:19.6km/L
・価格:202万2900円

スズキ ソリオ/ソリオバンディット グレード&価格表

【番外コラム】夜間歩行者検知ブレーキも! 安全技術がさらに進化&充実

 予防安全技術「スズキセーフティサポート」がさらに進化。まずACCに全車速追従機能を追加し、標識認識機能も充実。

 さらに夜間の歩行者も検知する衝突軽減ブレーキや、誤発進抑制機能、後退時ブレーキサポートなど、安全面にぬかりなしだ。

【画像ギャラリー】全36枚! 試乗の様子とともに期待のソリオ&ソリオバンディットを全方位チェック!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】GT-RにマイルドHVあり!? 知りたい情報を全部載せ!! |ベストカー3月10日号

 今号は読者の皆様が知りたがっているスクープ情報を一気に掲載する集中BIG特集として「全部載せSCOOPスペシャル」をお届け!   スープラGRMNやGT-Rマイルドハイブリッド、レクサスLFなど「選択と集中」で見せる全11台の情報をお届け…

カタログ