BRZ、ランクル、セレナなど注目の21台! 2021年のスクープ新車カレンダー下半期

BRZ、ランクル、セレナなど注目の21台! 2021年のスクープ新車カレンダー下半期

 2021年に登場する新車を登場月順に紹介する、ベストカーでなければできないスペシャル特集! 1年間という長いスパンのため、上半期(2021年1~6月)と下半期(2021年7~12月)に分けてお届け! 今回は下半期のとっておき情報をご覧いただきたい!!

 コロナ禍で厳しかった2020年にも魅力的な新車が続々と登場したが、2021年はさらにスケールアップ! 1月から大物モデルがスタンバイしている。

 注目は電動化がどこまで進むかだが、日本車の場合、もはやハイブリッドは当たり前のパワーユニットとなっており、商品力、走りの楽しさをどう向上させるかがポイント。また、ピュアEVの新型車も増えていくのは確実だ。

 一方で、効率向上が目覚ましい内燃機関もまだまだ元気。「ガソリン車の販売禁止」が話題となっているが、純エンジン車の輝きは終わらない。2021年に登場する新車を見れば、これからの日本車の動きがわかる。渾身特集、ぜひ、お楽しみください!

文/ベストカー編集部
写真/SUBARU、HONDA、TOYOTA、NISSAN
CG/ベストカー編集部
※ベストカー2021年1月26日号

【画像ギャラリー】記事に入りきらなかったスクープ車の別角度からの写真を見たい方はコチラ!


■7月 超豪華なフラッグシップSUV レクサス『LF』

 2018年のLAショーでコンセプトモデルが公開されたレクサス『LF』。

 今の時代、プレミアムブランドのフラッグシップにはSUVが不可欠。ベントレーの『ベンテイガ』、ポルシェ『カイエン』、ランボルギーニ『ウルス』など、プレミアムSUVがその存在感を放っている。

フラッグシップSUVにふさわしい威風堂々としたたたずまい。全長5250mm、全幅1900mm、全高1580mmというボディサイズ

 レクサスが投入する『LF』は、フラッグシップサルーン『LS』のGA-Lプラットフォームを使って開発されている。全長5250mm、全幅1900mm、全高1580mmというボディサイズは堂々たる迫力と、流麗なクーペSUVプロポーションで存在感をアピールする。

 パワートレーンはLSに搭載されるV6、3.5Lターボとハイブリッドに加え、新開発されるV8、4Lツインターボの計画もあるという。価格は1500万~2000万円級となる。

■7月 新型は2.4Lへと排気量アップ! トヨタ『86』/スバル『BRZ』

 初代トヨタ『86』/スバル『BRZ』がデビューしたのは2012年。その現行モデルは、すでにBRZは生産を終了し(在庫車は販売中)、86は販売を継続している状況(12月中旬現在)だが、2020年11月にBRZのほうは新型の北米仕様を世界初公開。日本では2021年8月に86とBRZ揃って新型へとフルモデルチェンジする予定だ。

エクステリアも現行モデルをイメージさせる躍動感のあるボディラインのクーペデザインを採用。ボディサイズも現行とほぼ変わらない

 新型は現行モデルの正常進化といえるクーペフォルムで登場。発表された北米仕様のボディサイズは全長4265×全幅1775×全高1311mmで、現行モデル(全長4240×全幅1775×全高1320mm)とほぼ変わらないサイズとなっている。

 そのボディの基本骨格となるプラットフォームは現行モデルのキャリーオーバーとなるものの、最新のスバルグローバルプラットフォームの開発で得たノウハウによって、インナーフレーム構造を大幅に改良。ボディ剛性を大幅に向上させている。

 また、新型は安全性向上に伴う重量増を抑えるためにルーフやエンジンフード、フロントフェンダーにアルミ素材を採用し、軽量化にも取り組んでいる点も見逃せない。

 パワーユニットは、新開発の2.4L水平対向4気筒エンジンを搭載。231ps/25.4kgmを発揮し、レスポンスの速さや滑らかな吹け上がりを実現しているというから、その走りの実力に注目だ。

本誌「目撃者」コーナー宛てに、群馬県のやっぱりF1が好きさんから新型BRZテスト車の目撃情報をいただいた。覆面で走っている!

次ページは : ■8月 レヴォーグ同様に大幅進化でFMC! スバル『NEW WRX S4』